Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

先週末で今年 2017年の Jリーグが終了し、本記事公開の日時の頃には年間表彰式「Jリーグ・アウォーズ」が行なわれているはずです。DAZN で中継されているでしょうが、今年は見る気が起きるはずもありません(´Д` )

おまけに例年ならまだ天皇杯が残っているはずですが、今年は早々に敗退して、久しぶりに12月上旬でサッカーシーズン終了になりました。来年はW杯がある関係でシーズンスタートが早いため、サッカー成分が欠けて欲求不満が溜まる期間は短いでしょうが、物足りなさは残ります。

GambaOsaka EmperorCup 20161224
(去年はクリスマスイブに横浜まで観に行って負けましたが、試合がないより1万倍マシ)


ともあれ、まずは川崎フロンターレ初優勝おめでとうございます。先週末は出張などで忙しくライブで見る余裕はありませんでしたが、逆転で初優勝初タイトルを勝ち取ったのは本当に良かったと思います。

鹿島の小憎らしいまでに大人びたサッカーとその強さを否定することはありませんが、今のフロンターレの攻撃的なサッカー、積極的なサッカーでタイトルを奪取できたことは、かつて、そういったサッカーの代名詞的なチームであったはずのガンバ大阪の一ファンとして、鹿島が優勝するよりも嬉しく思うのは止むを得ないでしょう :D

川崎フロンターレといえば、試合開催時の様々な、ここまで貪欲にやるか!?的なイベントが色々開催されることでも有名で、そういった多彩なイベントに対しては、外からは単純に興味深いイベントに見えてもファン、サポーターの中には「そんな余興に金かけるなら、チームをもっと強くせえや」という意見もきっとあったことでしょう。成績が伴わない中では、そういう声があるのは当然でもあります。

けれど、今回の優勝でクラブのあらゆる前向きな姿勢に疑問を挟む声もなくなるでしょうし、多様な努力で集客力も高まって、なおかつ結果を出したこれからはさらに一回り大きなクラブになるのかな、と思います。そもそも今年からの DAZN マネーにより、優勝で20億円以上の資金が転がり込んできますしね(羨ましい)

GambaOsaka vs KawasakiFrontale 20160429


いずれにせよ、結果も内容も伴ったリーグ優勝、勝つだけでなく見ていて楽しいサッカー、スタジアムへ初めて来た人でも魅力を感じられるサッカーでの優勝は本当に喜ばしく(攻撃だけでなく失点の少なさもリーグ3位の守備も良かったチームだけど)、それと同時に

今年のフロンターレの試合を見れば見るほど、対照的な今のガンバが辛い(ToT)


というのは偽らざる本音です。

川崎相手にシュート1本だけの現実。ガンバのDNA、未来は見えているか。 - Number Web

正直言って

どうしてこうなった┐(´д`)┌


以外の言葉が出てこない、そんな今シーズンでした。

続きを読む

半月使ってきた個人的な結論を最初に言うと、

機械と音声でやり取りすることが現実的なのは判ったし、その方向性の未来も感じられたけれど、現状 Alexa は大して日常生活の役には立たないし、スマホでやった方が面倒なく手っ取り早いスキルも多く、家電製品のコントロールなどをしなければ BGM を垂れ流す以外は使い道はない

という印象で、ぶっちゃけ言えば

ひととおり遊んだら BGM 流す以外にやることない


のが今の私の Echo Dot。ニュースを日がな垂れ流す趣味はないので、音楽しかない。

BGM を流すのは Echo でなくても良いし、BGM で音楽をかけるのも今の Alexa は色々とイマイチなところがあるので(Echo と言うより Alexa の問題)、これは良いよ!とは言えない。音声で指示できること自体のは凄く良いのだけどね。

AmazonEchoDot25


以前の記事でも書いたように、えらく小さな Echo Dot でもそのサイズの割には音質は頑張っていると思うから、これが Dot ではない Echo なら「Alexa はイマイチだから、これからは Bluetooth スピーカーとして使います」と言っていたかもしれない。

手元にあるから、とりあえずまだ BGM 流すのに使ったりしているけれど、

周囲の友人に「使ってみる?」と聞いても皆あまり興味を示さないので、そのうちメルカリに出そうかな?


と思わなくもない今日この頃です(^_^;)

とはいえ、

Echo Dot は邪魔にならない小ささだから
Alexa の進化を待ちつつ置きっぱなしでもええか


とも思い直しているのが最新の心境。

真の本体である Alexa という AI は Echo ではなくネットワークの向こうのクラウドにいるわけで、Echo はあくまで会話インターフェース。

だから進化は今の Echo Dot でも体験できるはずで、数年の進化を待ってみるのも悪くないかも?とは思っています。周りで欲しい人がいたら手放すことには全く躊躇いはないですけどね(^^)

とにかく 今の Alexa / Amazon Echo に不満を感じるのは以下の点。


続きを読む

iPhone 6s Plus から iPhone X に買い替えて多くの変化がありましたが、周辺機器アクセサリー的には次の2点、
  • イヤホン端子がなくなった → Bluetooth 接続
  • ワイヤレス Qi 充電器の導入

が大きなトピックで、結局のところ iPhone X 購入以降に大きな出費をしてしまうことになりました。(なんだかんだで3万円近く出費した気が?)

