Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

なんとか、かきいれ時の夏休み中に、それもお盆前に再開して少しでも稼ごうと必死だな。こうなって、どれだけの人が行くのか疑問だけど。閉園になったら寂しくなると思っていたけど、最近は閉園で良いと思うわ。GWとかのエキスポ渋滞もなくなるし。

コースター事故で休止のエキスポランド、10日にも再開

もうモンゴル帰って、ゆっくり休んだら良いんじゃないかな。永遠にな。チャンピオンになって地位も収入も得るということは、その分の義務も責任も存在するってことが判らないなんて、国に帰ってみんなに慰めてもらえば良いよ。どうせいつも通り、日本を出国して5分以内に元気になるんだろうし、もう散々金も稼いだろうから、もう帰ってこなくていい。引退して親方になるつもりがないんだから、もう廃業でいいだろ。

だいたいやりたい放題やって、周囲も限界越えて怒ったら鬱って、ガキでもそこまで酷くねーよ。こんなヤツを横綱にした、やりたい放題させて今までロクに監督や叱責をしてこなかった協会幹部も情けなさすぎ。相撲協会は元から硬直化したシステムだから責任問題すら出そうにないけど、ふと我に返ると最近のサッカー協会も似たような感じだよなぁ。サッカー協会も既に硬直化してるということか。

朝青龍、無表情で返事なし 今週中に帰国の可能性も

DoCoMo の PHS サービス終了に伴う移行措置が徐々に発表されているが、今回の発表は同じ PHS サービスを行っている Willcom への移行優遇措置。ポイントは以下の通り。

  • 電話番号そのままに移行可能に

  • ウィルコム契約手数料 ¥2835 が無料

  • 電話機およびデータカードを無料提供(5機種のみ対象。W-Zero3 シリーズは対象外)

  • DoCoMo PHSの契約年数を引き継いで、長期割引を適用可能(定額プランは対象外)

  • 移行は DoCoMo PHS サービス終了後の来年1月8日以降


というもの。DoCoMo の FOMA 端末への移行と、ほぼ同じような措置が取られるので Willcom へ移行を考えている人には悪くない。来年からというのが少し難だし、W-Zero3 は対象外とか美味しいところはさほどないし、Willcom の長期割引は大したことないので、まぁ特に強く惹かれるところはないかな。

私自身は何度か書いてるように、64K 定額サービス(月額 ?4,200 という話だが)や 905i の動向を見て年末までに決める、という態度は変わらない。なのに、DoCoMo は定期的に電話かけてくるんだよなぁ。「分かってるから、もう電話してくんな!」と言ってるのに、しつこいから嫌になる…

ドコモのPHS、同一番号でウィルコム引き継ぎ可能に
2008年1月サービス終了のドコモPHS、ウィルコムへ同番移行可能に

前の記事で青春18きっぷ絡みのことを書いて思い出した、書きかけの内容を仕上げて投稿。少し前に、電車の中で暇だったので、東京大阪間を青春18で移動する経路について調べていた。といっても、普通は東海道線を使う経路で、それについては学生時代の頃から何度も(まぁ十数回ではきかない)してきたし、その経路については経路探索サービスなんぞ使わなくても青春18きっぷ関連のサイトへ行けば、たとえばココのように各方面への時刻が完全解説されているところは多い。

学生時代は費用を浮かすためだったが、今たま〜にやる時はむしろ贅沢である。東京大阪を最短でも8時間半、だいたいは9時間以上かけて移動するのは、この上ない贅沢な移動だ。ま、ちょっとしんどいけど(熱海まではグリーン車が使えるし、豊橋から先は車両も良くなるんだが、その間がねぇ)。

しかし同じ経路を行くのは、さすがに飽きる。かといって青春18で列車旅なんて、東京大阪間の移動で贅沢する時にやってみるくらいしかない昨今。そんなわけで、飽きた東海道線以外のルートも考えてみるわけだ。東海道線の場合、前述のように熱海〜豊橋間の椅子が辛いし、静岡〜浜松間は何も見るべきものがなくて死ぬほど苦痛だ。

