Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

もちろん外れました X-) 当たってたら、ここを定期的に見ている数少ない人たち全員に好きなモノを買ってあげたかったのですが、誠に残念です(笑)

というか、今回は貧乏なので5口しか買ってないけど、ガンバ vs FC東京の試合が 22020 って、なんでやねん。ホーム(ガンバ)勝利が1つもないやん(toto の数字は 0 が引き分け、1 がホームチーム勝利、2 がアウェー勝利を意味する)。これだからコンピューターランダムな BIG は嫌なんだが…

でも現状 toto も BIG ばかりが買われてる状況だからねぇ。普通の toto は買う人が少ないから、当たっても返りがしょぼ過ぎる。今回のように割と順当な結果になると当てる人も多いから、全試合的中の1等で 67万円だもんね。ギャンブル要素としては魅力は薄いわな…

ちなみに宝塚記念。人気落ちしたムーンの単勝は割と美味しいかと思って買ってありましたが、本命はサムソンだったので3連単は全外れで、ムーンの単勝の分で元返し程度。3連単じゃなくて3連複にしておくんだった…ちなみにウォッカは雨予報の時点で切りました。が、それ以前に珍しく向こう正面で引っかかっていたねぇ。凱旋門賞はどうするんだろう?

ついに出た史上最高6億円! totoBIG、1等は2口的中
サッカーくじBIG、最高額6億円が2本

先週末に発表になった emobile の新しい料金プラン。通常 5,980円一律のところを最低 3,480円、最高 6,480円の2段階定額にするというもの。まぁ妥当なところか。ま、でも普通に emobile を使えば簡単に最高額に達しそうなだけに、結局は通常プランより 500円儲かりそうなだけど、見た目の最低料金は安くなるので、月額料金に躊躇いがある人には一見魅力的かも。私も一瞬惹かれてしまう。

しかし冷静に考えると、最低料金の 3,480円では 17MB まで利用可能というが、PHS でチマチマやってるわけではない準ブロードバンド環境なので、それくらいは一瞬かと。PC で十数分ウェブサーフィンしていれば到達しそうな転送量だ。そして 52MB で最高の 6,480円に達することになるが、1時間もあれこれウェブを見ていて簡単に使い切りそうなレベルで、正直これでは2段階定額の意味はあまりないように思える。

emobile ユーザーの平均トラフィックは月 1〜1.5GB というから、52MB で上限金額に達するというのが、いかに意味のないものかが判る。よっぽど滅多に使わない人向けと言えるが、月々のトラフィックが 52MB 程度で収まる人なら、エリアが激狭い emobile じゃなくて Willcom を選ぶだろう。

というわけで、冷静に見ると、この emobile の新2段階定額プランが、いかに営業的に作られたプランかが伺える。せめて2〜4倍のトラフィックで上限にしないと意味がない気がする。

加えて、ちょっと期待していた USB タイプの端末。PCMCIA スロット搭載 Windows ノートでも ExpressCard スロット搭載 MacBook Pro でも使える唯一のソリューションだから期待していたのだが、なんか今時なんでこんな大きい端末なの?というくらい大きく、ダサいもので萎え。

モバイル用途なんだから、USB コネクタに直刺しできるくらいコンパクトな端末じゃないと意味ない。やっつけ仕事なのか?と思うくらいの酷い端末だ。

イー・モバイル、月額2,480円〜の2段階制定額プラン導入
イー・モバイル、基本3480円/2段階定額の「ライトデータプラン」を開始─7月から
イー・モバイル、USB接続型データ端末「D01HW」を発売

昨日は朝から夜まで間断なく雨。今日は朝になれば晴れている予報だが、日付が変わった今でも、まだ弱いながら雨音が止まない。でも、一日中ずっと雨だったのは久しぶり。雨音だけがずっと BGM というのは結構好きだ。仕事にするにせよ、本を読むにせよ、一番こころ落ち着く。天気の良い日は、青い空の誘惑が邪念を引き起こしがちだ :-)

Fresh green leaves
(by EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM)


しかし諸々予定が狂い気味の昨今。こんなことは日常茶飯事だし、お客さま第一だから仕方ないのだが、仕事のスケジュールが大きく延期とかになると色々困った事態になるわけで、ちょいと心配ではある。かと言って、別件の話をサクッと入れてしまうと、バッティングして死亡ということにもなりかねないし、判断が難しい…

