Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

au が Google と提携した時に予想はされていたが、Gmail を au 携帯のメールアドレスとして PC、携帯関係なくシームレスに使えるサービスがスタートする。既存の Gmail アカウントを au 携帯用メアドとして使えるわけではないが、新しい Gmail ベースの au one メールは Gmail と同じであって、au 携帯からの認証は端末認証が使えて便利なのも事実。

softbank には Yahoo! ボタンがあるものの、Yahoo! メールが直結で使えるような仕組みはないが、おそらくは au one のように「PCと携帯のサービス融合」を押し進めて行くはずだし、それが一番進めやすい立場にある。

そういった au、softbank に比べると DoCoMo は果たしてどうするのだろう?と思ってしまう。検索の時のように、またアホみたいに対応する検索サービスの数だけ並べて、全く使いやすくもないものを提供するのだろうか?

かといって、どこかと提携するといっても、Yahoo! と Google は取られている現在、あとは livedoor…は Google ベースに移すことを発表しているから無理だし、Excite…は何か考えにくいし(Excite のメールシステムは古臭いまま止まってるしねぇ)、となると楽天(Infoseek)か…って、あそこのメールほど最悪なものはないな。常時メール遅延で、あっという間に DM で埋め尽くされる楽天と提携したら、マジで DoCoMo は止めるよ。

まぁ、ホント DoCoMo はまた遅れを取ったなぁ…という印象しか残らないニュース。この前のファミ割みたいに追従したくても、今回ばかりは簡単にできないような…

KDDI、Gmailを活用した容量2Gバイト「au one メール」開始
KDDI、携帯&パソコンの統合ポータル「au one」
au one メールは「一生つきあえる100年メール」──KDDIの高橋氏

以前、日立 Prius や NEC Valuestar で出ていた水冷PC は、メーカー製ならではの PC として個人的には高く評価していたのだが、Core 時代になってからはご無沙汰していたものの、ここへきてようやくまた復活するらしい。自作や廉価 PC とは一線を画す PC として、またファンレスに近い静けさを実現する PC として再登場は喜ばしい。

ただ、以前の Valuestar はハイエンドに近い設定で高価だった記憶があるので、今回は中級クラスでも全面採用するくらいの勢いで頑張って欲しいと思う。液晶一体モデルの Valuestar がウチにもあるが、とにかくファンの音は凄まじい。なんのための液晶一体、ビデオ録再モデルなのかと思うくらいだ。

今後 PC の差別化を行うにあたって、水冷による静穏は大きなアドバンテージになるはず。自作でもできなくはないが、なかなか大変なので、こういう点ではメーカー製の利点はあると思うし、期待したい。

第4世代はCPUとHDDを冷やす──NECの水冷PCが秋冬モデルで復活する
日立とNEC、第4世代のPC用水冷ユニットを開発

何回、何をやっても大した処分をしない相撲協会。舐められるのも当然だわな。今回はどうするのか判らんが、首にするとまでできなくても前代未聞の出場停止くらい…と思ったが、サボるの大好き横綱にとっては、それじゃあ願ったり叶ったりだろうな。ま、もう一人横綱できたんだし、もう首にしたら良いのに。

朝青龍が理事長に謝罪「反省します」 サッカー問題、処分へ

今日の大阪は未明に雷雨、朝からは曇りで昼過ぎに弱い前線が通過したものの、一瞬パラッと小雨が降った程度。その後は晴れてきた。前線が通過して空気が入れ替わって湿度が下がり、さらに北風が吹いているので、本当に心地よい夕刻になった。初秋を思わせるような、そんな夕方。


(by GR Digital)


とはいえ、こんな心地よさも今宵だけ。明日はまた蒸し暑さ大復活、蒸し風呂状態になるようだ。はぁ…

朝5時に大阪で鳴り響いていた雷が、いま東京でドカンドカンやってるようだ。新幹線も一時止まっていたようだ。それにしても5時頃に関西で降っていた雷雨が、7〜8時頃には愛知へ、そして更に発達して静岡へ移動し、昼前から首都圏とは、考えてみると高速道路で東京へ行くのと変わらない速度で前線(低気圧)が移動していることになるな。この時期としては速いような気が。

前線の移動はちょうど、“気象庁の解析雨量・降水短時間予報の東海地方のページ”で、動画方法を「12時間前から現在」にして動画開始させると良くわかる。今の時間(7/30 11:30)だと、昨晩の首都圏雷雨の名残の雲が消えるところから、未明に関西へやってきた雷雲が東に移動し、三河山地で急激に発達するのも良くわかる。

ちなみに都内は、この雷雲が抜けても、夜にはまたもう一回雷雲がやってくる予報になってる。

東京23区と多摩、神奈川、山梨、静岡に大雨洪水警報
気象庁|解析雨量・降水短時間予報:東海地方

このページのトップヘ