Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

キシリトールの対虫歯予防効果については他の糖アルコール性甘味料と同程度ながら、甘味はそれらと違って砂糖と同程度の甘さがあるという良さがあり、その反面、今のキシリトール系ガムはその効果に対して誇大宣伝しすぎという話。

私自身、毎日頻繁にキシリトールガムを噛んでいるが、決して良いものだとは思わない。所詮人工甘味料だしね…。ちなみにキシリトールガムをたくさん噛むと腹が緩むのは、この記事にも書かれているし、ガムのパッケージにも書かれていますが、私も実感しています。まぁ便秘な人には逆に良いかも?とか思ってる私ですが。

キシリトールの「うそ」と「ほんと」

前から興味あって、遊覧飛行が実現したら乗ってみたいと思っていたのだが、

運賃は1回の飛行で1人8万から12万円になりそうだ。


いい値段するなぁ。どれくらいの時間かは書かれてないが、ルートを決めるための試験飛行が2時間というのだから、その程度か、それ以下だろうな。14人乗りで10万前後とはいい値段過ぎる。下手するとヘリより高い気が。

まぁ、ヘリと違って静かでゆっくり見られるだろうから、それはやっぱり魅力的ではあるが、10万あったら夜のヘリを30分貸し切れるんだよなぁ。関西だともうちょっと安かったりする。バブルの頃は高かったけど、今は結構リーズナブル。

飛行船で都心上空ふわり 今秋から遊覧飛行へ

GG のあとに続く7桁の数字。
それを転記する時に、末尾の0を1と誤記することはあるだろうか?
先頭から6桁は合っていて、末尾の前も6なのに、末尾だけ0を1と転記することはあるのだろうか?

ボディとレンズ、2つの預かり書を結ぶ、その数字。
ボディもレンズも一緒のバケットに入っていたら問題ないだろう。
でも、その2つが分かれたら?
レンズの預かり書には住所氏名も書かれていない。
違う人が貰うであろう預かり書の番号が書かれている。
さて?

というよりも、末尾の0と1を間違うものだろうか?
うたた寝しながらでも間違いようがない、と思う私には理解できない。

まさか、ねぇ…

Entering the runaway in the twilight
(本文と写真は何にも関係ありません :-)


あまり書くと心底クレーマーになっちゃうけど、いい加減過ぎる預かり書をさっき見ていたら、有り得ないミスを発見。なんだかねぇ。まさかねぇ。でも、まさかじゃないと、普通間違わないだろうしねぇ。

おまけに改めて依頼内容を見ると、修理担当者も「こりゃ何書いてるか判らん」と思うこと間違いなし。例えば 100-400 に関しては「100-400 テレ端の時に後ピンになる」だけ。あのさ、5D では問題なくて 1D3 の時だけだし、近接では若干程度だけど、遠方ではメーター単位なんだけどなぁ。何度も言ったのに。ワイド端も 1D3 では若干後ピンなんだけどな…。おまけに 5D ではせっかくジャスピンに近いのに、狂って戻ってきそうだ…orz

ちなみに、それ以外の3行は判読不能。字が汚いとか以前に、50m(50mm の意味だろう)とか前ピンとか書いてあるけど、24-105 の 50mm 域のピンズレなのか、EF50mm F1.8 II のピンズレなのか判らない。実際には両方なんだけど(でも片方は思い切り後ピン)。あと「1D2→5D テレ端時にアトピン」って、なんだよ(笑)

預かり書を渡す前には、預かる品の確認以外に依頼内容の確認もするものだが、それを全くしなかったのも当然だな。ロクな内容記述じゃないことは見て判っていたけど(読めはしない)、ロクにメモせず、何度も何度も説明してコレだったから、もう諦めた。こちらのメモを引き取る気もなかったようだし。

とにかく昨日は災難だったかもね。ちゃんと調整されて戻ってくるのはもう期待してないが、無事に一揃い戻ってくるか心配だ(笑)。細かいことかもしれないが、ユーザーにモロ見えする形でいい加減なことをするのは、あまりしない方が良いと思うんだがねぇ。担当者欄にわざと名前を入れなかったのは、そのせいかな?普段、人の名前を覚えるのは大の苦手で、チェックもしないけど、ああまでされたら覚えざるを得ないんだけどなぁ。

ま、預かり書の件はさすがに万が一があると嫌なので、手は打ったつもり。

未明に一通りのフォーカスチェック写真を撮って、今日昼間にそれらの写真をチェックして、明らかに前ピン、後ピンが酷いものだけをメモしてから、中之島のキヤノン西日本修理センター(大阪QRセンター)へレンズ・ボディ一式を持ち込んだ。

キヤノンに乗り換えて1年強、西日本修理センターへは2度目だが、毎月のようにローパス清掃に行っている梅田SCも含め、対応に嫌な思いをしたことは全くなかった。ニコン時代にも新宿、銀座、梅田、難波へ行ったことがあるが、銀座以外は非常に対応が良かった。デジタル一眼を買うまではカメラメーカーのサービスを利用したことはないだけに、カメラメーカーのサービスには良い印象を持っていた。

のだが、今日は初めて嫌な思いをさせられた(-_-#)

受付でピント調整をお願いしつつ、一通りの機材を出して、こちらでテストした結果を伝えていた。100-400 は 5D では問題ないのだが、1D3 ではワイド端でもテレ端でも後ピンで、特にワイド端の遠方では後ピンの度合いが酷くて…と説明していると、それを遮るようにして「これ(1D3)ではピント調整がボディ側でできるので、ご自身で…」と来る。

