Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

もう帰ってこなくて良いよ。どのツラ下げて帰ってくるつもりなんだ?ある意味、双羽黒の時より質が悪い。ウダウダと迷走した相撲協会上層部も、朝青龍を横綱にした横審も一緒に引退したらいいよ。

朝青龍、無言で帰国…モンゴル滞在は9月いっぱい

ウチの一帯は朝から断続的に土砂降りと落雷がドッカンバッシャンと凄まじい。少し小やみになったかと思えば、10分もしないうちに土砂降りに戻る。CATV の BS/CS も一時映らなくなっていた。しかし、さほど距離のない大阪市内ではあまり雨が降ってないようで、雨雲レーダーや落雷情報を見ると、ちょうどウチのあたりを中心に南北数キロの幅に雷雨は集中しているようだ。今朝の天気図を見ても

070830今朝の天気図
ちょうど大阪府のやや北部に停滞前線が横たわっている
(by 気象庁)


のが判る。この前線のあるところで、南の湿った空気と北からの冷たい空気がぶつかりあってるわけで、当然上昇気流も激しければ、雷も起こりやすい。まぁ自然現象だから仕方ないわな。一昨日夕方の東京でも凄い雷雨があったけれど、今朝の大阪北部の雷雨は結構長い間しつこく続いてるわ(>_<)

そういえば、明日は世界陸上の開会式に天皇・皇后両陛下が来阪されるということで、事前に状況を調べたら、大阪へ明日11時頃伊丹着の飛行機でくることが判っていた。あとはナニが来るか?だったが、某所の情報によれば、チャーター機は A320 だとか…残念。

政府専用機のジャンボとかだったら、飛行機の便を変更してでも撮りにいったのだろうけど、ANA A320 は伊丹に普通に飛んできてるしねぇ。別にチャーター機だから云々で撮りたいとも思わないクチだし、そういうのは伊丹ベースの強者にお任せですね。

というか、先週に引き続き、明日はまた伊丹空港近くで花火大会なので、撮りにいく人は夜の方がメインになりそうですな。私は行けませんけど…

ANA's A320 (JA8393) landing to RJOO in dusk
ANA's A320 @千里川 (by 1D3 + EF17-40 F4L)

9月14日から運航が開始されるスターフライヤーの羽田〜関空便のダイヤおよび料金が、今週発表になった。

羽田−関空線の運賃および運航ダイヤ(詳細)について (PDF)

羽田空港の増枠分が4往復ということで、羽田〜関空は4往復が設定され、そのダイヤは、

羽田発 10:15, 13:45, 17:35, 21:45
関空発 08:15, 12:10, 15:40, 19:30

となっている。このダイヤを見ると関西、特に大阪南部の人にターゲットを絞ったダイヤ設定のように見える。東京から大阪へ出張する人にとっては微妙な設定。

朝の関空発羽田行きは ANA の 7:40発を除き、全て朝7時までの早朝便のみで使いづらいものだったから、関空発8時台というのは便利に思う人も多いはず。あと関空→羽田は 7:40発のあとは ANA 9:55発があって、その次は 15時までなかったから、12時台というのはあって悪くないかもしれないが、JAL/ANA も徹底して昼間の関空→羽田は飛ばしてないくらいだから(逆は国際線乗り継ぎのためにある)、どれだけ需要があるかは微妙だな。

そして羽田→関空の最終便は ANA 最終便の5分前設定。23時に関空に着く設定。このくらい遅いと、最終のぞみと変わらない程度まで東京に滞在できるのだが、ANA 最終便同様、関空に着いてから帰れる人が事実上、環状線より南だけに限られてしまう。

23時に関空着だと(ANA は 23:05)、23:10 の関空快速や 23:05 の南海急行に乗るのは厳しい。しかし、それ以降の電車だと大阪駅や梅田駅から先に乗り継げる電車がなくなってしまう。だいたい 20分以上遅れると、最終もヤバくなってくる(多少待ってくれることもあるけど)。

ただ、裏技?として、梅田行きのリムジンバスに乗って新阪急ホテル前で降りて大阪駅へダッシュすれば、野洲行き最終快速や西明石行き、宝塚行き最終電車に間に合うことも多い。かなりリスキーだから、馬鹿高い深夜バスで帰るなり、最悪タクシーでも良いや気分じゃないと難しい(ウチは終電が一番遅い地域なので、多少飛行機が遅れても待ってくれる梅田行き最終リムジンで間に合うことが多い)。

just landing to Asahikawa Airport
全然関係ない JAL A300-600R @旭川空港
考えてみれば、スターフライヤー機は1枚も撮ったことないや…


