Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo

X-S10 が手元に届いてからまだ3週間少々、5年分の進化を感じたり、変わらなさを嘆いたりを色々感じている最中ではあります。

X-S10_02


X-S10 を選んだことも、(予定よりも早く)サブ機として X マウントに戻ってくる選択をしたことも(今のところ)正解だったと満足しています☺️

魅力的な独自性もあるし、スペック的に他社に劣る点は少ないし、コストパフォーマンスも文句なし…ですが、どうも変なところで頑なに固執している傾向、細かな部分で「なんでこれができへんねん…」的な自然な操作感に欠けるところ、もどかしい部分が少なくないのは、5年ぶりに戻ってきても富士フイルムは変わらないなぁ、と実感しています。

5年ぶりの富士フイルム機 X-S10 を使い始めての雑感【1】ボディ、充電関連、全体の操作感編

ということで、前回は梱包を開けてボディまわりや充電に関すること、操作感全体というか大まかなところで感じたことを述べましたが、今回からは少し細部について気になったことを記していきます。というか、小言メインです😅

なので、富士フイルムが提供したあるがままに撮ってればええんじゃ!という方は今すぐブラウザの BACK ボタンないし右スワイプで御退出いただき、愛機を眺めて心安らかな日をお過ごし下さい😎

当初、2回目は「EVF・背面液晶、ボタン・ダイアル、設定メニュー編」の予定でしたが、ちょっと気づきメモその他の分量が多くてまとめるのが大変なため、先に再生画面や AE/AF 関連について感じたことを書いておきます。(個人の感想ですw)


続きを読む

年末年始に X-S10 を買うまでの話をダラダラと書き連ねましたが、購入から既に3週間以上が経ちました。ちょこちょこと使っていますが、まだ色々試している感じの方が強いですね。

The road to get my new mirrorless camera【前編】 〜デジタル一眼レフだけにしたら動体以外はEVF撮影に慣れきっていた私に気づく
The road to get my new mirrorless camera【中編】 〜購入候補10機種と4機種に絞った理由、そして一から見直すことに…
The road to get my new mirrorless camera【後編】 〜カメラで撮りたい理由を改めて考え、富士フイルムを、X-S10 を選んだ

メインシステムで撮る時みたいに、撮る現場へ行って状況見てファインダー覗いたら露出その他の設定がだいたいザックリ決められて、撮った画像をさほど確認しなくても7〜8割は現像結果が想像できて…という感じに早くなりたいものですが、さすがに3週間ではまだ遠いです。

ミラーレス機で必要な EVF で見たイメージと本当の撮影画像との差(そして背面液晶での見た目との差)の把握もまだ体感で掴めきれず、毎度戸惑うばかりです……

とはいえ、5年ぶりに X マウントに戻ってきて、「あー、富士フイルム機はこうだったなー」「ここらへんは変わってねぇなぁ(´Д` )」「こういうのはやっぱり進化してるなー」と、日々たくさん思うことはあります。

そんな X-S10 を使ってみての雑感を、5年ぶりに富士フイルム機に戻ってきての印象も含めて、今回から何回か記しておきたいと思います。基本的には気に入っていますけど、それとこれとは別、ということもありますので😅

X-S10_04


当初2〜3回の予定でしたが、X-S10が 手元に届いてから3週間、気がついた点は逐一メモってきて、既に箇条書きメモの行数が結構なことになっているので、
  1. ボディ・外観、充電・バッテリー、全体の操作感編
  2. EVF・背面液晶、ボタン・ダイアル、設定メニュー編
  3. 再生画面、AE、AF編
  4. メディア、ワイヤレスその他編
  5. 2本のXCキットレンズについて少々編

この5回に分けて記す予定です。(諸事情により掲載間隔が空くこともあれば、別の記事が途中で入ることもあります)

まず今回は、開梱して充電から始まって全体的な印象を軽く、箇条書きで述べていきたいと思います。


続きを読む

今年最初のお買いもの、Amazon の初売りセールで購入したものが卓上の USB 加湿器。最近あちこちで見かけて、それこそ百均でも見かけるようになっています。(さすがに 100円ではなく 500円とかですが)

USBHumidifier10


当方が購入したのは百均で売られているほど小さいサイズではなく、もう少し大きめ、350ml タンクでペットポトルサイズのコレ↓


(購入したのはブルーですが品切れなので他の色を)


通常2千円前後で売っていますが、私が購入した時はタイムセールで 1,600円くらいでした。もちろん、LOMAYA(ロマヤ?)なんてブランドは全く知りません😅

Amazon では安い USB 卓上加湿器は多種多様、山ほど売ってますし、私が購入した↑の製品が別段良い、良さそうとかではなく、たまたま購入するタイミングで安く売っていて、かつ自分が必要と思う機能を備えた製品であった、というだけの話です。

