Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

前回書いたように、セール品の衝動買いを自制して、一晩考えてから購入した結果、E-M10 Mark II が手に入ったのはクリスマスに合わせた横浜〜鎌倉旅へ行く前夜。慌てて準備して、ほとんど触る暇もなく実戦投入になりました。

久しぶりのミラーレス機復帰 E-M10 Mark II を買った割と安易な理由
買ってきて箱からカメラ出して充電だけして、そのまま旅に持っていった E-M10 Mark II 雑感【準備編】

当日は日産スタジアムでガンバ大阪が天皇杯準々決勝を戦うこともあり、迷った末に一眼レフを持ち出して軽くサッカー撮影することにしたので、横浜〜鎌倉散歩はいつもの EOS + EF16-35mm F4L IS USM にするか、もしくはコンパクトデジカメ(PowerShot G7 X)だけで…と思っていたのですが、その代わりが今回の E-M10 Mark II。

まぁ、EF16-35mm F4L IS USM レンズ単体より E-M10 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ の方がずっと軽いですからねぇ。写りは比べるのも失礼ですが、あくまでコンパクトデジカメ代わり :D

ってなわけで、E-M10 Mark II の細かいことは何も判らないまま実戦投入でしたので、新横浜へ向かう新幹線車中では、連れ合いが快晴の富士山にキャッキャ言ってる間、ダウンロードしてきた E-M10 Mark II のマニュアル PDF をひたすら読んでいました(^_^;)

Nissan Stadium 2016.12.24 (2)
(ガンバに勝ったマリノスも3日後の準決勝で鹿島に敗退…)


日産スタジアムまで遠征したにも関わらず、我らがガンバ大阪は2016年シーズンを元旦決勝の2戦前で終えることになってしまったわけですが、元々クリスマスに神奈川エリアへ来た目的は、連れ合いのための鎌倉散歩。

気持ちを切り替え、バッグの中身を入れ替え、重い一眼レフとサンニッパは着替えなどとともに横浜駅のコインロッカーへ。相変わらず横浜駅で空いているコインロッカーを探すのは苦労しましたが、過去の経験でさほど歩き回ることなく空きゲット♪

90分手持ちしたサンニッパとテレコン付けた一眼レフシステム 4kg から僅か 0.4kg の E-M10 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ に代わると

本当にカメラがバッグに入ってるのか判らないなぁ、コレは(^-^)


とまぁ、久しぶりに小さなミラーレス機の恩恵を感じながら横浜散歩に出発です :D


続きを読む

自分で付けといて言うのもなんですが、タイトル長いですね。アホみたいに長いタイトルは昨今ラノベでも廃れているらしいですが、内容と一緒で短く簡潔ということができないダメなクチですんで…(^_^;)

久しぶりのミラーレス機復帰 E-M10 Mark II を買った割と安易な理由

さて、前回購入理由を書いた E-M10 Mark II ですが、購入当日=出発前夜でしたので、慌ただしいことこの上ありませんでした。何はともあれ、帰宅後にカメラとレンズその他一式を箱から出して、レンズとバッテリーとメモリーカードをボディに装着、まず1〜2枚シャッター切って動作確認。その後、バッテリーを充電し、ボディにはストラップを装着。

カメラ付属のストラップは付けない主義なので、押入れのカメラアクセサリーごった煮ボックスの中でストラップを探してみると、むかしミラーレス機で使っていたストラップが何本も出てきて、サイズ的にアルティザン&アーティストのストラップが長さ、細さ的に合いそうなので付けてみました。

EM10M2_04


うーむ、欲しかったブラックボディでなかったこともあって、

シルバーボディに赤色のストラップは似合わない…


同じ A&A のストラップでブラックも持っていたはずなのだが、どこへ行ったんだ?

しかし、アレコレ付け替えて試している時間的余裕はなかったので、とりあえずコレで旅へ。ちなみに、付け替えるのが面倒で、今もそのままです(^_^;)


続きを読む

昨年末のお買い物ベスト記事でも少し触れたとおり、

リモート撮影とかで PowerShot G7 X に不便があってストレスだったので、どうせなら EVF 付きのコンパクトデジカメを買ってみるかと思ったら、ミラーレス機の E-M10 Mark II の方がずっと安かったので買ってみた

というわけでした。以上 :-D

EM10M2_08withG7X


という話で終わるのですが、以下 gdgd と具体的な過程を(^_^;)


続きを読む

CES を前にデジタルカメラの新製品がいくつか発表になるようで、パナソニックのフラッグシップ機 DHC-GH5 以外にも、噂になっていたキヤノンの PowerShot G9 X Mark II もフライングで情報を出して引っ込めたとかなんとか。

この記事が更新される頃には正式発表があるのかもしれませんが、Mark II になっての変化は画像エンジンが1個進んだことによる変化だけのようで、コンパクトデジカメも1インチセンサー搭載ハイエンド機へのシフトが一段落すると、次があまりない状況を露呈した感じですね。

スマートフォンの進化で、コンパクトデジカメが駆逐されつつある…。そんな話が出てきてからもう数年が経ち、実際コンパクトデジカメは市場での存在感が薄れているのも事実です。

