Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

夏バテというヤツ?東京から戻って以来、なんか異常にダルくて困る。引き蘢って仕事してる分にはまだしも、外へ出て歩いているとダルくて仕方ないし、所用で3〜4時間大阪市内を歩き回っただけで、とてつもなく疲れてしまう。つーか、明らかに最近歩く速度が落ちてる。

とまぁ、そんな具合で、どうしたんだ?オレ…状態だったのだが、考えてみれば夏バテの気がする。精神的には大してダルくないというか、仕事はそれなりにしてるし、さほどテンション落ちてないし。

でも、こんな状況では写真を積極的に撮ろうという気も起こらず。出かけるの超億劫。どうしたもんかね。せっかく 1D MarkIII まで買ったのに。でもちょっとバイオリズム的に悪い(無論、意味のない言い訳)。

Wooden road on wetlands
(by EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM @上高地)


しばらく写真を撮ってない分、過去の写真で現像してないのを現像してしまうか、ということで、5月に上高地へ行った(いつもどおり日帰り)時の写真をサクッとセレクト&現像して、お次は2月の流氷の写真を…と思うのだが、1,000枚近い写真の壁にまたもや跳ね返される。ってか、仕事の息抜きで余計にストレス溜まりそう(笑)

そういや、さっき、調整から帰ってきたピントチェックを一応でもやっておこうかと、三脚立てて適当にやり始めたんだけど、結局 70-200 と 100-400 だけで面倒になって止めてしまった。一応 EF100-400 F4.5-5.6L IS USMは近距離では後ピンはまずまず直ってた(微妙なところもあるけど)。先日手持ちだけど遠距離でチェックした時も直ってるっぽかったから、一応それなりには改善されたようだ。

ちょっとした事情から調整には出さなかった(出せなかった)EF70-200 F2.8L IS USM は、1D3 ではジャスピン。5D では微妙にズレているけど、こちらは実戦でもうちょっと使ってみないと判らない面が多々あり。

17-40 と 24-105 は絞ることが多いし、とりあえずはいいや、というか、時間がなかったので省略した。また時間がある時にゆっくり、という感じ。どちらにしても室内でピントテストするのは、キヤノンに調整を依頼する時くらいだし、ピントチェックみたいな面倒なことは、私にとって一番苦手な部類だからねぇ。

本当はもうちょっと練習やチェックしてから実戦投入したかったが、仕方ない。つーか、このダルさでは練習もする気が起きないんだよねぇ。夏が来る前に夏バテとはねぇ…(-_-;)

アウェーでの大宮戦。アジア杯中断前の大事な一戦。大宮は J2 降格争いをするほど順位は低迷しているとはいえ、ここ8試合はレッズを始めとする上位チームとの対戦も含めて負けなし、その間の失点は3と、勝てなくても堅守で引き分けるチーム。「超攻撃」を標榜するガンバにとっては嫌な相手。ホームでもきっとガッチリ守られるのは判っているだけに、それをこじ開けられるかが心配だった。

案の定、前半は攻めても攻めても守られる展開だったようで、ダイジェストで見るかぎり遠藤の FK など惜しい場面はあっても、マグノや家長の動きが今イチだったりして、フィニッシュまで行く展開はそう多くなかったようだ。が、途中経過を見ていて前半 0-0 でも、このところ後半で大逆転勝利をおさめているガンバだけに、特に焦ることなく「後半に最低でも1〜2点入れてくれるだろ」的な感じはある昨今。

そして後半 20分過ぎに播戸から家長への絶妙なマイナス折り返しからのゴールをきっかけに、あとは崩壊した大宮の守備を突きまくって、終わってみれば 3-0 の快勝。中断前の大事な試合をスッキリ勝てて良かった。スロースターターなのは仕方ないけど、きっちり後半で結果出してるだけに、今は無問題。

とにかく浦和がピタッと追いかけてきているだけに(勝ち点は5差があるが浦和は1試合少ないので、実質的な差は2)、お盆の直接対決まで落とせない。昨日の試合では、このところ連勝街道突っ走って3位まで浮上してきた鹿島が FC 東京に負けたのは大きい。これで、当面はガンバ vs 浦和の首位争いが確定的になった。

が、中断が明けて再開直後には、3位へ浮上した新潟(今季唯一負けた相手だ!)、そして眼下の敵2位浦和という勝負どころが続く。幸いなことにその2戦はホーム。その後のアウェー川崎戦、ホームなのに金沢でやる鹿島戦と続く8月を勝ち切れば、優勝も見えてくるはず。まさに天王山の8月。負傷したバレーも帰ってくるだろうし、代表、U-20 組も一回り大きくなって帰ってくることを楽しみにしたい。

って、その前にナビスコ杯準々決勝で浦和と当たるわけで、こちらも重要。ガンバも浦和も代表組は多いし、けが人も多いので、どういう展開になるか今イチ想像がつかないが…ホーム 14日の試合は万難を排して見に行く予定だったが、ちょっと厳しい状況になったのが残念…

アジア杯へは遠藤、加地の常連に加えて、播戸、橋本の2人が選ばれたのは嬉しい。播戸はリザーブの時も含めて頑張っていたし、このところ調子もいいしね。橋本は地味ながらもガンバ黄金の中盤を構成する重要な一人。A 代表のメンツを見る限り、DF も含めてユーティリティープレイヤーとして選ばれたと思うけど、高いレベルの中で揉まれてガンバへより良い効果をもたらせて欲しいと思う。

