Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

梅雨空真っ盛りと家庭の事情に仕事の絡みでなかなか撮影に出かけられず、新しい機材を買ったのにストレスが溜まるばかりですが、こればっかりは仕方ありません(´・ω・`)

そんな中、今日はニコンから「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」(以下、ゴーゴーロクPF)の開発発表がありました。

Nikon | ニュース | ニコンFXフォーマット対応の超望遠単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」を開発

いま造ってるで〜、というだけの発表ですから、重さ、大きさなどは全く記載がありませんが、300mm F4 を従来の3分の2程度、15cm 未満に収めた PF レンズを採用していますから、500mm F4 で 38cm 以上ある 500mm レンズがどこまで短く、軽くなるのか楽しみです。

サンニッパサイズの 25cm を切ってくるのは難しいと思いますが、もしそのレベルまで短くなれば、頑張って購入したいですね!

20cm 台前半なら観客席で使っても隣席の視界を遮らずに使える場合は多いので、APS-C + 300mm レンズで我慢しているところをフルサイズ+500mm レンズに切り替えられますからね。楽しみです!

(でも現実的には、長さは 30cm 切るくらい、重さは 2kg 強くらいでしょうかねぇ)

D500_540FL07


さて、前回記事の後半として書いていたのですが、長くなったので分割にした話。ニコンの AF-C と言えば、昔から強力にアピールされているのが、ご自慢の「3D-トラッキング」。

防滴性能への信頼 〜ミラーレスからデジタル一眼レフに出戻って1ヶ月【D500編その2】

同じような機能はミラーレス機含めて各社あるわけですが、そこはそれ、メーカーとしての経験値の差が出るところでもあり、特にスポーツ撮影では顕著な差が出るように思います。

(中には、追尾系の AF を選択すると負荷が大きくなる分だけ処理落ち気味になったり、AF 速度精度が甘くなったりすることもカメラによってはありますし……)

と言いながら、買ったばかりのお試し撮影の時を除いて 3D-トラッキングは、ほとんど使っていませんでした。理由は簡単で、慣れていないから。

購入直後に試した時に「良さげだけど、なんか癖が強いな」と感じて、これは D500 に少し慣れてから実戦投入することにしよう、と。全く新しいカメラですから、最初は違っていても“ある程度読める”機能を使っていきたいわけです。

その方が今まで使ってきたカメラとの違いも判りやすく、理解も早まり、結果も出しやすいと考えたからでした。


続きを読む

その昔、体調的なこともあって、今のミラーレス機に繋がる初号機 LUMIX DMC-G1 を発売直後に購入してから、デジタル一眼レフとミラーレス機の間で揺れ動いて散財しまくってきたのが、この7〜8年の私のデジタルカメラ歴と言えます。

だいぶ無駄遣いはしてきましたが、私にとってデジタルカメラは写真機としてのデジタルカメラだけでなく、デジタルガジェットとしてのデジタルカメラという側面も強いので、そこは仕方ないかなー、とか言い訳しています(^_^;)

そして、すっかり「時代はミラーレス機」になった今年に、ひとまずメイン機をミラーレス機からデジタル一眼レフへ戻したのは今まで書いてきたとおり。

時代の流れから完全に逆行していますが、動体撮影、特にスポーツ撮影を考えると、やっぱり今はまだニコンやキヤノンのデジタル一眼レフに分があるかな、と思っての行動でしたが、現行機のボディ性能や使いたいレンズを考えてニコンへ戻ったことも含めて、とりあえずは正解だった、というのが、この1ヶ月の結論であります。

正直なところ、サッカーを撮ってなければ求める基準も機材も随分違っていて、

ソニー「α7 III」で撮る、スーパー耐久富士SUPER TEC24時間レース - 価格.comマガジン

このような実戦写真レビューでも大いに魅力を感じる FE マウントへ移行して、デジタル一眼レフへ戻ってこない可能性は小さくなかったと思うのですが、好きなモノ(ガンバ大阪)を撮るというのは趣味写真として基本ですから、そこを大前提にするのは仕方ありません(^^)

D500_340PF23


もちろん、前回でも書いたように

動体撮影も未来はミラーレスなんだろうなぁ


という思いは変わっていませんし、結果だけを求める場合にはミラーレス機と言ってもスチルじゃなく「8K 動画切り出しで良いじゃん!」という未来になってもおかしくないでしょう。