車の中でも今までは Lightning ケーブルを iPhone に挿して充電し、Bluetooth 非対応のカーナビへはイヤホン端子から AUX 端子へケーブル接続して音楽を鳴らしていましたが、iPhone X にしてから車載用 Qi 充電器を導入し、イヤホン端子がなくなった代わりに Bluetooth レシーバーを導入したことは前回記事までに触れました。

iPhone X を使い始めて一番変わったことは……ワイヤレス充電 Qi 三昧【車載編】
Bluetooth 非対応カーナビなので iPhone X に買い替えて Bluetooth レシーバーを車載用に導入

そして、これに伴ってシガーソケット・チャージャーも買い替えました。長らく使ってきたものは昔の USB 出力1個口のものでしたから iPhone と Bluetooth レシーバーを同時充電できませんし、2人で乗っていても1人しか充電できずに不便していたので、この機会にリプレイス。

↓こちらの 2個口 24W/4.8A の USB カーシガーソケット・チャージャーに交換しました。


(黒以外にゴールド、レッドの3色展開)


これに決めた理由は、ただ一つ。「かなりコンパクトでシガレットソケットからの出っ張りが小さいから」です。


続きを読む

イヤホン端子がまだあった iPhone 6s Plus からイヤホン端子が廃止されて2世代目の iPhone X に買い替えたため、Bluetooth イヤホンを改めて導入して使い始めたことを前回、前々回と記しました。

ERATO VERSE 【前編】 〜初めてのケーブルレス完全ワイヤレスタイプ Bluetooth イヤホンにコレを選んだ理由
ERATO VERSE 【後編】 〜ほどほど価格の完全ワイヤレスイヤホンを1週間使ってみた感想

ところが、イヤホン端子がなくなって困ったのは耳にイヤホンをする時だけではありませんでした(>_<)

車内で iPhone から音楽を流す時も、今までは iPhone のイヤホン端子からカーナビの AUX 端子に有線接続していたので、イヤホン端子がなくなると接続できなくなってしまいました(´Д` )

今どきのカーナビならどれでもスマートフォンと Bluetooth 接続が可能でしょうが、当方のカーナビは古くて安物ですので、Bluetooth 接続なんてものはありません。泥臭く AUX 端子へケーブル接続していたため、イヤホン端子がなくなって対応に迫られることに。

(自分で言うのもなんですが方向感覚と地理感には強い方だったので、昔からカーナビに頼ることもなく、今はスマホのカーナビアプリで十分ですし、そもそも今の車の前までは屋根なし車だったのでカーナビを付けるのもリスクがあったので……昔はカーナビ窃盗ってのがよくあったんですよ ^^;)

こうなると、イヤホン以上に困った、となりまして、仕方なく導入したのが Bluetooth レシーバー。変換アダプターを使わなかったのはERATO VERSE 購入理由記事で書いたのと同じです。

TaoTronics_TT-BR08_4


そして購入した Bluetooth レシーバーが、こちら↓



TaoTronics というメーカーはよく知りませんが、同じくらいの値段で中華製 Bluetooth レシーバーはたくさん出ています。その中でコレを選んだ理由は以下のとおり。


続きを読む

iOS 11 から iPhone / iPad のカメラで撮影した写真・動画の記録に新記録形式が採用されました。写真(静止画)は HEIF、動画は HEVC という記録フォーマットです。HEIF で撮影した写真ファイルの拡張子が HEIC (.heic) となります。(動画は従来どおり MOV)

どちらのファイル型式も Apple 独自ではなく、動画規格でお馴染みの MPEG が策定した記録型式で(MP3 などと同じ)、動画の HEVC は現在動画圧縮型式で主流の H.264 型式の次世代 H.265 型式であり、その静止画版(コンテナ)が HEIF です。(どちらも2〜3年前に規格制定済み)

動画圧縮の次世代型式である HEVC (H.265) が現行 H.264 と同等クオリティで半分のサイズを実現する高圧縮効率を実現しているように、静止画の HEIF も同等画質で JPEG より遙かにファイルサイズが小さいのが特長です。

iPhoneX13B


新ファイル型式が利用できる iPhone 7 世代以降の iOS 11 のカメラ設定(設定→カメラ)には、従来通りの記録型式を行う「互換性優先」と新ファイル型式「高効率」という名前で切り替えが可能になっているように、最近の高性能プロセッサパワーを活かして画質を落とさず圧縮効率をあげるための新ファイル型式です。(それゆえ、iPhone 6s 世代以前は使用不可)


続きを読む

このページのトップヘ