Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

デジタル一眼レフ・システムから E-M1 Mark II +マイクロフォーサーズシステムに移行してみて、動体相手の AF や画質が謳い文句ほどじゃないのは予想していたものの、半年の間に買ったオリンパスのカメラが2台とも修理行きで俺的不良品率100%だったり、修理部門もアレで、すっかりオリンパスへの信頼性ゼロになってしまったのは想定の範囲外であり、この先もメインマウントとして使うのに非常に懸念を感じる今日この頃ですが、とはいえ、でも決して悪いことだけじゃないよシリーズ第2回目です。

E-M1 Mark II &マイクロフォーサーズシステムをメインに据えて良かったこと・その1

前回記事では「マイクロフォーサーズから小型軽量を除いたら何が残るのか?」などと書きましたが、デジタル一眼レフシステムから E-M1 Mark II +マイクロフォーサーズに移行する前の思惑も、移行してから一番メリットを実感できるのも、その点なのは間違いありません。

とはいえ、小型軽量さ以外にも便利に思う点、感心する点は幾らかあります。今回は小型軽量さ以外で E-M1 Mark II に移行して良かったと思えるところを何点か述べていきます。


続きを読む

先週 E-M1 Mark II を再び修理に出して、また周囲の友人から「大変だねー」「凹んでるでしょ」と同情されている私ですが、

同情するなら金をくれ、せめてフリーズしないカメラをくれ


と言いつつ、「仕方ないなー、オリンパス機を買ってしまったのは俺だからなー」と諦め気分が先に来ている昨今です。だからと言って納得も許容もできませんけど。

こういう状況だと「変えて失敗だった?」「後悔してる?」とも言われますが、E-M1 Mark II の AF や画質については購入前の期待に達していなくても、それはそれで想定の範囲内で、そのことでマウント変えたことが失敗云々はないです。本気試さないと判らないことはいっぱいありますからね。

ただ、半年内に買ったカメラが2台とも不良という品質管理がウンコとしか思えない状況(他メーカーで不良修理は殆どなかったのに)や修理部門が微妙すぎるのは想定外で、

オリンパスって宣伝の大言壮語癖はあっても、もっと真面目に物作りするメーカーというイメージがあったんだけどなぁ(´Д` )


と、そこだけは誤算でした。過去にサブ機として買ったり、レンタルで使ったことはあってもそれだけでは判らず、本気で使い込んでみないと判らないことは多い、つくづくそう思います。

ですから、オリンパスの品質コントロールだとか修理部門の適当さとか、そういったメーカーとして一番重要なところの印象が最低なことを別にすれば、E-M1 Mark II と M.ZUIKO PRO レンズそのものには悪い印象ばかりでなく、好印象もちゃんとあります。

E-M1 Mark II をメインに据えて良かったこと


も幾つかは感じているので、その点について記していこうと思います。

EM1M2_02


まず一つ目、当たり前ですけど、

小型軽量さによる様々なストレス削減


これはホント実感しています。

逆に言うと、小型軽量のために犠牲もあるわけで、それを許容できるかどうかはその人次第ですし、こればかりは実際に使ってみないと判らない、各自が身軽さとそのために犠牲にするものの妥協点が見えてこないと思います。


続きを読む

【追記】本記事のAmazonプライムデーは終了しています。

昨日から今日7月11日23時59分まで、年イチ恒例の Amazon プライムデーのセールが開催されています。

Amazon PrimeDay(プライムデー) 2017開催中

昨日18時の発売開始の状況を出先でタブレットから見ていましたが、安いな〜と思っていた製品は、あっという間にカートに積まれてなくなっていくのが見えたり、Amazon.co.jp のサイト自体が落ちているのを生暖かく見ていました :D

AmazonPrimeDay2017A
(2日目になってもこの画面を何度か見た :-)


ところで、セール商品にばかり注目が集まっていて意外と見過ごされているのが、

紙書籍全品 10% ポイント還元


という大盤振る舞い。これは間違いなく、お買い得です。写真集や専門書などの高額書籍は今がチャンス!でしょう。

Amazon.co.jp: プライムデー限定 【全品ポイント10%還元】マンガ・雑誌などすべての『本』がお買い得: 本

プライム会員の友達と話していて気づかずにスルーされているようだったので、もしかして気づいていない人も多いかと思って書いてみた次第です。(Amazon プライム会員限定ですけど)

もう一つ、見逃されやすいお得セールとして、プライムデー限定で(今日7月11日23時59分まで)

