Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

どこのカメラメーカーでも同じようなことをやっているので珍しくありませんが、オリンパスには写真投稿コミュニティ「Fotopus」というものがあります。

Fotopus(写真コミュニティフォトパス)|オリンパス

オリンパスのメーカー主導型写真サイト「Fotopus」には大きな特徴があって、オリンパス製品を持っていなくても会員になることができる、という他メーカーにはない点があります。(国内メーカーではもう1社あったと思うけど忘れた)

オリンパス製品ユーザー向け「スタンダード会員」も登録無料なのに修理割引(1割引)があるのは太っ腹ですし、入会金と年会費が必要な「プレミア会員」もオリンパスオンラインショップでの 5% 割引や優先予約が可能なほか、修理割引は3割引。年会費約3千円で3割引というのは、こちらもなかなか太っ腹です。(ちゃんと直るなら…)

なにかと E-M1 Mark II(とサンヨン)にはもどかしい感じを抱いて記事でも色々書いていた私ですが、E-M1 Mark II 購入から割とすぐに、この Fotopus のプレミア会員に加入しました。

修理代金3割引とオンラインショップ5%割引、迷いつつも加入してしまったオリンパス Fotopus プレミア会員

その昔のニコン時代には修理割引はあっても会員加入はスルーしていましたし、キヤノンの CPC に入ったのも初代 EOS 5D でマウント移行してかなり時間が経ってからでした。(オーバーホール出す時の修理割引がキッカケ)

それを思えば、購入後すぐに有料会員になった10ヶ月前の私のオリンパス機に対する意気込みと期待のほどが、今さらながらに思い出されます。今は昔だけど……

EM1M2_07


ともあれ、E-M1 Mark II 購入後に速攻で有料の「Fotopus プレミア会員」になったわけですが、「プレミア会員」の特典も Fotopus そのものも、オリンパスオンラインショップで幾つか周辺アクセサリーを買う際に割引で利用した以後は、ほとんど活用できていません。

修理は今のところ保証の効く修理のみですし、最初に一通りレンズを揃えてからは特に買うもの、欲しいものもなく、写真投稿した際にもらえるポイントの使い道はありません。オンラインショップで充当できるポイントは価格の15%という限りがありますので…

写真投稿サイトとしての Fotopus は使い勝手が悪いだけでなく、内容チェックが鬱陶しいので写真投稿も止めてしまいました。

(Fotopus は投稿写真を細かくチェックして商標その他に絡むものや人物が写ってると、いちいち警告してきたり、掲載拒否されるので、最初に見たときにやたら写真に偏りがあると思ったら、自分で投稿してみて納得しました。メーカーの予防措置としては理解できますが、他に素晴らしいサイトがある中で敢えて使う必要も見る必要もない判断)

そんなわけで

全然利用していない Fotopus プレミア会員も今春以降の更新はどうするかなー


という気分。E-M1 Mark II も今のところは売るつもりはないのですが、フリーズなど色々ありましたから保証期間を過ぎて使うのに正直不安はありますから、正直迷うところはありますし。(愛想とサービスは良いけど、それだけでは…)

Fotopus プレミア会員に加えて「E-M1 Mark II 専用メンテナンスパッケージ」にも加入して、自然故障の延長保証を確保する手もありますが、現状の性能と画質ではこれ以上出費する魅力を感じないので、どうしたもんか状態ではあります。

オリンパスオーナーズケアプラス E-M1 Mark II 専用メンテナンスパッケージ

「E-M1 Mark II 専用メンテナンスパッケージ」に入らずとも、年間3千円で修理代金3割引の「Fotopus プレミア会員」だけ保険的に継続するのが一番妥当なところ、とは思っていますけど、どうなりますやら。(猶予はまだ2ヶ月以上あるので)

OlympusFotopusDayOsaka1


とまぁ、前置きが長くなりすぎましたが、昨日大阪で開催されたオリンパスのメーカーイベント「フォトパスデー」とやらに行ってきました。

1月20日(土)フォトパスデー 開催!|オリンパスプラザ大阪 イベント一覧|ショールーム・ギャラリー&サービスステーション|オリンパス

ちょうど修羅場モードのピークが超えた直後でしたし、忙しすぎて写真撮影に対する意欲も地平線の遥か下まで落ちているので、少しでも刺激をもらえれば、ということもありましたし、

保証の切れる春以降は色々と選択を迫られる状況を考えると、オリンパスのイベント、Fotopus 会員のイベントへ行く機会も最初で最後かもしれない


と思うと、とりあえず一度行ってみるかな、と :-)


