Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

秋から「ウルトラセブンX」という名前で放送されるらしい。それも特番ではなく、通常のテレビシリーズでの復活。セブンの見た目や、変身する時のウルトラアイや必殺技のアイスラッガーなどの基本ラインは踏襲するようだ。オリジナルの人気は未だに高いし、その印象は強いので、下手に改変したらクレームが殺到しそうだから妥当なところでしょうな。

ウルトラセブン 40年ぶり復活

昨日発表の長期予報で、今年の夏は猛暑→冷夏かも?と変わっていった予報は、やっぱり例年並みの暑さで残暑は厳しいかも、という予報に変更されたようだ。まぁ、気象庁の長期予報のページを見ると判るが、プルダウンメニューから3ヶ月予報を選んで見てみると8月は、沖縄・奄美・九州南部・北海道を除いて、気温が低い:平年並み:高いの確率が 30% : 40% : 30% という、

どっちへ転んでも良いような確率予報


で、長期予報はいつもこうだけど、これでは予報と言えるのか…と思う。そりゃまぁ予報自体が確率に基づくものかもしれないが、3 : 4 : 3 と言ったら「どうなるか判りません」と言う方がよっぽど正直だろう。

ちなみに残暑が厳しい予報と言うのは、9〜10月の気温の長期予報が、東海から西が 30% : 30% : 40% で気温の高い確率が一番高く、また関東や北陸から北と沖縄は 20% : 40% : 40% というように気温が高くなる確率が高いので、残暑が厳しいという予報らしい。

でも感覚的に冷夏だった時は、9月になってからの方が意外と暑かったりという印象があるわけで、おまけにこういう年は紅葉も遅れたり、あまり色も良くなかったりするんだよなぁ…

ま、それよりも関西は梅雨明けしたのに昨日今日とハッキリしない蒸し暑過ぎる天気だし、東京は東京でいつ梅雨明けするか判らん天気だし、どっちにいてもなんだかなぁ〜な天気だ。

8月は平年並みの暑さ、残暑厳しく 気象庁3カ月予報
東・北日本の梅雨明け、8月にずれ込みも・気象庁

オシムは疲れのせいにしていたけれど、疲れと言うなら相手の方が日程的にも、移動的にも辛かったのだから、言い訳にはならない。試合を見ていた限り、点差は1点差だけど、明らかに力負け、個人技を止められなかった印象が大きい。そういう意味では完敗に近い。

最初の2点は取ったらすぐ取り返す形になったが、2点目取って同点にして、またすぐ勝ち越し点を入れられたのは痛かった。中沢にしても、阿部にしても点を取ったのは良いが、彼らの本職は CB (DF) であり、中央にいる守りの要。それがサウジの FW、ジャシムやマレクに良いようにされていたのでは勝てないのも仕方ない。

無論、システムの問題だから CB 2人の責任だけではないし、まぁハッキリ言えば、今大会の前から不安視されていたように、「闘莉王がいたなら違っていたかもなぁ…」という在り来たりな思いに繋がるのだが、それを除いても今大会の DF は悪かった。最初の試合からずっとそうだった。

攻撃の組み立てについては、中村俊輔だけでなく遠藤へボールが回ったり、W中村+遠藤でのボール回しなど、プチガンバ的な攻撃がかなり機能してきたけれど、この試合にしても、ボール支配率は3分の2の割には崩し切れないのは、まだまだ未熟な証拠。相変わらず決定力に欠けるのはもはや日本の伝統だが、とにかく DF はここ 10年で一番悪い気がする。それでは勝ち切れないだろうし、W杯への展望も明るくない。

ただ、何度も書いてるけれど、ジーコの時にアジア杯を勝ったことと比較して今がダメだとは決して思わない。ジーコの時は勝っても、ひたすら目の前だけの話だけだった。アジア杯を勝っても、その先に大きな伸びしろも、選手代えていっての可能性も感じなかった。でも、このチームは違う気がする。いい加減オシムが一部チーム選手の偏重を止めれば、の話だが。もっと選出すべき人材はいたと思うのだけどね。

いまさら韓国相手の3位決定戦はどうでもいいが(燃え上がるのはあちらさんの国だけで十分。日本は控えに経験を積ませて欲しい)、このあとは 8/22 のカメルーン戦と、9月の欧州遠征2試合(オーストリア、スイス)。なんだか中途半端だ。特にカメルーン戦は、Jリーグ後半日程のど真ん中に、無理矢理ねじ入れてやる必要があったのか。おまけに客が入らない九石ドームなんかで。まったく何考えてるのか判らん。

それから、ホント今回のアジア杯で一番最低だったのは、テレビ朝日。ホント、テレ朝はサッカー中継から手を引いてくれ。今までもそうだったが、何もかも酷すぎる。酷過ぎるにも程がある。BS 見られない状況だと、テレ朝の中継を見るたびに、テレ朝なんかなくなれば良いのに!と思うわ。

オシムジャパン、守備陣崩壊で最多失点負け…アジア杯3連覇逃す
3連覇夢散…オシム監督負け惜しみ

なるほどねぇ。ま、livedoor のメールサービスは全く利用していなかったし、Gmail のアカウントがまた一つ増えるのも何だが、まだ Gmail の方が使う気になるかも。気だけで、きっとほとんど使わないと思うけど…

ライブドア、Webメールに「Gmail」のシステムを採用してリニューアル
大手ポータル初、ライブドアが無料メールにGmailを全面採用--数千万円のコスト削減に
livedoorメールにGmail採用 「黒字化へ最後の一押し」

昨日 ANAM から塗装された機体が出てきた写真が某所にアップされて、明日朝から就航だったから、きっと今日伊丹から成田へフェリー(回送電車の飛行機版)されるのだろうなぁ…と思っていたが、今日はそんな状況ではないので断念。明らかに関係者しか撮れないグラウンドから某所へ写真ををアップしてくれる人や、いつも俯瞰で伊丹の動向を某所へレポートしてくれる人の写真を見てると、15時すぎに伊丹を離陸したらしい。残念…

そういや明日は午前中、関空へエーデルワイス航空のチャーター機がやってくるようで(二度目)、今回は晴れて良い天気だし、おそらく R/W24 だろうから良い写真が撮れるだろうな…。私は悠長に写真を撮りに行ってる状況ではないので到底無理だが orz

エーデルワイスは夏の間に、もう一度関空へ来るのかな?そんな話も見たような気がするが…基本的に飛行機そのものには大して興味がない(それは鉄でも同じで車両、機関車そのものは大して興味がない)のだが、エーデルワイスみたいなペイントは何か撮ってみたいと思わせる。滅多に来ないから特別塗装じゃなくても特別。でもああいう機体の塗装を撮るには R/W24 じゃないとねぇ。

普段関空へ来ない航空会社も夏休みの繁忙期には季節便を関空へ飛ばすし、気がつけばあと 10日もしないうちに第二滑走路が完成するわけで、その前に何とか…とは思うが、公私ともども忙し過ぎる。

SKYMARK's B737-800 into the afterglow
これは神戸空港 (by EOS 1D MarkIII + EF70-200mm F2.8L IS USM)


パンダ柄が空を飛ぶ 25日北京便でデビュー ANA

このページのトップヘ