Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo

来年の東京五輪に向けて、いつ開発発表されてもおかしくなかった、ニコン最後になるかもしれないデジタル一眼レフ・フラッグシップ機「D6」が発表されました。

が、同時リリースで、

いつまでもリニューアルしなかったサンニッパが
まさかのズームサンニッパでリニューアル!!


というのは、大いに意表つかれました。

Nikon | ニュース | 報道資料:デジタル一眼レフカメラ「ニコンD6」および望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」を開発

とはいえ、

D6 のスペックが一切発表されず


というのは、どうなんですかね。単に

ウチも頑張っとるから、ソニーに行かんといてくれや…(/_;)


と言ってるだけじゃないですかねぇ ┐(´д`)┌

ソニーの「α9 II」もニコンやキヤノンの動向見つつ、いつでも(ニコン D6 みたいな詳細なしの開発発表なら)発表できる体制なのでしょうけど、噂によれば 3,000万画素オーバー。

(SR3) Sony A9II with new 33-36MP sensor to be announced in 1-2 weeks? - sonyalpharumors

D6 は 2,400万画素と言われていますし、ある意味順当進化、高感度画質最優先なら妥当なところでしょうけど(EOS-1D X Mark III もそのくらい?)、α9 II が 3,000万画素超となると流れて行く人はさらに増えそうな気がします。

高感度最優先と考えるのはサッカーなどのナイトゲームのあるスポーツだったり、フィギュアなど室内スポーツを主体とする人で、そう言った人たちでも D850 あたりの高感度画質では不満に思う層は多くとも、3,000万画素超で技術の進歩と合わせて D5 / EOS-1D X Mark II よりちょい落ちレベルなら全然OKな人も多いはず。(スポーツ以外なら尚更)

NikonD6_Release


あと、AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR についても、

いまサンニッパ出すなら Z マウントだろ…


という気がしてならないのですがねぇ。


続きを読む

1週間経って、ようやく先週の松島基地航空祭の写真をパソコンに取り込んでちゃんと見ている週末ですが、当日撮影した写真を見ると未だに興奮が蘇ってテンションが上がるくらい満足した、初めての松島基地航空祭でした。

TediousDays20190825_01_7391


長々と思い出話を書いている暇はないのですが、前回の富士スピードウェイのまとめメモと同じく、当日翌日に記した「気づきメモ」を載せておく自分用備忘録とともに、少し写真を載せておきます。

来年以降、行けるタイミングがあればまた行きたいですからね、松島基地航空祭(^-^)

と言っても、航空祭当日の写真はまだパソコンに取り込んだばかりですので、F-16 前日予行だけちょこっと。東松島夏まつりのブルーインパルス展示飛行についても一緒に…と思ったのですが、少し長くなったので、そちらについては次回に。


続きを読む

行くのは初めてではないけれど撮るのは初めてだった富士スピードウェイで、月初に行われた SUPER GT 2019 Rd.5 富士GT500マイル。その遠征記は長々と3回に分けて書きました。

SUPER GT 2019 Rd.5 富士GT500マイル 遠征雑記【前編】 〜室屋さんのフライトは刺激的で大満足
SUPER GT 2019 Rd.5 富士GT500マイル 遠征雑記【中編】 〜真夏の長丁場はまったりと
SUPER GT 2019 Rd.5 富士GT500マイル 遠征雑記【後編】 〜やっぱりVSCやFCYは必要じゃね?

で、うっかり長々としすぎて、後編に遠征中や帰宅直後に記した箇条書きメモのまとめを載せるのを忘れたので、次回行くときの自分用メモも兼ねて、以下に載せときます。

あくまで初めて撮影に行った超個人的なの備忘録なので、ツッコミどころは多いかもですがご容赦を(^_^;)


続きを読む

8月も終わりに近づいて、地獄のような暑さから人として生きていける気温になってきたのは幸いですが、9月になると色々あって胃が痛くなる日々でもあります。

もっとも、先週末、初めて行った松島基地航空祭は予想以上どころか最高!であり、未だに写真をチラ見すると記憶が蘇ってテンション爆上がりになるわけですが、実のところ、忙しくて航空祭当日の写真はまだパソコンに取り込むことすらできていない有様で…orz

そんなこんなで、すっかり月初に行った SUPER GT の記憶は薄れてきていますが、既にある程度書き散らしているので、とりあえず8月の間に SUPER GT Rd.5 富士GT500マイルの記事最終回をまとめておきます。