というわけで、東京→大阪間の別ルートを妄想するわけだが、最初に考えられるのが

(1)中央本線経由(新宿→塩尻→名古屋→米原→大阪)

のパターン。私自身、何度か通ったルート。東海道線と違って一切海を見ることがないけれど、そのぶん山の景色は素晴らしい。特に甲府盆地に出てきたところの勝沼ぶどう郷駅から甲府盆地へ降りて行く風景(塩尻に向かって左手)、有名な寝覚の床(名古屋へ向かって右手)なんかは絶景だ。小淵沢へ向かう途中の八ヶ岳(右手)も良い。

ま、そうは言っても、中央本線回りとなると大阪までの所要時間は12時間前後になる。塩尻を挟んでの中央東線・西線両側とも鈍行の本数が少ない区間だし、それゆえに塩尻での乗り換えで大きく時間ロスをすることもある(塩尻の駅前って未だに何もないし、見るところもないしねぇ)。

携帯の NAVITIME で調べた結果だと、今月平日の一番早い時間のプランが

新宿05:41→06:40高尾06:42→09:57塩尻10:39→12:33中津川12:40→13:54金山14:09→14:44大垣15:04→15:40米原15:51→17:13大阪

となり(中央線回りとしては、かなり効率の良いパターン)、終電?が

新宿11:48→12:33高尾12:49→14:26甲府14:44→16:39塩尻16:57→18:43中津川18:51→20:08金山20:24→21:36米原21:43→23:33大阪

となる。15時すぎからでも大阪に辿り着ける東海道線経由と違って、やはりかなり時間的には長くなるが、富士山だけでなく南アルプス、八ヶ岳、木曽谷の景色を楽しみつつ行くのは、なかなか良いのも事実。それに東海道線ほど青春18軍団がいないしねぇ。

(2)関西本線経由(東京→静岡→名古屋→亀山→加茂→大阪)

名古屋から大阪の間を東海道線ではなく、関西本線経由にするパターン。乗り継ぎのタイミングにもよるが、東海道線経由より+1時間半〜2時間。ぶっちゃけ、通っても面白みのないルート。東海道線に飽きたから目先を変えて通るだけの経路と言ってもいいくらい。

特徴があるとすれば、亀山〜加茂間は未だに非電化のローカル線であり、東阪間移動で唯一と言ってもいいディーゼルカーの旅が楽しめること。まぁそれにどれくらいの意味があるかどうか分からないし、風光明媚な路線でもなければ、亀山?加茂間の列車本数は少ない上に月に一度は昼間運休する日があるくらいやる気ないしねぇ。

おまけに東海道線経由で東京から来る場合には、豊橋でようやくまともなシートの列車に乗れて、米原まで行けば、あとは新快速で一気に…というところで、名古屋でわざわざ関西本線に乗り換えるのは、ちょっとキツいものがある。私自身このルート通って東阪往復をしたことはあるが、その時は東京行きだった。

東京→大阪の始発?パターンとしては、

品川05:10→06:21小田原06:22→06:45熱海06:49→09:18浜松09:30→10:04豊橋10:07→10:57名古屋11:08→12:18亀山12:45→14:04加茂14:16→15:26大阪

終電パターンとしては、

東京12:53→14:47熱海14:52→15:58興津16:08→17:43浜松17:52→18:25豊橋18:34→19:28名古19:30→20:00四日市20:09→20:38亀山21:13→22:30加茂22:38→22:54奈良23:02→23:50新今宮23:51→00:08大阪

になる感じ(名古屋での乗り換えが risky だが)。

このルートのバリエーションとして、柘植から草津線で草津へ出て東海道線戻りや、木津から奈良線で京都、同じく木津から片町線(学研都市線)などがあって、そのあたりは適当に好みで。

(3)中央本線〜関西本線経由

(1)と(2)の組み合わせ。東海道線を一切通らないパターン。最早時間帯だと

新宿05:41→06:40高尾06:42→09:57塩尻10:39→12:33中津川12:40→13:59名古屋14:08→15:19亀山15:42→17:04加茂17:10→17:24奈良17:29→18:04天王寺18:08→18:29大阪