長かったねぇ。とっくの昔に開通しているはずだったのに、キチガイ団体のせいでようやく開通。これで八王子〜鶴ヶ島間が R16 経由に比べて4分の1、90分短縮という劇的効果ではあるが、圏央道は中央道・関越道とは料金体系が別でかなり割高なので(※)、地元政治家からはかなり批判されていて、イベントに地元の八王子市長や市議が抗議として欠席するなど、最後まで色々あるようだ。

その料金面では、先日書いた新しい割引制度が今日から始まり、日休日の時差ドライブ向け割引はこの圏央道も対象になっている。が、R16 の渋滞解消だけでなく環八渋滞の緩和までを考えれば、もっと思い切った割引制度があってもいいはず。

例えば甲府昭和IC から高井戸IC までは 3,000円かかり、甲府昭和IC から圏央道経由で練馬IC までは 4,650円である。その差 1,650円は小さくない。いくら環八渋滞を避けることができるといっても、トラックなど頻繁に使う人にとっては厳しいだろう。この差をせめて半分程度にするような施策があれば、環八渋滞緩和の効果も大きく出るように思う。

新座料金所への負担が大きくならないように割引適用時間帯は制限されるべきだろうが、外環西側がいつできるか判らない状況では、圏央道には単純に R16 渋滞緩和だけでなく、環八までの渋滞緩和を視野に入れた施策はあってしかるべきだろう(例によって社会実験になっても)。それでなくても圏央道の料金はホント割高なのだから。

※一般に“高速道路”と呼ばれる道路(高規格幹線道路)は、実際には何種類かに分かれている。東名・名神を始めとする一般的な高速料金体系にあるのは高速自動車国道というもので、ターミナルチャージ 150円に普通車 24.6円/km を基本として決められている(都市部や長大トンネルは割増)。

しかし○○道、△△道路などと通称されている高速道路には、高速自動車道路以外のものもある。一つは「高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路」というもの、もう一つは「国土交通大臣指定に基づく高規格幹線道路(一般国道の自動車専用道路)」というもの。どちらも名前が長いし、話はややこしい。

ややこしいが、とにかくこの2つに指定されている路線は、先の高速自動車道路と違って、それぞれの道路で料金体系が違う。何故なら高速自動車道路は全国プール制というヤツで全国の高速自動車道路をまとめて会計しているのだが、後者2つはそれぞれの道路単独で建設費の償還も含めて会計するのが基本(最近は近くの複数道路をまとめている例もある)。全国均一料金体系からは外れている。なので、どうしても料金が割高になりがち(全国プールには東名など償還が終わった超黒字路線の利益がつぎ込まれてるから)。

たとえば「高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路」では京葉道路(一部)や伊勢湾岸道の一部“名港トリトン”が代表的なもの。京葉道路は明らかに料金体系が高速道路とは違うと感じている人は多いだろうが(平行する東関道と料金が違うしね)、伊勢湾岸道は(前後で接続する)東名や東名阪、名神と同じ高速自動車道路だと思われがち。しかし伊勢湾岸道には途中に名港トリトンと呼ばれる区間があって、そこは料金体系が異なる(かなり割高)。

この「高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路」の場合は、概ね○○道路と名付けられている場合が多いので、まだ高速道路じゃなくてバイパスとして違いを感じることもあろうが、「一般国道の自動車専用道路」ではそのほとんどが○○自動車道と名付けられているので、最初の高速自動車道路と名称だけで判別するのは難しい。

圏央道(首都圏中央連絡自動車道)しかり、東海環状道しかり、京奈和道しかり、日高道、三陸縦貫道、中部縦貫道、西九州道…などなど。これらも料金体系は高速自動車道路と異なり、それぞれで決められている。名称だけでは最初の高速自動車道路と区別はできない。そして単独償還を想定して料金を決めるだけに割高になるのが通例である。

圏央道9.6キロが午後開通 中央道と関越道が直結
圏央道開通特設サイト

WWDC の隠し球で登場したものの、いきなりセキュリティホールの連発と日本語非対応でボロボロだった Safari3。昨日再びアップデートされて、英語版サイトでは 3.0.2 がリリースされており、そこにはセキュリティフィックスとともに「Fixes for text display, non-English systems, and start-up times」と書かれていて、確かに最初から日本語サイトが表示可能になっている。

とはいえ、まだ文字化けするサイトもあるし、致命的なのはフォームに日本語入力ができないということ。まだまだやね。あと、インストール先が強制Cドライブというのは、あまり行儀が良くないな。