SUPER GT 2019 Rd.5 富士GT500マイル 遠征雑記【前編】 〜室屋さんのフライトは刺激的で大満足
SUPER GT 2019 Rd.5 富士GT500マイル 遠征雑記【中編】 〜真夏の長丁場はまったりと

前編から書いてきたように、富士スピードウェイに訪れるのは十数年ぶりであり、また撮影するのは初めて。ということで気合いを入れて撮りまくり!と言いたいところですが、真夏の炎天下、そして長時間レース、さらにはレース終了後は大阪まで車で戻ることを考えると、無理せずマッタリ観戦・撮影にしました。

前回も触れたとおり、だいたい行く前に何となく考えていたプラン↓
  1. 午前中は室屋さんのフライトさえ撮れれば、それで良し
  2. 真夏のド昼間に行われるウォーミングアップ走行は、どっちでもいい
  3. レーススタートは、ありきたりだけどコカコーラ・コーナーかな
  4. 30分くらい撮ったら暑い間は休憩
  5. 暑さのピークがすぎて少し気温が下がってきたら、一番遠いダンロップコーナーへ行って、その後は13コーナー、スープラコーナーと戻る方向で
  6. 最後はヘアピン(アドバンコーナー)で撮れば、ウイニングラン撮ってからでもグランドスタンドで表彰式に余裕で間に合うはず

という感じでレースタイムを過ごしたわけですが、結果的に判断は間違っていなかったですね(^^)

休憩多め、暑いさなかはあまり動き回らないようにしたため、レース終了後は疲れたものの、疲れ切ってヘロヘロとまでは行かず、なんとかレース終了後そのまま大阪まで車で戻ってくることができました。(4分の1くらいは友人が運転していましたが)



さて、前回書いたとおり、レーススタート時はコカコーラ・コーナーで小一時間撮影、その後レースが半分くらい過ぎ、15時半くらいまではグランドスタンド2階の指定席で休憩していました。

日陰ですし、真夏の灼熱地獄とはいえグランドスタンド2階には少し涼やかな風が吹き、モニターもあって心地よく観戦できました :D

もっとも、各車ホームストレートをカッ飛んでいく爆音が響くので実況アナウンスはほとんど聞こえることはなく、実況を聴くための FMラジオは持って行っていたものの、イヤホンを忘れて聞けず、という失敗はありました(^_^;)



ということで、レーススタートから1時間、14時半くらいから1時間くらいはグランドスタンド2階指定席で休憩&まったり観戦、16時近くになって、そろそろ半分かな?というところで、再び撮影に向かいました。


続きを読む

夏休み期間ということもあって、SUPER GT 夏の富士500マイルもの後も、SUPER GT 菅生テスト、SUPER FORMULA 茂木、そして鈴鹿10H と毎週末4輪トップカテゴリーのイベントがあって、富士500マイルもすっかり昔話になっていますが、以前の記事の続き?を書きたいと思います。

SUPER GT 2019 Rd.5 富士GT500マイル 遠征雑記【前編】 〜室屋さんのフライトは刺激的で大満足

上記記事でも書いたように、富士スピードウェイは東京在住時に何度か来ているのですが、撮影は初めて。

ですので、事前に上手いモースポ写真を撮られている方々のロケを参考に…と思っていたのですが、実際には大して調べることもなく、

いつも Jスポーツの中継とか見てるし、メディアに載ってるプロの写真も、SNS に流れてくるハイアマチュアな方々の写真も見てるから、初めてのサーキットでもないし(久しぶりすぎて記憶は怪しいが)、なんとかなるやろ。


とまでは思っていなかったのですが、特に下調べもなく、やっぱり「なんとかなるやろ」で現地へ向かいました(^_^;)

SUPER GT 2019 Rd.5 FUJI 500mile RACE (118)


結果的には
  • スタートはコカコーラ・コーナーかな?
  • 暑いうちはグランドスタンドでまったりして体力温存
  • 涼しくなってきたら一番遠いダンロップコーナーから戻ってくる感じで第3セクターを回る

という、行く前になんとなく考えていたとおりに動いたわけですが、

長時間のレースだったけど、もうちょっと各コーナーで視点を変えた撮影をすべきだったなぁ


と、もう少し頑張って動いてもよかった気はします。

何よりも(初めてのサーキットでありがちな)上から目線の何の糞面白くもない適当写真ばかりで、パソコンに取り込んであとから見返すと写真整理、現像するテンションが下がってしまう毎度のパターンでしたけどね……


続きを読む

このページのトップヘ