Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

選挙にボロ負けしてすぐに更迭するくらいなら、問題が起きた時にキチンとケジメつけとけば、負けるにしてもあと数議席なりは増えて、ここまで大敗するのを少しでも防げたかもしれないのに、なんとも中途半端なことをする。こんな時期に首にするとは、印象的にはむしろ逆効果でしかないような。

ともあれ、安倍首相が首相としての素養に欠ける最大のものは、人を見る目がない、庇うだけが能じゃないことが判らない、表裏に精通したブレーンがいない、というものだろう。特にブレーンが yes man 的な軽い人材しかいないのは致命的。小泉時代の飯島秘書官みたいな存在がいないことが、この1年の転落ぶりの最大の原因だろう。

政権基盤がなくても民衆人気だけで長期の政権を維持できた小泉時代には、閣僚の不祥事が歴代政権に比べて極端に少なかった。その理由は閣僚任命にあたっての徹底した事前調査やその後の対策であって、それを指揮・管理できるブレーンの存在(そんなことは首相自らやることじゃない)。

顧みて安倍政権の閣僚は、歴代政権でもここまで連続して不祥事続けたことあったっけ?レベル。よくいわれるように、お友達、お気に入り重用すぎたのも原因だし、それを無闇に庇うだけだったり、閣僚の下手な言い訳だけで説明責任を果たしています、みたいな言い方をしていれば、誰もが呆れる。

首相として本当にやるべきこと、重要なことがあるはずなのに、人事でえり好みや下手を打っているようでは進むものも進まない。まぁ正直、安倍首相はちょっとお子様なんだなーというのが、1年間の印象だな。

人事は政治の要なのに、それができないために、日本の行く末を不安定にさせ、民主みたいなものが支持されてしまう世の中になっちゃうんだよな。罪は小さくない。

赤城農水相を更迭 安倍内閣、交代4人目

以前から噂になっていたファームウェアアップデートがとうとう公開。話題になっていた 1.0.9 ではなく 1.1.10 で登場。その内容は…

  • 液晶モニターの再生画像の見えを改善しました。

  • 電子ダイヤル(メイン・サブ・縦位置メイン)の動作異常を修正しました。

  • AI サーボ AF 撮影で、特定の条件において後方の被写体にピントが合いやすい現象を改善しました。

  • メニュー画面のイタリア語と簡体中国語の誤記を修正しました。

  • 電池を入れたときに稀にカメラが正常に起動できない現象を修正しました。


というもの。特に

「AI サーボ AF 撮影で、特定の条件において後方の被写体にピントが合いやすい現象を改善しました」

の一点は大いに気になるポイント。というか、これで AI Servo の不安定さが治って欲しい…と思うのだが、上記5点のうち最後の1点を除いては Ver.1.0.9 と同じという。既に海外のネット上で Ver.1.0.9 の AI Servo 改善は、とても改善されたとはいえないというレポートがあったので、ちょっとガッカリ…気長に待つしかないかな。

本当なら昨日早速アップデートするところだったが、あいにく昨日は早朝から深夜まで出かけていたので、これを書いてる今もまだ未アップデート。昨日ちょっとだけ 1D MarkIII を使ったので、アップデートしておけば違いを確かめられたのだが、AI Servo を使う機会はほとんどなかったので、どちらにしろ大きな違いを感じられなかったかも。とりあえず今夜は激烈に眠いので、今日起きたらアップデートしよう。


(by GR Digital)


【追記】アップデートした。といっても、すぐに確認できるのは液晶モニターでの画像再生の再生品質のみ。今までは RAW 画像を拡大していくとシャープネス0で現像したような画像になっていたが、少々クッキリ感が出てピントチェックには良くなった感じ。

もっとも、5D のダメすぎ液晶に比べて(D200 ほどじゃないが)1D3 の液晶は結構鮮やかに出るので、これでシャープ感が増すと、液晶で確認した時には OK に見えたのだが…パターンが増えないとも限らないな。でも、今までのぼやけた拡大画像よりはずっとマシだ。

問題の AI Servo については撮ってみないと判らないので、また後日。今日は2期滑走路供用前最終日の関空に撮影へ出かけられたら良かったんだけど…残念。

EOS-1D Mark III ファームウェア変更 Version 1.1.0

ANA が下半期からネットチケット割を廃止するのも、これで納得。今後はネット基本、電子チケット基本でやるということなのだろう。海外の LCC (ローコストキャリア)と同じような考え方だ。それも携帯の Felica を基本にやるとなると、なかなか凄まじい。