いや、だから、ボディのアジャスト機構では一括調整しかできないわけで、条件に依ってズレる条件が違うから頼んでるんだが…といっても、全く話が通じない。もしかして、お前は何も判ってないんじゃないのか?と思うが、そいつが対応してる限り説明するしかない。できれば「チェンジ」とか言いたかったのだが(笑)

24-105 に至っては、1D3 も 5D もテレ端、ワイド端ではズレは少ないのだが、50mm 域では2cmくらいズレると言っても「そのためにボディ側で調整できるようになってる」「2cmくらいのズレは許容範囲内なので」とか言い出す始末。

さすがにキレかけた。お前、50cm 先のものを写して 2cm ズレてたら話にならんだろうが。別にミリ単位の調整をねじ込んでるわけでもないし、どう見ても明らかすぎるピンズレだけを言ってる上、Kiss で直せと言ってるわけでもない。1D 系や 5D で調整頼んでるのに、頭ごなしにそういう態度に出るのかと。

だいたい、人がレンズとボディ毎の状況を説明しているのに修理票に内容を書こうともしない。それがまた、人の話の聞かなさが伺えて腹が立つ。

ま、キレても仕方ないからイライラしながら説明するのだが、何かと「何cmとか言っても、CCD 面ではミリ単位以下だから云々」というばかり。以前 5D で2回出した時はキチンと症状聞いて快く受付してくれたのに、今日の馬鹿社員の態度は何なんだ…

もちろん、ピント調整に出すのは初めてじゃないから基準云々の話なんぞ知っているし、以前ピント調整に出した時にも聞いている。しかし、人の話を遮るように「許容範囲」「直るかどうか判らない」を連呼するのは、ちょっと対応が間違ってないかと思うわけだ。

こちらの症状を聞いてから、これこれこういうことですので…というならともかく、客の話をロクに聞かずに、話をぶった切ってまで言うことかと。頭ごなしにそんなことを言ったら、相手がどういう思いをするか、サービス業のくせに、そんなことも判らんのかと思ったら、余計に腹が立った。

というか、以前のことも含めて必至に説明するのだが、馬鹿社員はメモを取ることもせず受け流す態度で、これでは何だかこっちがクレーマーみたいじゃないか、と思って嫌になってきた。それが目的かもしれんと思ったくらい。同じようなことを言っても、こんな対応をされたことはなかったのに…

おまけに「5D では合ってるけど、1D3 だけ合わないのか?」と言う始末。お前さぁ、今まで人の話を何聞いてるんだ?レンズによっては 1D3 じゃ後ピンだけど、5D では前ピンのレンズも説明しただろうよ。メモもせず、やる気なさそうに聞いてるから…

挙げ句「ボディ1つなら調整できるんですが…」とか言いだして、いい加減これはもう引き上げて、梅田SCに持ち込もうかと思いつつ、複数台の調整もやってるのに知らないのか?と問いただしたら、「聞いてきます」と引っ込む。そしてしばらくして帰ってきてから、ようやく受付します、と言う。これまで約20分。こいつは本当に何も知らないマニュアル対応専用の馬鹿社員かよ…

極めつけは、受付した後に修理代金表を出してきて、100-400 の調整は \12,000、24-105 の調整は…と言い出すので、「1D3 買って、それで調整に出してるのに無償調整だろ?」と言ったら、また確認のために引っ込んで、「すいません、無償でした」とくる。ホント、いい加減にしてほしいわ。

問いただしたら、カメラのことは何も知らず、ロクにデジタル一眼関係の受付をしたことがないようだった。それはそれで仕方ないとしても、もう少し接客のルールくらい身につけてほしいものだ。客の説明を遮って、自社の基準を振りかざしてどうするつもりなんだ?いくらマニュアルがあるといっても、話の手順というものがあるだろうに。

100-400 の修理の時にはダメ元で納期について無理を言ったら、感心するくらい迅速な対応をしてくれたこともあって、色々言われるキヤノンのサポートも良いじゃん♪と思っていたのだが、やはり人によるもんだな、と。

新宿や梅田SCで預けると修理には通常通り10日かかるが、修理センターへ直接持ち込むと8日仕上がりなので、一式預ける時は中之島まで行くようにしてるのだけど、こと対応については梅田SCの方が抜群に良い。スタッフの年齢も高く、慣れていることもあるのだろうけど、これからは梅田SCに出すようにしようかと思った今日だった。

そしてまた、人の振り見て我が振り直せ、でもある。自分の客対応、説明についても、あのダメ社員を反面教師にしなければ、と感じた。私自身も、声のトーンや口調で誤解されがちなところもあるしね…

しかし、このミミズが這いつくばったような字で、人の説明をロクに記述してない修理票で、果たしてまともに直るのか心配だ…

元々、ピントについては極力シビアに言えるほどのスキルもないから、それこそ御社基準でできるだけ調整してくれれば良いのに、人の話は聞かない、客の話を遮って自社都合ばかり言うような受付社員は、存在自体が会社にとって損だと思うんだけどな…

まぁ、当たった人間が悪かったとしか言いようがないけれど、それならそれで、こちらもそれなりの対応は考えないといかんね。はぁ、疲れた…

このページのトップヘ