Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

新型 Kindle Oasis で採用された、本棚画面での「マンガはシリーズごとにまとめて表示」機能が先日、手持ちの第三世代 Kindle Paperwhite (2015) にも適用されるアップデートがありまして、

BookLive! が採用している、シリーズ作品が自動でまとめてフォルダ表示してくれる機能がキタ━━━(゚∀゚)━━━!!


と喜んで、ブログネタにでもしようと思ったのですが、実際に使ってみると、コレクション表示設定では「シリーズごとにまとめて表示」が適用されないようで、千数百冊?二千冊弱?くらいある書籍をコレクションである程度分けて整理している私にとっては、全く意味のないアップデートでガックリでした。

というか、連続ページターン機能も今回の「シリーズごとまとめて表示」機能も、コミック限定じゃなく一般書籍でも適用して欲しいし、そもそも Kindle ストアはシリーズ作品の中で何故か途中でシリーズ扱いが外れてる巻があったり、タイトルの大文字小文字がバラついていたり、かなり書籍名の扱いがぞんざいなのが嫌なんですよねぇ。



さて、そんな中、紀伊国屋書店の電子書籍アプリ Kinoppy が本日アップデートされまして、iPhone X の縦長画面対応とともに

コミックの縦スクロールでのページ移動


が可能になりました。

Kinoppy20171121B
(画像クリックで等倍)




コミックを読むときに「書籍ライクな左右スワイプでページ送りするのではなく、縦スクロールして読む」というのは、大手電子書籍ストアのアプリでは珍しい(初?)のですが、ガラケー時代からやってきて、今はスマホに特化した電子コミックサービスでは珍しくもなんともなかったりします。タテコミ、めちゃコミ、コミコ、Vコミ……

私自身はそういった縦スクロールで読むコミックはサンプル程度にしか見たことがなかったのですが、紀伊国屋書店 Kinoppy がコミックの縦スクロール移動に対応した、ということで早速使ってみると……


続きを読む

先日、馬鹿高かった iPhone X を購入した理由について書きました。

躊躇うどころか、ちょっと引くくらい高い iPhone X を敢えて買うことにした3つの理由

実のところ、あまり満足度が高くなかったら iPhone 6s Plus に戻って、iPhone X は品不足で高値がつくうちに売却してしまおう、と思っていました(^_^;)

しかし、そんな思いは速攻でなくなり、今は「もう iPhone 6s Plus を売却してもいいかな?」と思うくらいです。

iPhoneX04


今回購入した iPhone X のモデルは「64GB スペースグレイ」。予約時に容量についてはあまり迷いませんでしたが、色は、かなり迷って、

iPhone はホワイトがテーマカラーで良いと思うけど、今回の iPhone X はホワイトじゃなくてシルバーだし、それならブラックっぽいスペースグレイで良いかな


そう思って予約したのですが、実機を見てみると

シルバーって言うても、ほぼホワイトやんけ。あっちにしとけば良かったかなあ


という後悔は正直ちょっとあります(^_^;)

今さら言っても仕方ないし、来年にはきっと iPhone X 後継機にゴールドが出るでしょうし、2年後にはピンクゴールドが復活したり新色が出るかもですから、次に買う時のお楽しみということにしておきます。

そういえば、最初に買った iPhone(iPhone 3GS)もブラックでした。あの頃は iPhone と丸分かりのホワイトがどうにも小っ恥ずかしくてブラックにこだわっていた記憶があります(^_^;)

iPhoneX06
(ずっと使っていても iPhone には見えない iPhone X)


さて、ストレージ容量の方は 6s Plus では 128GB モデルを購入。それから1年半、ずっと使用容量は 64GB を下回ることはありませんでしたが、かといって使用容量が 100GB を超えることも少なく、128GB モデルがピッタリでした。

ところが、iPhone X に限らず今秋の iPhone はストレージ容量は全て 64GB と 256GB の大小2モデルに整理されました。

iPhoneX_64GB_10


最小容量モデルが 32GB から 64GB になって完全に実用できる容量になったのは良いことだと思いますが、個人的にピッタリ容量であった 128GB モデルがなくなったのは痛いところでした。

ですから

大は小を兼ねるんだから 256GB 一択と言いたいが、それでなくても高い iPhone X を買うのだから 1万7千円も安い 64GB にしておくべきか…


と悩むところですが、実際にはすぐに答えは出ました。

今までは 128GB モデルがピッタリだったけど
少し運用を変えれば 64GB で全然賄えるはず!


そう思って 64GB モデルを購入し、1週間経って見込み通りでしたので、その理由と私の使用スタイルを記しておきます。


続きを読む

慣れ親しんだ iPhone のデザインも流儀(の一部)も捨て去って、全く新しくなった iPhone X ですが、ホームボタン廃止(全面ディスプレイ化)とともにエポックメイキングな変更なのが、Face ID 顔認証。

顔認証って、ちゃんと使えるの?誤認識したり、認識に時間がかかってイラっとしたりしないのかな?夜とか暗いところでも認証できるの?
なんか指紋認証の方が確実っぽくない?使い勝手が落ちたりしないかな?