続きを読む

今オフは久しぶりに長いシーズンオフになったガンバ大阪。その間、朗報と言えるのは浦和レッズから矢島を獲得したことくらいで、出ていく選手のリリースばかり聞かされたオフでありました。

そんなガンバ大阪ですが、本日、新体制発表会を開催して、Youtube のガンバ大阪チャンネルでライブ中継されました。


ガンバ大阪オフィシャルサイト

私も出先でスマートフォンにて Youtube Live による中継を見ました。

続きを読む

先月からお仕事が修羅場モードに突入し、見込み違いもあって予定より1〜2週間も長く修羅シュシュシュッな状況で、2018年も 14分の1 が過ぎましたが、パソコンとにらめっこしている記憶しかありません(´Д` )

先月後半から年始しばらくはブログを書いている余裕がないことは予測していたので、11〜12月上旬に記事を書き溜めていたのですが、年始には全て吐き出してしまったため、本ブログも放置プレイになっていました。

ブログだけでなく、パソコンとにらめっこしているばかりで、写真の1枚も撮りに行っていないし(元旦朝の、初日の出&ヒコーキのみ)、すっかり写真撮影への意欲も消え去って、デジタル一眼レフへ復帰する意欲もだいぶ下がってしまって、どうしたもんか状態です(^_^;)

NewYearSunRising2018AtItamiSkyPark5
(初日の出どころか昨秋から写真整理も全くする余裕がないまま……)


さて、忙しすぎて何もブログに取り上げることがないだけでなく、物欲すら下がってしまっているので、あまり書くようなこともないのですが、昨年草稿を書いていたものの、予約投稿していなかった件を一つ。

写真 SNS というかフォトクラウドサービス Flickrをはじめ、各種写真ウェブサービスを一括して存分に利用できるアプリ「FlickStackr」が AppStore から消えてしまったこと、その後の話です。

続きを読む

昨年末の「お買い物ベスト 2017」の記事にて先行で紹介してしまったので今さらな気もしますが、写真多めで改めて紹介しておこうと思います。

だぶる☆えっち的 お買いものベスト 2017 【前編】6位〜10位



上記 Amazon リンク写真では3色ですが、実際には5色あります。人気色の在庫はないこともありますし、販売店が変わって高くなっていることもあるので(人気のない色は安く売られていたりすることも)、その点だけはご注意ください。(1,800円台が標準的な価格?)

「スマートフォンホルダー」という品名からして判るようにスマートフォンを固定するもので、三脚アダプターという名前でないことから判るように、三脚にも固定できるけれど、むしろ

折り畳み式スマートフォンスタンド


と言った方が良いかもしれません。

個人的には、
  • Bluetooth キーボードを使ってスマホでタイピング作業する時に使う
    MobilePhoneHolderPH1_11

  • 出先でノートパソコンを使っている時にスマホを横に置く時に使う
    (iPhone X は縦置きしておかないと顔認証できないから、こうすると通知来た時に iPhone を持つ必要がなく便利)
    MobilePhoneHolderPH1_12

この両方で便利ですね。顔認証のために縦置きしておきたい iPhone X を使うようになって、スマホスタンドを出先でも使うようになりました。

実際どんなものかは、以下の写真を見てもらった方が早いでしょう。(P10 lite の広角レンズで撮影しているので、ややパースがきつい写真になっていますがご容赦を)


続きを読む

今年のお買い物展望、スマホ・タブレット関連は控えめ、デジカメ関連は昨年の失敗をフォローアップする年になりそうなことは前回前々回で書きました。

2018年 物欲展望 【スマホ・タブレット・スマートデバイス編】
2018年 物欲展望 【デジタルカメラ編】

ただ、ぶっちゃけ言うと、

毎年カメラ関連に金を費やしている自分が
いささかアホらしくなってきた


というのも本音であり(去年の失態がだいぶダメージに ^^;)、もっと言えば、

ミラーレスとデジタル一眼レフの狭間で
右往左往してる自分がホント馬鹿


というのを自覚している分、いい加減にすべきじゃないのかという思いもあって、実際にはなかなか購入テンションも上がらなかったりします(^_^;)

何よりもデジタルカメラ云々の前に(それこそ高画素機を買うならばその前に)、

5年も使い続けてきたデスクトップパソコンの買い替え必須


なのが今年 2018年であります。ことしの最優先お買い物予定です(^_^;)

続きを読む

このページのトップヘ