ただ、そうではなく官能的な部分を求める場合には(今のフィルムカメラのように)デジタル一眼レフが残るのかもな、と1年ぶりにデジタル一眼レフへ戻って、シャッター音を聞きながら思ったりしています。

車のエンジンサウンドやステアリング感、心地よいロール感がドライバーの気分を載せるように、カメラも音や感触が撮り手のテンションを上げるところはあるよなぁ


なんて思ったりする昨今です。(昔はそういうことは二の次だったけれど)

ま、そういう感覚自体がジジ臭いものだろうなぁ、とは思っていますけどね(^_^;)

続きを読む

仕事の関係上、美保基地航空祭に続いて防府基地航空祭も無理せずキャンセルしたおかげで、ちょっとヒコーキ成分が不足している昨今。この春のエアイベントは、日帰りでの岩国FD だけでしたからねぇ。

大阪から日帰り 岩国フレンドリーシップ へ行ったメモ【前編】
大阪から日帰り 岩国フレンドリーシップ へ行ったメモ【後編】

おかげで買ったばかりの D500 + ゴーヨンFL の出番もなかなかないので、平日ナイターの天皇杯2回戦なら観客もメッチャ少ないはずだし(実際3千人だけ)自由席なので、いつもはサンヨンだけどゴーヨンをお試し……と思って、周囲2ブロック誰もいない隅で撮っていたら、J1 クラブが大学生相手に初戦敗退という屈辱。撮った写真を見る気もしませんわ ┐(´д`)┌

D500_540FL39


ということもありつつ、D500 も購入から1ヶ月…どころか、書き散らかした内容を放置してる間に1ヶ月半は経ってますけど、まだまだ AF 周りの挙動把握や設定がバッチリというわけにはいかないのですけれど、そのあたりは次回以降に触れるとして、とりあえずファインダーのことを少々。


続きを読む

「近年は WWDC でハードウェアの発表皆無の年も多いからなぁ」と思いつつも、

Face ID 対応の iPad Pro が出たら即予約だ!
新しい iPad Pro が出なくても、新しい MacBook か MacBook Pro が出てたら買うかなぁ


などと期待していた WWDC 2018。

新しいハードもないけど
ソフト関連の未来も特に感じられない


と言っても過言じゃない、過去最大に「ピックアップする項目が少ない」 WWDC 基調講演だったのではないでしょうか。

WWDC2018A

Apple Events - WWDC Keynote, June 2018 - Apple

こういうことを言うと「WWDC は開発者向けイベントだから」と言う人も多いわけですが、Apple も「新しいもの作ったぞ」「新しい機能をアピールできる製品を作ったぞ」という時は WWDC でハードウェアを同時発表しますし、大々的に未来をアピールしますが、今回はそのアピール度すら低い。

以下に、国内 IT ニュースサイトの記事を幾つか挙げておきますが、タイトルだけで中身見なくても良いんじゃないかというくらい、目新しいこと、今後に何か面白みを感じるような内容はありませんでしたね。

続きを読む

仕事の事情、家庭の事情で、行く予定だったレース、航空祭も断念することが多い今春、7月の千歳基地航空祭も諦め気分になってきました。B747 ジャンボの政府専用機展示飛行も今年が最後の可能性が高いので何とか行きたいのですがねぇ。

おかげで、せっかく大枚叩いて買った AF-S 500mm f/4E FL ED VR の出番もなかなかなくて、もどかしい思いだけが募ります(>_<)

とはいえ、岩国FD や SUPER GT 鈴鹿など、まずは1ヶ月使ってきて AF-S 500mm f/4E FL ED VR に若干の不満?があるとすれば、

この2点くらいで、写りや AF 速度に不満があろうはずもありません。(まだ APS-C でしか試してないですけど)

D500_540FL06


VR(手振れ補正)もバッチリで、ネットで「SPORTS モードは VR の効きが落ちるので云々」という感想も見たことがありますが、全然問題ないですね。キヤノンの IS mode1/mode3 と同様、SPORTS モードは NORMAL モードより効きは落ちても落差を顕著に感じるようなことはなく、手持ちの流し撮りも含めて満足できるものです。

また、最新世代の大口径単焦点レンズということもあり、500mm F4 でありながら、ひ弱な私でもとりあえず、何とかギリギリ振りまわせる重さ、長さ。(すぐ筋肉痛になるけど)

ということで終わっても良いのですが、これだけだと内容のない記事が更にないので、以下、書きかけの適当メモを組み合わせた駄文をば。


続きを読む

このページのトップヘ