まぁきっと携帯だけではなく、IC 機能付き ANA マイレージカードなどでもできるようになると思うのだが、それは正式発表が来ないと判らないね。もちろん、空港で発券するのは可能だが、発券されたチケットも2次元バーコード付きで、それを携帯代わりにかざして、ということになるらしい。

ともあれ今までは、ネットで買って電子チケットでやってくれれば若干だけど割引、だったのが、そのうち空港で発券する分には追加料金なんてことにもなったりして。ANA ならやりかねないし、そうなれば JAL も追随だな。

って、JAL も追随するのかねぇ。というか、できるのかねぇ。個人的には回数券がチケットレスになってくれれば、これほど楽なことはないんだけどね。期間や使う空港によっては、回数券1枚1枚についても多少の精算が必要になるのだけど、だからといって回数券で毎度毎度カウンターへ行かなきゃならないのは面倒過ぎる。

というか、回数券をチケットレスにすれば、カウンター業務、特に基幹空港の JGC カウンターはグッと人が減るような気がするのだが…。利用者にとっても事前にチェックインして、セキュリティゲートに直行できるのだから、これほど双方に利点があることも少ないと思うのだがねぇ。

JAL も ANA に追随してチケットレス割引を廃止するくらいなら、とっとと回数券をチケットレスにしてもらいたいものだ。って、これを書いていて思い出したが、そうなると9月末までのチケットレス割引が効く間に回数券をできるだけ溜め込んでおかなきゃならないな…4ヶ月で使える範囲内で。

全日空の国内便、航空券を電子チケットに全面移行へ

au が Google と提携した時に予想はされていたが、Gmail を au 携帯のメールアドレスとして PC、携帯関係なくシームレスに使えるサービスがスタートする。既存の Gmail アカウントを au 携帯用メアドとして使えるわけではないが、新しい Gmail ベースの au one メールは Gmail と同じであって、au 携帯からの認証は端末認証が使えて便利なのも事実。

softbank には Yahoo! ボタンがあるものの、Yahoo! メールが直結で使えるような仕組みはないが、おそらくは au one のように「PCと携帯のサービス融合」を押し進めて行くはずだし、それが一番進めやすい立場にある。

そういった au、softbank に比べると DoCoMo は果たしてどうするのだろう?と思ってしまう。検索の時のように、またアホみたいに対応する検索サービスの数だけ並べて、全く使いやすくもないものを提供するのだろうか?

かといって、どこかと提携するといっても、Yahoo! と Google は取られている現在、あとは livedoor…は Google ベースに移すことを発表しているから無理だし、Excite…は何か考えにくいし(Excite のメールシステムは古臭いまま止まってるしねぇ)、となると楽天(Infoseek)か…って、あそこのメールほど最悪なものはないな。常時メール遅延で、あっという間に DM で埋め尽くされる楽天と提携したら、マジで DoCoMo は止めるよ。

まぁ、ホント DoCoMo はまた遅れを取ったなぁ…という印象しか残らないニュース。この前のファミ割みたいに追従したくても、今回ばかりは簡単にできないような…

KDDI、Gmailを活用した容量2Gバイト「au one メール」開始
KDDI、携帯&パソコンの統合ポータル「au one」
au one メールは「一生つきあえる100年メール」──KDDIの高橋氏

以前、日立 Prius や NEC Valuestar で出ていた水冷PC は、メーカー製ならではの PC として個人的には高く評価していたのだが、Core 時代になってからはご無沙汰していたものの、ここへきてようやくまた復活するらしい。自作や廉価 PC とは一線を画す PC として、またファンレスに近い静けさを実現する PC として再登場は喜ばしい。

ただ、以前の Valuestar はハイエンドに近い設定で高価だった記憶があるので、今回は中級クラスでも全面採用するくらいの勢いで頑張って欲しいと思う。液晶一体モデルの Valuestar がウチにもあるが、とにかくファンの音は凄まじい。なんのための液晶一体、ビデオ録再モデルなのかと思うくらいだ。

今後 PC の差別化を行うにあたって、水冷による静穏は大きなアドバンテージになるはず。自作でもできなくはないが、なかなか大変なので、こういう点ではメーカー製の利点はあると思うし、期待したい。

第4世代はCPUとHDDを冷やす──NECの水冷PCが秋冬モデルで復活する
日立とNEC、第4世代のPC用水冷ユニットを開発

このページのトップヘ