配送タイプのAmazonギフト券5,000円以上購入で
1,000ポイントプレゼント


というのもあります。

Amazon.co.jp: プライムデー限定 Amazonギフト券 配送タイプを5000円購入で最大1000ポイント: ギフト券

2段階で500ポイントずつ付与される仕組みになっていて、そこらへんは上記ページを参照してもらいたいのですが、とにかく

誰かにAmazonギフト券 5,000円送ったら1,000円分貰える


のですから、これはかなりお得です。友達とギフト券の送り合いをすれば win-win ですから、間に合えばやってみてはどうでしょうか。

【追記】プライムデーのセールで1万円以上購入した人は以下のページを見るのもお忘れなく!

Amazon.co.jp: 2017プライムデーでのお買い物でポイントプレゼント


続きを読む

少し前に予告されていた au の新料金体系が今朝発表になりました。

新料金プラン「auピタットプラン」の提供について | 2017年 | KDDI株式会社
新料金プラン「auフラットプラン」の提供について | 2017年 | KDDI株式会社

データー使用量が月1〜5GB利用の段階的プランの「auピタットプラン」と、月のデーター使用量が20GB/30GBの大容量プランである「auフラットプラン」の2つが用意されていますが、ともに

通話プラン一体化で概ね月額千円程度安くなる
(最初の1年間はキャンペーンで2千円安)


というのが今回の料金プラン。

で、このプランのポイントは格安 SIM 対策でもありますから、

端末の割引がない代わりに、通信料金を安くする


ので、毎月割は適用されません。(端末は定価で買う、もしくは別途購入済み)

その他の制限事項は今のところ、iPhone 購入時の新規契約および機種変更時には加入不可となっていて、実質 iPhone は対象外となっているところが欠点といえば欠点でしょう。(9月の iPhone 新機種発表時に iPhone にも導入されるのかもしれませんが)

スマホ料金の場合、「誰でも割」「auスマートバリュー」だのといった各種割引プランが乗らないと安くならない、相変わらず分かりにくさはありますが、公式サイトの図表からすると、だいたい以下のとおりです。


続きを読む

すっかり忘れていましたが、今日は七夕ですね。今の私の願いはコレに尽きます。



いやホントに、オリンパスには

言い訳も、形だけの申し訳ありませんも要らんから、とりあえず絶対フリーズしないカメラにしてくれや


それだけです(´Д` )

曲がりなりとも自社のフラッグシップ機でプロ仕様とか高い信頼性とか言っているカメラで、個体差ゆえの問題だと千歩くらい譲ったとしても、ちゃんと直しもせずロクに検証もせず返してきて使ってみたらすぐフリーズするとか、使っている身からすれば信用ゼロの糞野郎でしかないですよ、ほんま。

とはいえ、先週今週とオリンパスの担当者と電話で話し合って、もう一度修理してもらうべく預けました。言いたいことは多々ありますが、とりあえず「フリーズしないカメラにしてくれ」それに尽きます。

AF だの、画質だの、使い勝手だの文句はあるけど、それ以前にフリーズしない、ちゃんと動く、製品として一番レベルの低いライン、QC をクリアできてからの話ですからね。

フリーズ再発の E-M1 Mark II 修理入院【前編】
フリーズ再発の E-M1 Mark II 修理入院【後編】

症状その他は前回入院時と変わりませんので、特に追加で書き足すことはありません。上記記事を書いた以降、鈴鹿サーキットでの撮影でも、一昨日も久しぶりにサッカーの試し撮りをした時も最低1回はフリーズしているので、撮りに出れば必ず発生している始末です。

私も世間の片隅で蠢く底辺技術者の端くれですので、修理依頼にあたっては何か再現性がある発生条件がないかと散々探ってきましたが、以前の記事も書いたとおり特定できる条件がありません。(状況の写真提示を含め、持てる情報は全て伝えてあるし、前回はフリーズした状態で持ち込みましたが)

修理する方も悩ましい事態だというのはわかりますが、素人にできることは多くありませんし、そこはプロはプロらしく、本当に直す気があるのなら頑張っていただきたいところです。

ただ、以前のように長く使えないのは困りますし、また修理が長引くようなら代替機を検討をお願いしたものの拒否されましたので(それは想定内)、直るまでずっと修理預かりというわけではなく、期限は区切ってます。

ということで、カメラが返却されて撮影を行って確認した時点で、結果報告をするつもりです。


続きを読む

このページのトップヘ