Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo

昨晩というか今日未明だけど、眠気も吹っ飛ぶほどだった。なんとなく BGM 代わりに F1 中継を点けていて、そろそろ寝ようと思った時にクビツァの大クラッシュで目が覚めて、その後は琢磨がポイント圏内で良い走りを見せていたので最後まで見てしまった。特にラスト5〜6周はホント凄かった。

途中5位まで上がったのに、セーフティカーが入った時のピットインでミスして落ちた時は、せっかくのポイントチャンスだったのに…と諦めてテレビを消しかけたが、そこからよく挽回した。特にラスト5周でシューマッハを、さらにラスト3周で2年連続王者のアロンソを抜いた時は鳥肌が立った。

いくらタイヤに差がある状態だったとはいえ、アロンソをぶち抜いていくのが弱小スーパーアグリ、そして琢磨だとは信じ難いものがあった。スペインGP で初のポイント1を獲得した時は、ルノーのピットミスによるギリギリの差だったゆえ、海外ではラッキー呼ばわりしまくられていたが、これでもう誰も文句は言えないだろう。

しかし琢磨も凄かったが、初優勝のハミルトンはホント凄い新人。F1 デビューシーズンなのに安定感ありまくりで、走りがベテランっぽい。シューマッハのあとは、史上最年少でドライバーズチャンピオンを獲得した2年連続王者のアロンソ時代が続くと思ったが、ハミルトンというライバルが出てきたし、今年はコントラクターも混沌としているし、少しは F1 も面白くなってきたかなぁ。

佐藤琢磨、チーム最高の6位 F1カナダGP

そうそう、昨日キヤノンの SC へローパス清掃に行った時、買ってきました。

1D MarkIII 拡張システム端子キャップ
中身見えないけど、1D MarkIII 拡張システム端子のキャップ


SC にも、そうそう在庫はないようだったので1つだけ。\105。勝手に外れないように、今度はグッと固く締め込みました。

あと、SC でちょっと実感することがありました。詳しくは言いませんが…

昨日ガンバの試合開始時間を間違って見に行けず、1D3 で写真が撮れなかったことが今日になっても引っかかっていた。で、昼飯を食いながらウェブニュースを見ていた時にふと「そういや J2 の試合なら今日あるんじゃね?」と思いついて調べると、すっかり J2 下位に落ちぶれているセレッソの試合が午後4時からあることを発見。

昼前後に降った雨も止んだようだし、レーダーを見ると大阪市内では一時的に土砂降りになってるようだが、試合開始までには雨も抜けるだろう。そう思って速攻で準備して家を出た。

のだが、駅まで行く途中で、予告なしにいきなり大粒の雨が。ポツポツとも来ずに、いきなりジャー。近くの軒先までダッシュ!としていると止んだ。が、再び駅まで歩いていると、また雨が降ってきて止まない。

なんて感じだったので、なんか萎えてしまって止めてしまった。なんか必死こいて、好きでもないチームの写真を撮っても仕方ないし、長居くんだりまで行って当日券買って試合見てもなぁ…という気分になってしまった。

別に嫌いなチームとかではないが、そこはそれ同じ大阪のライバルではあるし、今でこそガンバの方が強くて人気はあるが、長い間セレッソに比べて何かと虐げられていた経緯もあるわけだしね。その辺はガンバサポとして複雑なところもあるわけで(笑)。これが京都とか神戸ならちょっとくらいは応援込みで行けるし、FC東京や甲府なら純粋に応援もするのだが。

それに最近はセレッソの試合も見てなければ、チームがどうなってるのも関心を払ってなかったので、いきなり行ったところで選手やチームとしての動きが判ってなければ、写真を撮りようがないのも事実。スポ撮りは、やっぱり被写体の動きが判ってないと、撮るのは辛い(スポーツだけでなく動きもの全般がそうだろうけど)。

ということで、本屋を何件か巡って探している本が見当たらず、仕方なくいつものカフェで仕事を少ししていたら、すっかり良い天気になってしまった。ん〜来週に期待するか…orz

いや〜良かった。プライドなり名誉なりを考えたら、とっくに引退していただろうに、ただひたすら自分の夢を追い求めて頑張っているのを見れば、本当に良かったな…と思う。清原もそうだけど、ボロボロになっても続けるのは心底野球が好きで、野球=人生なのだろうなと思う。

メジャーに上がったとはいえ、慣れない中継ぎ中心の役割で、これからがしれんの連続だろうけど、残り多くない野球人生をとことん燃焼し尽せることを祈りたい。

桑田真澄:あきらめず昇格 背番号は「18」

試合時間を勘違いしていて見ることはできなかったが、とにもかくにも勝って首位安泰。横浜FC 相手に押して押して押しまりながら、なかなか点が取れず、相手が一人減ったと思ったら逆にカウンターを食らうという展開だったようで、決して良い試合じゃなかったみたいだが、ホームで勝ち点3を取って最低条件クリアーというところだろう。

それに橋本が、ボランチの位置から前に飛び出してきてゴールを決めたという形も好材料。むかしイナがよくそういう形を好きにやっていたが、引いて守る相手にこういうバリエーションも増えれば効果的だろうと思う。つーか、橋本はイナと同期のはずだよなぁ。今やガンバになくてはならない存在だし、遅咲きながら代表入りもして嬉しいね。

そして予想通り、加地も帰ってきた。アジア杯中断までの今月いっぱい、突っ走っていって欲しいと思う。川崎が一歩後退したので、今年もまた相手は浦和になりそうな気配。いつの間にか新潟が3位グループに来ているのは驚きだが。

首位走るG大阪、“守備の人”橋本が先制ゴール

このページのトップヘ