誰しも買う前、使う前は、そう思うでしょうし、私も思っていました。アップルの宣伝文句はもちろん、IT系ライターによる記事もどこまで信用できるのかは判りませんし(長年 Apple ユーザーやってる私でも執筆者名を見たら即 Back ボタンする信者すぎて役立たずもいます)、そもそも自分に合う合わないがあるでしょう。

iPhoneX38


先日の記事でも書いたように、そのことへの興味、「実生活で使ってみないと良いも悪いも判らないよね!」というのが iPhone X 購入の動機(の一つ)でもありました。

躊躇うどころか、ちょっと引くくらい高い iPhone X を敢えて買うことにした3つの理由

そして iPhone X が届いて1週間使ってきて思うのは、

顔認証の方がスムース、便利に感じる場面もあれば
安定した Touch ID 指紋認証よりストレスを感じる場面もある


という、ありきたりで、当たり障りのなさそうな感想であります。でも、それが実情。

ぶっちゃけ、Face ID 顔認証と Touch ID 指紋認証のどちらの方が良い、という優劣はつけられません。認証する場面や状況によって、どちらが便利、というのは異なります。例えば、

冬場マスクしているなら指紋認証の方が確実だけど
マスクせず手袋していたら顔認証の方が便利


といったように。

このあたりは昨日の記事でも既に記しましたが、今回はもう少し具体的な良し悪しに触れてみます。

iPhone X を使い始めて1週間 〜使い始め直後の感想から1週間でどのように変わったか?を検証

Face ID 顔認証を使い始めると、「おお、なかなか凄いね」「こういう時に指を動かさなくて良いのは便利」ということもあれば、「ああ、この角度からだと認識してくれないのか」「ん?なんで認証できずにパスコード入力なの?」とストレスを感じることがあるのも確かで、

最初にしては完成度も高く十分実用的だけど改善点も多い


と感じます。諸手を挙げて Face ID の何もかも良い、という人は胡散臭い :-P

そういった、「こういう時は顔認証の方が便利」「こういうところは指紋認証の方が良かった」というところがありますので、それらを含めて個人的に感じた Face ID 顔認証の良し悪しを以下に列挙してみます。

続きを読む

先週から使い始めた iPhone X はすっかり愛機になっています。完全に手に馴染んだとはまだ言えず、たまに誤操作する時もあるものの(後述)、概ね慣れました。

今まで使ってきた iPhone 6s Plus は予備機として手元に置いてあるのですが(家族か周囲の人間が使いそうなら譲るつもり)、たまに使っている時、指を液晶の下から上スワイプさせようとしてホームバーがないのに気づいたり、コントロールセンターを出すのに最上部右側から下へスワイプするようになってきました。

6s Plus で X のジェスチャー操作しそうになるなんて、1週間で完全に iPhone X の操作に慣れてしまってるわ…


と我ながら驚くこともありました。ぶっちゃけ

ホームボタン押すより楽


ですからねえ。ビギナーへの判りやすさは劣りますけど、スマホに慣れた人にはむしろ快適。

人は慣れる生き物でありますが、もちろん、全面ディスプレイ化&ホームボタン廃止に対してよく考えられた UIがあったから慣れも早かったのだと思います。

特に

仮想ボタンやサイドボタンを安易に代用しなかった


点はさすが Apple だと感じています。Android みたいにせっかく全面ディスプレイにも関わらず仮想ボタンを最下部に表示しちゃうのは、その旨味を削りますしね。(ハードとソフトを一体開発できない Android では操作体系一新というのは難しいことではあるでしょうけど)

iPhoneX03


さて、先週 iPhone X が手元に届いて24時間経った翌日、↓こんな記事を書きました。

iPhone X を触りはじめて24時間で感じた12のアレコレ

ここで使い始めた直後のファーストインプレッションとともに、操作感についてアレコレ文句も含めて書いたわけですが、

あまりにも変わった新世代 iPhone に対して
使い始め直後から1週間でどのように印象が変わったか?


というのを記しておきたいと思います。

使い始め当初は文句を言ってたところも慣れたり、未だ慣れられなかったり、逆に使い始めの頃は感じなかった不満が出たり、色々変わった分、時間が経って印象が変わったところもあります。

ですので、この記事に書いた12のアレコレについて、それぞれ今どう感じているかを以下、列挙していきます。


続きを読む

昨晩 Amazon のスマートスピーカー「Echo dot」が届いて早速使い始めているわけですが、どうも周りの友人から iPhone X より興味がある、どういう感じなのか、私がどういう感想を持つのか楽しみ、というメッセージをもらったので、予定を変更して、今朝の Alexa との会話を載せておきます。

(メモを元にして、あとから補完したので、細かいところは実際と差異があるかもしれません。ご了承ください)



アレクサ(以下、あ)「ピピッ、ピピッ、ピピッ」
私「アレクサ、ストップ」(←もう起きてた)


(音量を結構大きめに設定してるのに、こんな可愛らしいアラームではとても起きられる気がしないな。いつものアラームを設定しておいて良かったわ)

私「アレクサ、アラーム音の種類を教えて」
あ「すみません、私にはわかりません」
私「アレクサ、アラーム音の種類を変えたい」
あ「すみません、私にはわかりません」
私「アレクサ、アラーム音を変えたい」
あ「そのように設定する方法がわかりません」


アラームの種類すら変えられないのか!

スマートフォンの Amazon Alexa アプリからは簡単に変えられる。でもスマートスピーカーなんだから声のやりとりで簡単にできないと意味ないやろ……

AmazonEchoDot33A AmazonEchoDot33B
(Alexa アプリでのアラーム設定画面)


私「アクレサ、FM802 をかけて」
あ「TuneIn より FM 八女」
私「アクレサ、エフ、エム、ハチ、マル、ニ をかけて」
あ「TuneIn より FM 八女」
私「アレクサ、Radiko を開いて FM802 をかけて」
あ「Radiko へようこそ。ラジオNIKKEI第二を再生します」
私「アレクサ、Radiko を開いて、エフ、エム、ハチ、マル、ニ かけて」
あ「Radiko へようこそ。ラジオNIKKEI第二を再生します」


昨晩と同じ応答やんけ!どうなっとんねん!!(-_-#)


続きを読む

このページのトップヘ