最終時間帯だと

新宿10:37→11:21高尾11:23→13:38小淵沢14:05→14:52塩尻16:05→17:50中津川18:08→19:21名古屋20:06→21:08亀山21:13→22:30加茂22:38→22:54奈良23:02→23:47天王寺23:58→00:18大阪

のパターンか。単なる組み合わせだし、関西本線に魅力を感じない私としては、この組み合わせは未体験だし、別にやろうとは思わない。それよりもむしろ、

(4)身延線〜中央本線経由(東京→富士→甲府→塩尻→名古屋→米原→大阪)

というのは、次に東阪間を青春18で遊ぶ機会があれば、ちょっと通ってみたいかな?と思う。中央本線は甲府盆地に入るまでは大して面白くもないし(甲府からだと勝沼ぶどう郷からの甲府盆地の景色は見られないけど)、逆に東海道線は富士くらいまでならそうそう飽きもしないし、熱海まではグリーンが使えるので疲労度も少ない。

そして身延線の、富士山は大して見えないけど富士川に沿ってノンビリなローカル列車に揺られるのも、たまには悪くない。その代償として、相当な時間をかけることになる。

品川05:10→06:21小田原06:22→06:45熱海06:49→07:30富士07:43→10:17甲府10:56→12:34塩尻14:42→16:26中津川16:39→17:54金山18:15→19:37米原19:51→21:13大阪

とか

東京08:10→09:51熱海09:58→10:40富士10:46→13:15甲府14:44→16:39塩尻16:57→18:43中津川18:51→20:08金山20:24→21:36米原21:43→23:33大阪

となるので、所要時間は16時間近い。これだけ乗れば、青春18も1日で元が取れそうなくらいだが、ええオッサンがこんなルートを気張った日には、3日間くらい疲労で仕事にならなさそうな気もする(笑)。久しぶりに身延線に乗ってみたいと思えば、このルートにならざるを得ないし、1日くらいなら無理が利きそうではある。

無論、この逆、新宿→中央本線→甲府→身延線→富士→東海道線→大阪のルートもあるし、そちらの方が断然早いのだが、富士から東海道線で大阪まで行くのは浜松までホントつまんない&座席が悪いルートなので、気が進まないことこの上ないので、時間はかかっても上のルートに惹かれてしまう。

そんな感じで、東阪間を青春18で移動すると言っても、この歳になればお金を節約するのが目的ではなく、贅沢に時間を使うのが目的になるので、そういう意味では単純に東海道線というよりは、もっと楽しめる路線はないかな?ということになる。そうなってくると…

(5)中央本線〜小海線〜しなの鉄道〜篠ノ井線〜中央本線経由

日本鉄道最高地点を通る高原鉄道、小海線を通るルート。中央本線経由の旅をしていると、小淵沢で小海線に行きてぇ〜!と思うことは多い。実際そっちへ行って、最後特急で帰ってくる羽目になったこともあるけれど、それでも小海線は魅力的。

ま、このルートを通るとなると小諸からは第三セクターのしなの鉄道を使うことになるので、その区間(小諸〜篠ノ井)は青春18が使えず、別途 ¥930 を払う必要はあるのだが、それでも篠ノ井から松本へ向かう途中の姨捨付近からの善光寺平の風景も含めてお薦めルートではある。とはいえ、

新宿07:04→08:00高尾08:02→09:46甲府09:48→10:27小淵沢10:35→12:42小諸13:02→13:52篠ノ井14:13→15:17松本15:48→17:50中津川18:08→19:16金山19:54→21:11米原21:37→22:58大阪

新宿07:48→08:44高尾08:46→11:05小淵沢11:39→13:53小諸13:57→14:45篠ノ井15:25→16:36塩尻16:57→18:43中津川18:51→20:08金山20:24→21:36米原21:43→22:17野洲22:21→23:18大阪