Safari for Windows に影響されたというわけじゃないが、MacOS X 上のメインブラウザをここ数日 Safari(こちらはまだ 2.0.4 のまま)にして試している。Firefox より速い、フォントがきれい、そういったメリットがあるのは判っていたが、Firefox と Google Browser Sync でマシン間状況の共有をはかっている私としては、最初からずっと Firefox 派だった。

が、まぁ一度くらいは Safari をじっくり使ってみないと偏見が生まれそうだとは思っていたので、この機に Safari を使っているのだが、正直やっぱり微妙。確かに利点はあるけれど、自分の使う範囲では欠点もそれ以上に多い。普通にウェブを見るだけ、なら Safari の方が良いのかもしれないが、私の場合それだけじゃないしね。

フォントが Safari の方がキレイというのは確かにある。あるけど、私にとっては、乗り換えるほどの大きな差じゃない。それに Windows と MacOS X の差が 100 とすれば、MacOS X 上の Firefox と Safari の差は 20〜30 くらいじゃね?という感じ。明朝系にフォント設定しているとかなり 50 以上の差はあるかもしれないが、ゴシック系フォント基本だから、別に Firefox でもあまり見難くはない。というか、Windows に比べれば、どっちも天地の差がある。

Safari3 でも自慢していたレンダリング速度については微妙。Ajax 系サイトは元からあまり Safari でも速くないというか、体感では変わらない。起動速度についてはかなりの差はあるけど、これは Windows 上の IE と Firefox でもそうだし、IE と Firefox の差よりずっと少ないから我慢できる範疇。Firefox も TMP (Tab Mix Plus) などの Plug-in を入れていると更に遅くなるからね。

ともあれ、そういった部分で多少の利点は認めるが、反面

  • Firefox ではフル対応していても Safari では対応しきれてない Ajax 系サイトの多さ(まぁこれは私自身が作る時もそうなんだけど)

  • とことん自分好みにカスタマイズできる Firefox に比べ、Plug-in も含めカスタマイズできる範囲の少なさ

  • FireBug, WebDevelopper など開発系 Plug-in がない不便さ

  • (プルダウンメニューじゃない)Safari のブックマーク表示のやり方は馴染めそうにない


という自分にとっての不便さが辛い。正直常時使うものだからストレスが溜まる。

この Livedoor Blog でも投稿画面でリンクを貼るためのボタンが Safari では出てこない(それくらいは対応しろよ…と思うのだが)。自分でタグを書くことは簡単だけど、便利さは少し失われる。そういうレベルの不便さも、あっちこっちであるとトータルとして大きくなる。

カスタマイズもそう。タブの挙動については TMP も含めて自分なりに欲する挙動がハッキリしている。_blank で開くリンクをクリックした時は新規タブで開いてフォアグラウンドになって欲しいが、右クリックでリンクをタブを開くとした場合にはバックグラウンドタブになって欲しいとか、新規タブで開いて行く際の順番とか。細かいが、そこが重要だったりする。その辺 TMP は極めて細かく設定できて重宝する。何より新規タブを作った時にデフォルトページが開かれないのがストレス溜まるしね。

ま、そんなこんなで色々耐えながら?数日間使ってきているのだが、そろそろ限界かな。決して悪くはないし、フォームボタンのデザインセンスとか、MacOS X で日本語モードでもスペースキーでスクロールできるとか、マウススクロール時のスクロールが滑らかだとか、細かな部分で良さは感じることも多いんだけど、如何せん Firefox のように“環境”にはなり得ない。ブラウザの範疇で、まだ OS を越えた共通環境にはなれる要素がない。

FireBug や WebDevelopper が必要な時は切り替えるとしても、もうちょっとカスタマイズの範疇が広がらないと厳しいかな…というのが現状。慣れればいいことではあるかもしれないが、Firefox がある以上、敢えて慣れる必要もないわけだしねぇ。と思いながら、これも Safari で書いてるわけだが。

でもまぁ、これからサイト構築で Safari もちゃんとフォローアップする必要が出てくるのならば、敢えて Safari を使っておいた方が良いのかもしれない。Firefox 使ってると Safari の出番は皆無だし。でも開発側からすると、Apple は要らんもん出してきやがって…と思うことは多いだろうな。私も正直そう思うところはあるし。テストの手間を考えろよな…

このページのトップヘ