家長が落選したのは、まぁ仕方ないかな。突破力は魅力だけど、昨日の試合もゴール以外はパッとしなかったところも多かったようだし、一時期より調子を落としてもいるようだしねぇ。

ま、ナビ杯もアジア杯も頑張って欲しい7月だ。

代表選出で燃える!G大阪・播戸が絶妙アシストで快勝
家長が決めた!G大阪首位ターン弾

Super っすか。まぁ名前はともかく、内容は極めて順当なマイナーチェンジ。K10D で搭載されたゴミ取り機能をつけて、SDHC に最初から対応して、超音波モーター搭載レンズに対応。他は全く一緒。モデル末期の K100D と比べて実売1万円高になってるようだけど、すぐに下がるだろうな。ってか、下げなきゃ売れないだろうし。D40 と同じで、安いのが良いわけだしね。

まぁでも去年のペンタックス、今年のオリンパスと魅力あるデジタル一眼が色々出てきて、見ているだけでも面白い。特に昨今 E-410, E-510 と来ているオリンパスの次期フラッグシップモデルの流出情報で、AF が劇的に改善されてクラス最速、暗所に強く、動体にも強く、11点全点クロスセンサー云々、もちろん防塵防滴で…

なんてスペックを見ると、元々望遠には激強いフォーサイスなだけに凄く魅力的に思えてしまう。ま、能書きは色々垂れてても元が元だけに、一気にニコンやキヤノンを上回るものが出せるとは思えないけれど、それでも差は縮まってるのかな?と。サブで E-410 や E-510 みたいな機種があるのも良いよね。E-510 なんかサブ機で欲しい気もするけど、う〜ん、ちょっと高いんだよな。これが K100D や D40 くらいの価格なら気軽に買えるんだけど。

個人的には 5D, 1D3 と来て、さすがに打ち止めだし(という台詞は何度も吐いてきたが… ^^;)、いい加減レンズを充実して行きたいので、別マウントを揃えるなんて宝くじでも当たらなければ無理だが、魅力的な製品が増えるのは楽しいことだ。

とか言いながら K100D の中古が激安になったら、DA 21mm F3.2 Limited と一緒に買ってたりして(笑)

ペンタックス、ゴミ除去機能搭載一眼レフ「K100D Super」

シグマの廉価なダブルズームに超音波モーターが搭載されて発売とのこと。確かに D40 クラスのカメラに向けた商品なのに、超音波モーターがないために D40 で使えないという状況だっただけに、ある意味理に適っているのだが、今までシグマは高級レンズにしか超音波モーターを搭載してこなかったことを考えれば、画期的でもある。

おまけに旧来の超音波モーターなしのレンズとの価格差も5千円程度。実売では 18-50 なんか2千円しか差がない。これならニコン用だけでなくキヤノン用も超音波モーター対応して欲しいし、何よりも他のレンズも全部超音波モーター搭載にリニューアルしてくれたら、少しはシグマを買う動機付けになるかもしれない。

個人的には、18-200 や 28-300 のような高倍率ズームこそ、超音波モーターを載せて欲しいと思うんだけどね。ギコギコうるさいし。あと 17-70 も含めたマクロレンズとか、80-400 や 70-300 みたいな廉価望遠レンズとかも効果あるわけだしねぇ。シグマだから数年のうちに、一気にやりそうな気もするけどね。ペンタックスも超音波モーター対応になるわけだし。

シグマ、D40/D40xで使用可能な超音波モーター搭載レンズ

au の MY割に相当するものを DoCoMo がようやく導入。それに加えて家族で一番割引率の高いユーザーの割引率を全員に適用する新しいファミリー割引「ファミ割MAX」を導入。MY割相当の「ひとりでも割引」と同じく、「ファミ割MAX」も2年縛り。どちらも解約時に1万円弱のペナルティ有り。

ということで、縛り年数延長とペナルティ付きで見た目を安くするプランを DoCoMo も積極拡大する方向のようですが、シャッチョさんが“一歩先行”とか言っても、そんなイメージができるわけもなければ、高いイメージは変わらないと思うけど、まぁ私も含めてオヤジ系な人は昔からずっと DoCoMo という人が多いので、「ファミ割MAX」は悪くないかと。でも、子供が DoCoMo は嫌とか言いそう(笑)

私も P-in Comp@ct と合わせて“一人ファミ割”状態なので(その方が安い)、PHS サービス廃止以後は HSDPA 携帯1つに統一した場合は、「ひとりでも割引」にするか、家族の分を組み入れて「ファミ割MAX」にするかは考えるかな。MNP とか言っても、Felica 系のサービスの絡みもあって、どうせ DoCoMo から乗り換えることはなさそうだし。

そういう意味では、久しぶりに検討に値する料金体系の新設ではあるな。

ドコモ、新割引サービス「ファミ割MAX」「ひとりでも割引」を導入
ドコモ、2年契約の「ファミ割MAX」「ひとりでも割引」
ドコモ社長会見、高さ払拭「新割引プラン」と一歩先行「新組織」

このページのトップヘ