さて、次に料金設定。10月末までは関西空港就航記念料金として、前日までの予約で変更不可という STAR1 と同じ設定(JAL だと特割1、ANA だと前割1)のものが、¥7,900 のバーゲンプライス。これは安い!ただし、10月は座席数限定なので、かなり絞られそう。

そして問題の通常運賃なのだが、普通運賃が ¥17,900、往復割引で ¥16,400、前日まで予約の STAR1 で ¥12,900〜14,900 となっている(STAR7, STAR28 などは略)。ぶっちゃけ、

この値段じゃ JAL/ANA ユーザーは流れない


JAL/ANA の回数券ユーザーは約¥15,000 前後で乗ってるわけで、この程度の差だと、わざわざスターフライヤーには乗らないだろう。値段的なインパクトは全くない。羽田〜神戸のスカイマークの搭乗率がかなり良い理由は、新幹線より安い破格の値段設定によるもの。マイルのこともあるし、これではどうかねぇ。

ま、どれだけの搭乗率が稼げるのか見ものだけど、値段で勝負のスカイマークが参入して速攻で撤退した関空便、スカイマークもこの程度の内容では先行き厳しいと思う。

先月来、MacBook Pro のデフォルトブラウザをα版時代より長らく使い慣れた Firefox を離れて Mac の標準ブラウザである Safari に切り替えて使っている。以前 Safari の使いにくさの文句をここにも書いたし、それについては今でも基本的に何も変わったないのだが、相変わらず使い続けている。

メニューから階層で辿り着けないブックマークの使いづらさ
検索バーの履歴が 10件しかないこと
Google Toolbar がないため Google Suggest が使えないこと
タブブラウズのカスタマイズが大してできないこと

その他色々不満はあるし、Safari Stand などの add-on tool を使っても不満は大して解消されないままだが、

起動など動作の素早さ


に慣れてしまって、Firefox へ今イチ戻り切れない。当初は1ヶ月くらい使って戻る予定だったのだけど、なんか大して気にしてなかった Firefox の起動の遅さが、気になって戻れない。Windows でも Firefox の起動は遅くて我慢して使っていたのだけど、つい IE じゃないからまぁ良いか気分になって Safari は使ってしまっている。Safari も安全かどうかは疑問だけど…

しかし、Safari を使い続けて感じるのは、

色々な意味で Safari は Mac の IE


ってこと。システムに最適化されてることや、それに付随した起動の速さや Apple アプリケーションへの親和性などは、Windows の IE そのものだ。そしておそらくは欠点もね。Safari 3 for Windows でボロボロとセキュリティ絡みの問題が見つかったように、Mac の Safari も安全とは言えまい。

それに IE と違うのは

Safari だと、まともに表示できないサイトが多い


ってことだな。特に一見ちゃんと表示されてるように見えても不都合があるところも少なくない。特にウェブアプリ的なところ、AJax 使ったところでは非互換なところが多くて困る(結構大手サイトでも不具合があるところは多い)。

開発する側として判らなくもないし、だからこそ仕方ないと思う面はあるが、ちょっと自戒ではある。というか、だからこそ敢えて Safari を使ってる面もある。でも Firefox で見なきゃ仕方ないか…というサイトが多くて、もどかしい。やっぱり現時点では、あまり人に薦めることはできないなぁ。

Summer clouds on the hill
(by EOS 1D MarkIII + EF70-200mm F2.8L IS USM)


さて、試用版を使い続けている iWork。買うつもりでいたのだが、結局買うのはペンディングになりそう。iWork のうち主に使うのは表計算アプリの Numbers であり、敢えて今まで Windows で作っていた Excel ファイルを移行して使うつもりだった。

こちらも以前触れたように、数日試して Numbers は Excel と目指している方向が別だということは判ったし、Excel ファイルは読み込めるが互換性はかなり低く、Neo Office (OpenOffice.org) と比べても互換性については雲泥の差ということも判った。

それゆえ、今まで作った書類を修正して Numbers で使えるようにして、これからは Numbers で作っていくようにしようと思ったのだが、実際にやり始めてみると

手直しするより最初から作り直した方が早いんじゃね?


というものばかり。必要なのは十数ファイル程度だが、それらを最初から作り直して Numbers にする意味ってあるのか?と冷静になって考えると、う〜ん…と考えてしまうことに。

特にセル書式の自由度が低いのでレイアウトから考え直さなきゃならないものも多く、と Apple 製品らしく日本独自な部分は考慮されてない部分も色々やり方を変えるとなると、最初から作り直すにしても時間がかかりそう。

というわけで、Numbers に移行する気がなくなってしまった。そして iWork を敢えて買うこともないかなぁ…という雰囲気に。試用期間はまだ十分残ってるので、もう少しだけ試して最終判断だけど、現時点では iWork '09 に期待かなぁ(笑)

このページのトップヘ