というように、これまたハードな旅になる。ちなみに、このルートでの新宿→大阪はこの二択のみ。

ま、ハードでも何でも、このルートなら前述の勝沼ぶどう郷から甲府盆地、小海線からの八ヶ岳、野辺山付近の高原風景、佐久付近からの浅間山、善光寺平、寝覚の床と、名所は盛りだくさん。

東京からでも、新宿→小淵沢→小諸→篠ノ井→塩尻→新宿と日帰りで回るのは悪くない。ここまでグルッと回って日帰りだと、東京からでもほとんど乗るだけになるが、清里・野辺山往復くらいなら現地で時間は取れるし、帰りに松本からあずさを使ったりしたら、周回してもちょこちょこ時間は取れる。

(6)高崎線〜小海線〜中央本線経由

東海道線経由飽きた→中央本線経由→だったら小海線も、と来ると、さらに考えるのが、「だったら小海線を小諸から降りてくるのもアリじゃね?」ということ。高崎線・信越本線で横川まで行って、廃止された横川〜軽井沢間はバスを利用して、軽井沢から小諸に入って小海線で小淵沢へ抜け、そこから中央本線経由、のプラン。

これは電車の中で携帯から NAVITIME で遊んでいる時に思いついたことだったが、意外と面白い経路かもしれない。

新宿05:46→05:55池袋05:59→06:08赤羽06:14→07:48高崎07:59→08:31横川08:40→(バス)→09:14軽井沢09:29→09:53小諸10:09→12:25小淵沢12:29→13:40塩尻14:42→16:26中津川16:39→17:54金山18:15→19:37米原19:51→21:13大阪

同経路のルートはこのパターンと、新宿発 7:19 →大阪着 23:18 との二択になる。いずれも横川→軽井沢のバス ¥500 と、軽井沢→小諸のしなの鉄道 ¥470 は別料金になる。

このパターンは小淵沢での小海線→中央本線への乗り換えタイミングがネックになるので、小淵沢→塩尻間だけ「あずさ」を使えば、もう少し遅い時間スタートや途中で余裕時間も取れる。

もちろん、こういうパターンもあるなら、

(7)高崎線〜しなの鉄道〜篠ノ井線〜中央本線経由

というルートも十分候補になるし、この場合

新宿07:19→07:33赤羽07:36→09:09高崎09:13→09:46横川10:00→(バス)→10:34軽井沢10:58→11:21小諸11:33→12:21篠ノ井13:14→14:17松本14:19→16:26中津川16:39→17:54金山18:15→19:37米原19:51→21:13大阪

といったようなルートになる。このあとは新宿発 08:27→大阪着 22:58、新宿発 09:31→大阪着 23:18 の計3パターンから選択になる。所要時間的には小海線回りより早い(地図で見れば分かるように、小海線回りは遠回りになる)。その分、小海線の眺望が楽しめないので、個人的には微妙だが。

このルートだけではないが、特にこのルートでネックが目立つことになるのは塩尻〜中津川間の鈍行列車。昼間は2時間に1本なので、始発に近い時間で行っても松本や塩尻で待ちぼうけを食うことになり、最早時間は 7:19 発になる。

また、このルートの場合は、横川〜軽井沢間のバス ¥500 に、軽井沢〜篠ノ井間のしなの鉄道 ¥1,400 が別途必要であり、2千円ほど別途お金をかけるなら、もっと有用な使い方もあるのでは?と考えてしまうわけで、

(8)高崎線〜上越線〜ほくほく線〜北陸本線経由

という超大回りプラン。これが1日で可能かと言えば、意外と可能。

池袋06:24→06:34赤羽06:38→08:14高崎08:23→09:27水上09:50→10:26越後湯沢10:34→12:03直江津13:22→14:46黒部15:26→15:55→17:05金沢17:16→19:39敦賀19:52→20:33長浜20:42→22:18大阪

と意外にあっさり到達できる。所要時間は(5)と変わらない。別途必要な料金も、ほくほく線内の ¥950 のみ(六日町→犀潟間)。

ただし、上越線経由のネックは水上〜越後湯沢間の本数の少なさ(1日6本)なので、上記パターン以外にその日に到達できるのは、池袋 8:32発→大阪 0:58着のみ(京都発大阪行き最終電車に京都で乗り継ぐパターンは、出てこない経路探索サービスもある)。