前回記事で触れた CIPA の資料を見ても、コンパクトデジカメの出荷実績ピークは 2008〜2011年で、特に台数については 2012年からの3年の落ち込みが激しく、2015年になってむしろ台数減少ペースは緩んでいますが、減少傾向に歯止めはかかっていません。(2016年実績はまだ出てない)

CIPA2


もっともレンズ交換式カメラ(一眼レフ+ミラーレス)の出荷台数も 2012年がピークで減少傾向にありますから、交換レンズを含めたカメラ全体の減少傾向が続いていると言った方が良いのでしょうが、こんぱくとはより顕著です。(2016年に多少下げ止まったか?は興味あるところ。事前予測では減少予測)

ただ、レンズ交換式カメラの年齢層別構成比率とコンパクトデジカメのそれを比較してみると、30代以下の層のコンパクトデジカメ利用比率が 2012年を機に一気に減ったので、そこは明らかにスマホの影響があると思われます。(レンズ交換式では30代以下の比率が減ってるということはない)

いずれにせよ、「写真を撮るのに少しこだわりたい」「ちょっといい写真を撮りたい」と思ってレンズ交換式カメラへ向かう一定層を除いては、コンパクトデジカメという中間選択肢もなしに、

カメラ?スマホで良いじゃん。別のカメラ?めんどくせ


という人たちが少なからずいるわけですが、それに対して私なんかは

スマホカメラじゃ望遠ないし(超広角もないし)、ボケないし、画質のことを別にしても、コンパクトでも良いから別のカメラがあった方がええと思うんだけどなー


と思ってしまうクチです。

ただ、ふと我が身を省みると

静止画写真についてはアレコレ言ってるけど
動画は基本スマホしか撮ってない、撮りたくない自分


がいるわけです。

なんだ、動画のことを思えば、オレも“カメラはスマホで十分派”と変わらないじゃん

そう気づくのです。


続きを読む

昨年末、とあるカメラ雑誌の座談会記事で“キヤノン叩き”しているというのが一部で話題になりました。私もチラッと読んでみましたが、確かに、直接的にあまり過激なことは言ってないけど、言外にそういう雰囲気のにじみ出る、おそらく実際にはケチョンケチョンに言ってたんだろうなぁ、というのは感じられました(^-^)

キヤノンユーザーとしては「そうだよねー」と思うこともありまして、別に怒るということもなく、

キヤノンは営業の力でシェアが維持されてる限り胡座かくんだから、むしろ他メーカーがもっと頑張れよ…


と思ったりするわけです。いや本当に、特にニコンさんがキヤノンに圧勝するような D3 の頃のようなことがないとねぇ。

ともあれ、ニコンやオリンパスなどと違って、あれこれ批判されたところで発狂するような信者が少ないのはキヤノンの良いところ、キヤノン使っていて数少ない心地よいところの一つな気がします(笑)

それとは別に同じ頃、キヤノンの EOS 学園で講師だった人たちがそれを辞めて「自由」になった直後の某動画でも、なんか奥歯になんか挟まったような物言いをしていて、

なんだなんだ、なんかみんな溜まっていたものを吐き出す頃合いなのか?


などと思ったりもしましたが、ちょっと穿ち過ぎでしょうか(^_^;)

ともあれ、それらの記事、動画でも

もうミラーレスで十分、一眼レフにこだわる必要はないよね


的なことがまた言われておりました。もう何年も前からライターカメラマンは雑誌、ネット記事、彼らのブログその他でそう主張していますので、今さらどころか耳タコなくらいですが、私自身その意見には反対などころか、概ね賛成であります。

私が反対というか信用ならなかったのは「ミラーレス機でも動体撮影はもう一眼レフ水準」的な記事であって、それは E-M1 Mark II を実際に自ら触ってみるまでは否定的であり、カメラ系雑誌記事、ネット記事の胡散臭さの代表のように感じていました。

ただ、一定以上の動体撮影を別にすれば、その主張は決して間違ってないと思いますし、ライターカメラマンは随分前から「一眼レフに未来はない」「一眼レフは一部ジャンルを除いて近いうちにミラーレス機に全部置き換わる」と散々言っています。

が、2008年後半に最初のミラーレス機 DMC-G1 が発表発売されて8年以上の年月が経ったものの、実のところまだミラーレス機が多数派に成り得ていないのも事実。

CIPA
(CIPA 2016年統計資料より)


2016年の販売実績はまだ出てないので上図は 2015年の実績ですが、欧米の2倍近いミラーレス機シェアを持つ日本ですらまだ4割ですし、2014→2015年ではミラーレス機のシェアが伸びてないことが判ります。(昨年はどうなったのかまだ判らないけれど、欧米では4分の1にも達していない)

さらに上図は販売実績ですから実際に使用しているカメラとなれば、もっとシェアは少ないのは言うまでもないところです。

私も昔は、もう少し早いペースで置き換わるかな?と思っていたクチですので意外に思う一人なのですが、最近は分からんでもないなあ…と思うことが多くなりました。


続きを読む

このページのトップヘ