とはいえ、割と満足していますので、一応紹介しておきます。(超音波式加湿器は後述するようにリスクもあるけど)

ちなみに、私が上記製品を購入したのは、次の条件を満たしたかったため。


続きを読む

今年の年始は昨年後半の疲れがドッと出て、去年で書き終えられなかったこの話もなかなかまとめきれず、昨年末の お買いものベスト記事でネタバレして今さらになってしまいましたが、新しいミラーレス機は X-S10 を購入しました。

X-S10_09

だぶる☆えっち的 お買いものベスト 2020 【後編】1位〜5位

一度は全部手放したミラーレス機を改めて欲した理由を前編記事に書いて、最初の候補として挙げたのは次の10機種でした。
  1. 動体撮影を考えないスナップ専用サブ機として
    1. OLYMPUS E-M10 Mark IV
    2. OLUMPUS E-M5 Mark III
    3. OLYMPUS E-M1 Mark II(中古)
    4. NIKON Z50
    5. FUJIFILM X-S10
    6. SIGMA fp
    7. SONY α7C

  2. 将来のマウント移行を考慮した準備機(テスト機)として
    1. Canon EOS R5
    2. SONY α7 III
    3. SONY α9(中古)

この10機種をリストアップした理由と、そこから4機種に絞った(6機種を除外した)理由は中編記事に記しました。

The road to get my new mirrorless camera【前編】 〜デジタル一眼レフだけにしたら動体以外はEVF撮影に慣れきっていた私に気づく
The road to get my new mirrorless camera【中編】 〜購入候補10機種と4機種に絞った理由、そして一から見直すことに…

適当お気楽撮影用カメラの最終候補として、絞り込んだのは以下の4機種。
  1. NIKON Z50
  2. FUJIFILM X-S10
  3. SIGMA fp
  4. SONY α7C

どれも魅力あり、でも物足りない点ありで、なかなか決めきれませんでした。廉価機ですから、どこかで妥協が必要でもあります。

決めきれない中、最終的な選択のキッカケになったのは、

オレが適当に撮るどうでもいい記録写真なんて iPhone で十分やわ。そんな用途に新しいミラーレス機なんて金の無駄や


と思い直して一旦、新しいミラーレス機購入を止めようとしたことでした。

ミラーレス機購入を一時停止して、もう一度「何故新しいミラーレス機が欲しいのか、メインのデジタル一眼レフ機と別に買いたいのはどうしてか、スマホじゃダメな理由は何なのか?」を自分に問うた時、富士フイルム X-S10 に自然と落ち着きました。

他愛もない超個人的なことですが、X-S10 を選んだ理由を未来の自分がしっかり見直せるためにも記しておきたいと思います。


続きを読む

毎年お正月に書いている物欲展望記事。書いているとおりにはならないのが常わけで、去年の物欲記事を見返しても、全くそのとおりになりませんでした😅

物欲展望 2020

1年前、2020年に買いたいものとして書いたのは、
  1. Android スマートフォン
  2. ブラザー 複合機プリンター
  3. 100-400mm 望遠ズームレンズと標準域レンズ
  4. D780?D750?D850?(普通のフルサイズ一眼レフ)
  5. 125cc スクーター

この5つでしたが、この中で昨年ちゃんと購入したのは Android スマートフォンのみ。この時触れていた OPPO Reno A を年始のセールで購入しました(ほぼ購入を決めていた)。

デジカメ関連は、100-400mm 望遠ズームレンズ、標準域レンズ、普通のフルサイズ一眼レフと書いてましたが、購入したのは標準ズームレンズの AF-S 24-120mm f/4G ED VR(中古)のみ。

100-400mm は今でも「あれば便利」だと思ってますが、デジタル一眼レフシステムにこれ以上投資しても…という気分が大きく、同様の理由でフルサイズ一眼レフには、もう興味がなくなりました。

買うとしたら高くても(D5, D500 と操作性が共通の)D850。私が撮る被写体で高画素あるとベターなのは飛行機くらい。スポーツでも高画素あれば良いですが、高感度性能を落としてまで使うことはないし、AF を考えるとフラッグシップ機一択。

飛行機写真でも高画素が欲しいのは情景写真であって、そういうシーンを高画素で撮るならミラーレスの方が良さげ。SNS で、機体に書いてある細かい文字まで見えるのは高画素機ならではだ〜、的なヒコーキ写真が流れてきますが、個人的にそういうのはどうでも良いですし。

湯水のように金が使えたら D850 も色々なレンズも買いたいですが、懐は乏しく、コロナ禍でさらに厳しくですから、結局カメラ関係の大きなお買い物はミラーレスに全面移行してからになりそうです。もうニコンに投資する気も起きないし…

あと、スクーターは家族に大反対されて、現状購入計画は白紙になりました。仕方ないですね😅

ということで、前置きが長くなりましたが、今年2021年の物欲展望を書き出してみました。


続きを読む

このページのトップヘ