これも昔から考えにはあるのだが、あまりの遠回りさに今まで実行はできてない。今だときっともう途中でサンダーバードに乗ってしまう気が…(笑)

もっとも地震の影響で、この夏にこのルートを実行するのは無理なので机上のルートになってしまっている。このルートを通るなら青海川駅で少し時間を取りたいわけで、実行するにしてもきちんと復旧なってから、だろう。

そして(6)とこれが行けるなら当然、

(9)高崎線〜しなの鉄道〜信越本線〜北陸本線経由

も行けるだろうということで、このルートの場合は、

新宿05:46→05:55池袋05:59→06:08赤羽06:14→07:48高崎07:59→08:31横川08:40→(バス)→09:14軽井沢09:29→09:53小諸09:58→11:01長野11:32→12:59直江津13:22→14:46黒部15:26→15:55→17:05金沢17:16→19:39敦賀19:52→20:33長浜20:42→22:18大阪

というパターンになる。これも後発として、新宿 7:19発→大阪 23:38着のパターンがある。妙高山でもマッタリ見て…というところか。所要時間的には、これも16時間以上になる。

そして最後に最長パターンとして出てくるのが、(4)と(5)を組み合わせた

(10)東海道線〜身延線〜中央本線〜小海線〜しなの鉄道〜中央本線経由

というルート。これは以下の1パターンのみ。

品川05:10→06:21小田原06:22→06:45熱海06:49→07:30富士07:43→10:17甲府10:56→11:35小淵沢11:39→13:53小諸13:57→14:45篠ノ井15:25→16:36塩尻16:57→18:43中津川18:51→20:08金山20:24→21:36米原21:43→22:17野洲22:21→23:18大阪

18時間以上の最長ルート(たぶん)。北陸線回りだと敦賀で当日終了する(直江津から、はくたか→サンダーバードと乗り継がないと大阪へ辿り着けない)。

こういうのはホント学生時代にやっておかないと、今更は無理だろうな…という気がする。飛行機移動基本の今となっては、東海道線経由の9時間でも十分辛いしね。


というわけで、青春18きっぷを使って東阪間を1日で行き来するルートは概ね以上の通り。これ以外にも、むかし自分自身がやったのは「できるだけ JR を使わずに私鉄で移動する」というのもやった。これはもちろん青春18の期間以外(たしかGWだったような…)にやった記憶がある。

小田急で小田原まで行って、清水から静岡は静岡鉄道に乗って、掛川から新所原までは天竜浜名湖鉄道、豊橋〜岐阜は名鉄、米原〜貴生川(近江八幡だったかな?)までは近江鉄道、山科からは京阪、そして阪急と乗り継いで行き来したこともあった。これはこれで味わい深い?ものがあった。

いずれにせよ、今となってはこういった無駄ルートを考えるのは楽しいが、乗るのはなかなか難しい。まさに

時刻表で妄想


である。鉄ちゃん成分はそんなに濃いわけじゃないが、地図と時刻表は今でも大好きだ。

無人島に一冊本を持って行くなら日本全国詳細地図


と言い切れるくらいで、時刻表は昔に比べるとじっくり見ることはなくなったが、それでもこういう妄想で遊べるのは良いし、今は

移動中の暇つぶしに携帯で経路探索サービスで遊べる


から、ホント良い時代になったもんだ。もっとも、経路探索サービスは色々充実しているけれど、

色々な旅行経路を探索して遊ぶのにベストなのは、やっぱり時刻表


なのは今も昔も変わらない。小説を読むのは本よりケータイ、という世代ならともかく、私みたいなオッサンはまだ時刻表だな。経路探索サービスは普通の人より遥かに使いこなしていると言えるけど、それでも時刻表は偉大。

