Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

そういえば一昨日、2〜3ヶ月ぶりに千里川へ行ったわけだが、GWから始まった千里川の立ち入り規制ロープが今なお張られていた。


(by GR Digital)


空港フェンスの侵入者探知が振動検知式になったため、家族連れの子供やアホなカメラマンがフェンスに触れるたびに警備員がすっ飛んでくることになっていたため設置されたようだが、最初張られた時は「GWだけじゃね?」という楽観的な見通しもあったが、そんなことはなかったようだ。

永久的な措置なのかどうかは知る由もないが、それでなくてもフェンスが高くなって滑走路側は撮影しにくくなった上に、これはちょっとキツい措置だ。というか、千里川という場所を考えれば、フェンス以上に厳しくなった感がある。

フェンスの高さは気合いがある人なら脚立でクリアーできるレベルだし、着陸ならスカイランド HARADA という場所もある。けれど、千里川名物と言える、フェンス間際の千里川堤防下から広角で見上げて撮る、千里川ならではシーンを撮るのが不自由になってしまった。

People look up at ANA's A320 in dusk
以前のこんな構図は難しくなってしまった…
(EOS 5D + EF24-105mm F4L IS USM)


滑走路のセンターライン部(石垣の段差がある“お立ち台”のところ)からやや左手の部分は、千里川堤防部から少しだけ下がれるようになっているのだが、フェンス際までは行けない。フェンスまで約2mあるうち、1m弱くらい降りれるという感じだ。

しかし、ここからだと 17mm で何とか飛行機と飛行機を見上げる人が少し入るくらい。以前のような大きく撮るのはもっとワイドでないと厳しくなった。1D MarkIII の場合はシグマの 12-24mm でも持ってこないと無理になってしまった。

また、その部分以外は全く降りれないようにロープが張られているので、上の写真のようにやや横から撮るのは無理になってしまった。ホント、残念。これくらいで文句言ってると、他の空港ベースの人からは贅沢すぎると言われそうだが…

ANA's A320 (JA8393) landing to RJOO in dusk
(EOS 1D MarkIII + EF17-40mm F4L USM)


そういえば、先日雑誌を読んでいたら、鹿児島空港の展望デッキに羽田空港並みの高いフェンスが設置されたということを知ってショック大。鹿児島空港の展望デッキは横に長く広々としていて、フェンスもなく、目の前の滑走路の先に霧島連山が広がっていて、とても気持ちよい、そして写真を撮るのに絶好の場所だった。

そんな素晴らしい景色をぶち壊すかのような高いフェンスが設置されて、一部透明になっているところはあれど、レンズ穴もない状況らしい。大好きな空港展望デッキだったのに最悪だ。

ってか、こんなことならもっと通っておくべきだった。去年行った時は工事の気配もなかったし、あんなド田舎空港にも高いフェンスが設置されるとは思いもしなかった俺がアホだったなぁ…orz

朝起きた時から頭がスッキリしなかったが、夕方になってクシャミ連発→少し鼻風邪な感じになって微妙な体調。決して体調が悪いというわけではないのだが、腰痛気味だし、なんか軽い胃痛もあったり。なんだかねぇ。

今日は天気も晴れ予報だったのに、ずっと曇りがち。晴れていれば、今日またもう一度、伊丹へ 1D MarkIII の試し撮りに出ようかと思っていたのだが、天気も体調も微妙だったので止めておいた。そうそう遊んでる余裕もないし。



行くなら今日は、明るい時間にスカイパークで EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM を使ってテストしたかった。昨日の千里川では、わざと悪条件で試していたこともあって、AF がどうも外しまくりだったので、明るい時間にもう一度チェックしておきたかったのだ。日曜の午前中には伊丹空港近くまで出かける所用があるのだが、日曜は天気が悪いっぽいので、テストできるかどうか判らないのが辛い。

まぁ、どちらにしても6月中に一度 5D も含めて全部キヤノンに出してピント調整してもらう方向かな…

俺も満足してません。後半はちょっとストレス溜まり気味。ホームなんだし。2点目は(A代表では)久しぶりに良いゴールをみせてもらった、という感じだけどね :-)

日本、モンテネグロに快勝 オシム監督「満足していない」

今朝 Parallels Inc. から DM が来ていたが、まだβ版のリリースすらない状況で、「6/6 までにアップグレード料金払ってくれたら、アップグレード料金 $49.99 のところを $39.99 に安くしておくよ〜」と言われても、ちょっと躊躇うところがないわけでもない。が、今回もまたアップデートされる新機能は凄い。ざっと目玉部分を挙げても、

  • VMware Fusion が先行していた DirectX 対応だけでなく、さらに OpenGL すらも対応。デモ画面のゲームを見る限り、DirectX は 9.0c 対応??(VMware Fusion は DirectX 8 止まり)

  • 他の仮想ソフトが対応していたのに Parallels だけが対応してなかったスナップショット機能がようやくサポート

  • ようやく Linux Tools がリリースされるようで、これで Parallels 上で Linux がまともに使えそう。

  • 異種 OS 間でのプリンタ共有のサポートなど、共有機能の強化


といったところ。これらが全て安定して使えるなら一も二もなくアップグレードするのだが、現状の Parallels は日本語キーボード周りでクラッシュするなど、微妙に不安定な面もある。

正直今まで、US & Windows のみに焦点が絞られすぎて、Windows 以外や国際化絡みの機能については VMware Fusion の方が安心して使えているのも事実。CPU にかかる負荷も Fusion に比べると若干多めなのも気になっている。

このところ VMware Fusion が正式リリースされたら、Parallels から移行しようかな?と思っていただけに悩ましい。ここでアップグレード料金を払ったら、Parallels ベッタリになりそうだしなぁ。

Parallels の新機能実装への開発力は素晴らしいけれど、もうちょっと細かいところまで見て安定に注力してほしい気はするんだよなぁ。でもまぁ $39.99 だったら払ってしまうかな…

ついにOpenGLとDirectXに対応、「Parallels Desktop for 3.0 Mac」予約開始
Parallels Desktop 3.0 for Mac Upgrade

このページのトップヘ