Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

プロアカユーザーとしては、中国語や韓国語に対応しておいて日本語は無視かよ〜ふざけんな(-_-#) という感じだけど、その理由は例によって、世界中の Yahoo! のうち日本の Yahoo! Japan だけは全く別組織だから、という毎度の理由。

ソフトバンクの Yahoo! Japan を潰せとは言わないから、それはそれとして、世界共通版の Yahoo! International Japan でも作ってくれ。面倒臭いし、おかげで (Yahoo! Japan じゃない世界共通の)Yahoo! のサービスは使えなかったり、Yahoo! Map で日本の地図はやたらショボいままだし(地図自体おかしいし)、ロクなことはない。

つーか、別に Yahoo! Japan なんかどうだっていいから、一部だけ日本語化してくれれば良いというか、今でもさほど不満はないので、Yahoo! Japan の住民がヘタに流れ込んでくるくらいなら、日本語非対応でもいいんですけどね。最初と言ってることが全然違うけど。

動画対応も要らんな。どういう内容にするのか判らないけど、Stage6 と YouTube があれば十分。最近どんどん重くなってるのに、動画対応でこれ以上重くなったら次はプロアカ更新しないかもしれん。

Flickr、多言語対応へ。新たに7ヶ国語で利用可能に

DM も来ていたが、いよいよ VMware Fusion も正式リリースに向けて価格発表。VMware のことだから(VMware Workstation と同じ)$199 とまでいかなくても、Parallels より若干高く値付けするのかと思ったら、Parallels と同額。おまけに先行予約価格は半額の $39.99。

やっぱり競争は必要やねぇ〜


と実感。先日 Parallels 3.0 へのアップデート料金も払ってアップデートしたところなので、VMware にまた払うのは迷うけれど、半額 $39.99 なら払って使えるようにしておこうかな…と方向。リリースが8月末予定ということだから、まだしばらくは払わないし、待っておくけれどね。

Parallels 3.0 は DirectX, OpenGL をサポートしているとはいえ、やっぱりかなり限定的。そんな飛び道具的機能より、今回から添付された Parallels Explorer というParallels が起動してなくても Virtual Disk の中のファイルをコピーしたり、移動したり、削除したり、リネームできるツールの方が便利と思える。これはよくやった!という感じ。

けれど、日本語の英数・かなモード切替えの不備や、切り替えツールで落ちる不具合は一向に直る気配もなく、さらに VMware と比べて異様に CPU 利用率が高いのも変わってない(idle 状態で VMware は常時 5% 未満だが、Paralles は 12〜18% 程度)。

体感速度的なところや細かい部分で Parallels の方が使い勝手よいのも事実だが、どうも基本的なところをなんか端折って直す気がないのかと思える昨今。そういう意味では VMware に完全移行しちゃった方がいいのかな…と思うのだが、さて。

Intel Mac版仮想ソフト「VMware Fusion 1.0」の販売予約始まる

これは他のファーストフード、外食チェーンも続々追随してくるだろうなぁ。誰が最初にやるか、鈴をつけるか、というだけだったしね。色々なサービスが日本全国均一だった時代はもう終わり、ということだろうな。

で、同時に全体的に値上げもできるし。今回のマクドも全体を見れば、結果的に値上げだしね。

日本マクドナルドが地域別価格、東京・大阪3−5%値上げ
マクドナルド:東京や大阪で値上げ、東北などで値下げへ

未明の Apple WWDC 基調講演で発表された Safari for Windows。今朝試してみたけれど、思いきりβすぎる。初期設定のままでは日本語が通らないのはご愛嬌だが、フォント指定で日本語フォントを指定しても、あちこち日本語サイトで文字化けしまくりっつーのは何だかねぇ。日本語入力は全滅だし、初期βということで I18N は完全無視っぽい。

レンダリング速度などは、それなりに軽い。遅い PC だと結構効果ありそう。ただ、あらゆるアンチエイリアスかけまくりで、小さな文字までビットマップにせず、アンチエイリアス入りベクトルフォントのままなのは、Apple らしいというか Mac っぽい。が、正直 Windows XP のフォントでは見にくい(これは好みもあるし、Vista だとまた違うかと)。

現段階では全く実用的な代物ではないし、こうやってインストールして試して遊ぶ程度の仕様。それに Safari で Windows 上のブラウザのシェアを取りに来るというわけではなく、

iPhone 用開発環境として Safari for Windows リリース


なのは、iPhone 絡みの説明からも自明でしょう。iPod における iTunes 的存在にはなれないし、向いている方向が開発者だから違うのだろうけど。iPhone → Safari → Safari 対応のウェブアプリ増える、の流れを意識してるのかな、と。

どちらにしろ、現時点で Safari for Windows はお遊び程度。Leopard リリース時の Safari 3 正式版の出来映えには期待したいし、Google が Google Browser Sync for Safari を出してくれたら、メインブラウザを Firefox から Safari にすることも考えなくもないけどねぇ。

Mac 上での表示は Safari が断然キレイだが、複数のマシンを、Mac と Win の間を行き来する私としては、もはや Browser Sync がないと困るんだよねぇ。

Apple - Safari 3 Public Beta

発売日に売ってなかった 1D Mark3 の液晶保護シールを先日買ってきた。同時に、1年使って傷や汚れで見栄えが悪くなった 5D の液晶保護シールや、携帯の液晶保護シールも交換しようと思って買ってきた。

しかし、この手のシールを完璧な形で貼れることが滅多にない私としては、買ってきてもなかなかやる気が起きない。が、放置しても仕方ないので今朝やった。

1つ目、1D MarkIII の液晶保護シール。千円以上もした。3枚組と書いてあったので「3枚も要らねーのに」と思ったら、メイン液晶だけでなく、その下の背面表示パネルや上面表示パネル用の保護シールまであって3枚だった。メイン液晶だけで良いのに…

と思いながら、まずメイン液晶。ちゃんと拭いて埃も払って、いざ…やっぱり気泡が盛大に入った。マズいと思ったので、すぐにやり直したが大きな気泡が3つも入ったままだった。で、シールがガッツリ貼られてしまって、以後やり直しできず orz

要らないけど入ってるのだからと、背面表示パネルも貼ることにした。が、貼ったあとに、いやにこのシールの表面はベタベタするなぁ…と思ったら、表と裏と逆に貼ってしまっていた。アホすぎ。何とか剥がしたが、貼り直しはできない状態だったので捨て。ま、別に要らないし…(←強がり)

上面表示パネルは巧いこと貼れて(小さいけど)、2つ目の 5D の背面液晶の貼り直し。古いシールを剥がして、再度キレイにして隅から丁寧に押し付けながら貼る…うわっ、やっぱり気泡入りまくり。

なんでだ〜と思いながら一度剥がしたら、手が滑って、シールを絨毯の上に落としてしまった。当然、糊面には絨毯の毛がいっぱい付いてゴミ箱行き orz

落ち込みながら最後の携帯液晶保護シールの交換。古いの剥がして、新しいのを…水平になりにくいから一番やりにくい〜と思ったら、盛大に気泡が入りまくった。もう一度貼り直しても一緒。何度やっても一緒。諦めた。

つくづく自分は不器用だと再実感した。この手のことをやらしたら最低。凹む。

ANA's B777-200 special painted "STAR ALLIANCE"
特に意味なく写真を貼る。液晶保護シールもコピペで貼れたらなぁ…


このページのトップヘ