ま、こういうアホな経路探索をやるには、経路探索サービス中 NAVITIME が一番ベストだけどね。

本当は東京にいる間に、久しぶりに只見線に乗りに行きたい、なんていう気持ちはあるんだけど、会津若松〜小出間全線通る列車が1日3本だけの只見線だけは、東京からでも帰りに上越新幹線を使わないと日帰りじゃどうにもならないからねぇ。つーか、只見線は写真を撮りに行きたい…ありきたりの写真でもいいから。それよりまた秋に R252 ドライブしたいけど。

これは良いね。今までの経路探索サービスでも検索条件を考えたり、それでも一定距離・時間以上の場合には特急・新幹線を使う結果しか出ない場合には分割検索したり、そういう工夫で検索はしてきたけれど、そんな面倒なしにサクッと青春18用の経路探索が出てくるのは便利。今までは違う経路探索サービスを使っていたが、PC 上ではジョルダンも試してみるかな(→結果は今イチ。理由は後述)。

経路探索サービスは PC、携帯ともたくさんのサービスがあるけれど、個人的に使っているのは携帯では NAVITIME。503 だったか 504 だったか、そのくらいの頃に使い始めた時はまだまだマイナーな存在で、i-mode メニューの順序も低かったのに、今じゃすっかりメジャーになって、やたら宣伝はしてるし、au のサービスにがっちり食い込んだりしていて隔世の感を禁じ得ない。

当時使い始めたキッカケは、電車と道路情報が別々じゃなく一緒になってることや統合検索、地図との連動など、当時としては新しいものを目指していて面白いと思ったからで、やっぱり世の中はその流れになって、NAVITIME は先駆者としてメジャーにのし上がったのだけど、でも PC 版サイトは未だに使い勝手も良くないし、重い。

経路探索サービスはサクッと検索できるかどうかが命だから、NAVITIME は PC版と携帯版の連動による携帯で NAVITIME を使うための補助としてのみ使い、PC 上でメインで使ってるのは駅探(駅前探検倶楽部)。ぶっちゃけ、なんで駅探使ってるかというと、なんとなくでしかない。NAVITIME を使う前から長く使っていて、検索の癖も分かっているからというのもある。

正直どこの経路探索サービスでも良いんだけど(携帯での NAVITIME は別)、それぞれに独特の癖があるので、それに慣れてないと実際との微妙な食い違いも出てくるしね。乗り換え時は各社扱いが違うし、検索条件を同じような優先度合いにしても、違う結果が出てくる。特に乗り換えに関しては、

乗り換えできるかどうかを現実に則して判定しているか?


というのがあって、これが自分的に選ぶ際の大きなポイント。乗り換えに際して、

  • 設定された乗り換え所要時間を元に、単純に乗り換え可能かどうかを計算しているか?

  • 実際に乗り換え可能かどうかを判定に加えているか?


の違いがある。例えば、乗り継ぐ電車が到着ホームの向かいにいて、1分でも十分乗り継ぎできる(というか鉄道会社側が便宜を図っている)のに、単純に乗り換え時間を算出して乗り換え不能にしているような場合が前者。実際に則してるのが後者。

昔はどこも前者で機械的な判定だったが、その後ちゃんと後者を考慮するところが増えてきたのだが、未だに前者のままのところも多い。で、ジョルダンを試してみると…ダメじゃん。機械的乗り換え判定しかしてない。乗り継げるところが乗り継げない(判定場所は自分がたまに使う都内と関西圏の2箇所で判定してる)。

というわけで、せっかく久しぶりにジョルダンを試してみたんだけど、メインで使うことはないな。青春18検索だけは有難く使わせてもらおう。経路探索サービスもこれだけあるんだから、まず精度第一だしね。

【追記】

もうちょっとジョルダンを試していたけど、乗り換え時の機械判定だけでなく、途中駅を指定できないじゃん…使えなさすぎ。おまけに suggest の挙動がブラウザによってはおかしい。もうちょっと頑張ってくれないと、これでは使えんだろう…>ジョルダン

青春18検索も NAVITIME で条件設定する方がずっと実用的だ


「青春18きっぷ」向けの路線検索、ジョルダンがβサイトで公開中
乗換案内 ジョルダン βバージョン

このページのトップヘ