Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

先日、B787 ローンチカスタマーである ANA の B787 就航記念特別塗装機が3年ぶりに大阪伊丹空港へやってきた際の記事を書きました。

3年ぶりの伊丹鯖(B787就航記念特別塗装機)

この時は 2機ある B787 就航記念特別塗装機のうち、ANA B787 の 2号機である JA802A が伊丹空港へ飛来しました。

が、それから1週間後の 2月5日夜に再び B787 就航記念特別塗装機が伊丹空港へやってきて、今度は ANA B787 初号機の JA801A。

当日は色々とバタバタしていたため、ITMへ JA801A が飛来したことを知ったのは夜遅くになってから。ですから、またもや夜撮はできず。

しかしながら翌6日朝の離陸だけでも…と撮りに行き、今回は無難あんど無難に空港ターミナルの展望デッキ「ラ・ソーラ」からの撮影でした。

Itami Airport 2017.2.6 (1) JA801A / ANA's B787-8 commemorative painted of first delivery

Itami Airport 2017.2.6 (13) JA801A & JA824A / two ANA's B787-8s


この日は離着陸シーンは安定の一眼レフで撮影していたのですが、駐機やタキシング中のスナップは E-M10 Mark II でええやろ、と思って廉価ミラーレス機で撮っていたものの、なかなか苦労しました。

詳しくは後日また別記事で書くつもりですが、ゆっくりタキシングしている機体でも、プッシュバックする機体でも、さらに止まってる機体でも、ピンボケ、ピン甘を量産してくれる AF なので、油断なりません。

注意していれば避けられる、とは限らないのが辛いところですし、もっさりな E-M10 Mark II ではメモリーカードへの書き込みが終わってから再生して確認していると、タキシングやプッシュバックしてる機体は撮りどころから向こうへ行ってしまいますからね。

JA801A 撮り納めが目的ですから、駐機やプッシュバック状態も途中から一眼レフ+望遠レンズでの切り取り撮影をしていました。当たるも八卦な廉価なミラーレス機の AF 任せの写真のみでは怖かったので…(^◇^;)


続きを読む

国内最大のカメラショー CP+ を前にして新製品発表の季節になってきました。既に発表済みの富士フイルム中判デジタルに続き、昨日はニコンからいささか厳しい発表もありましたが、今日はキヤノンから新製品発表がありました。

キヤノン|EOS 9000D【プレミアムエントリー 一眼レフ】
キヤノン:EOS 9000D|概要
違いはオートフォーカス。|キヤノンEOS Kiss X9i
キヤノン:EOS Kiss X9i|概要
6senses それは、感性を刺激するミラーレス。 | キヤノン EOS M6
キヤノン:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ EOS M6|概要
キヤノン:PowerShot G9 X Mark II|概要
キヤノン:PowerShot SX430 IS|概要
キヤノン:IXY 210|概要
キヤノン:IXY 200|概要

見てのとおり、
  • EOS 一眼レフは廉価機の2機種のアップデート
  • ミラーレス機は昨秋発売した EOS M5 の EVF なし(EVF 別売り)版
  • コンパクトデジカメはいずれも小規模マイナーチェンジ
    (G9 X Mark II 以外の3機種はプレスリリースで変更点すら書かれていないレベル ^^;)

であり、大きな新鮮味は特になく、堅実なマイナーモデルチェンジっぽいので余裕でスルー…していたのですが、帰りの電車の中で発表内容をよくよく見ると、

廉価一眼レフは2機種とも AF 測距点がオールクロス45点!


という中級機 EOS 80D と同じ AF システム。(Kiss X9i の方は F8 AF 非対応なので同じではないけど)

AF 測距点だけでカメラを語るわけでもないし、数字だけで語っても意味はないというのは重々承知しつつも、

おいおい、Kiss にオールクロス45点AF って、マジかよ。出し惜しみのキヤノンはどこへ行ったんだ…(;゜0゜)


という印象。コマ速も秒6コマに増速されて、飛行機撮影も民間機やヘリコプター相手ならもう十分のレベル。


続きを読む

前回の、2本目のレンズとして廉価望遠ズームレンズを選んだ記事の中で、

「最近 E-M10 Mark II で撮ってるのは飛行機ばかり」
「旅とか撮影散歩とかに出かけなければ、E-M10 Mark II で撮るものがない」


と書きましたが、半月ほど前、大阪へ所用で来た友人と奈良・若草山の山焼きを観に行って、E-M10 Mark II で撮影したことをすっかり忘れていました(ー ー;)

なんで忘れていたかと言うと、

記憶から抹殺したいくらい撮影に失敗した


からであり、撮影ファイルも一部を除いて全部削除したからであります(^_^;)

EM10M2sampleWakakusayama1
(このサイズでは判らないかもですがピンボケ)


残した画像は、失敗をブログ記事ネタにするため。恥も外聞もなく、やらかしをブログ記事水増しのために晒していく所存なので、失敗写真を残して今日の記事にしております(´Д` )

その伝統の若草山焼きは関西の風物詩の一つであり、最初に言っておくと、世間でよく見る若草山の山焼き写真↓



実際に↑こんなのはないわけで(合成写真)で、花火は山焼きの前に打ち上げるので花火と山焼きが同時に見られることもありませんし(花火を15分上げてから山焼き開始)、山がこんな火山の溶岩流みたく派手に燃えてもいないです。(燃やすのは原っぱの草であり、周囲の自然林に燃え広がらないようにジワジワ燃やす)

なので、宣伝にもネットにもやたら使われるこの手の合成写真を実際に見られると思って行くと拍子抜けしますが、冬の花火大会は貴重ですし、山焼きも地味ながら夜に赤々と燃える光景は良いものです。

そんな感じの若草山焼きですが、関西にいながら観に行くのはン10年ぶり、もちろん撮影するのは初めてです。そして、

またもや E-M10 Mark II 買った威力が発揮されるときが来た。花火撮影みたいな時こそオリンパス機の真価が発揮される時。いやー、友だちがオリンパス機使っているのを見て、ライブバルブとかライブタイムとか使ってみたかったんだよなー。(ライブコンポジットも使ってみたいけど、それはまたいつかだけど)


などと、ウキウキで撮りに行ったわけです。E-M10 Mark II と極薄キットレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ(以下、14-42mm EZ)の組み合わせには、とっても不釣り合いなデッカい三脚と雲台持って。

(大きな三脚を持って行ったのは、前に入り込む人たちが邪魔にならないよう上から撮るためでもありますが)

EM10M2_20withTripod
(1時間前はまだ少ない人出だったが、花火開始直前はかなりの混みに)


そして、便利機能の E-M10 Mark II で楽に取れるはずだった花火撮影は、撃沈。

まぁ自分のミス、不慣れが主たる原因なのですが、

スペック倒れとは言わんけど、コレ初期設定のままでは使えんやろ…


という E-M10 Mark II への愚痴もありますので、反省と愚痴をコミコミで失敗談を少々。


続きを読む

昨年末に購入した E-M10 Mark II、年が明けてからあまり使ってなかったのですが、最近はまた、ちょこちょこと使ってます。

ただ、

最近 E-M10 Mark II で撮ってるのは飛行機ばかり(^_^;)


でありまして、E-M10 Mark II 購入時の記事で、

もうミラーレス機では動体撮ることは考えないから!
と散々言っていたのは何だったのか?


という状態に陥っています。

GXVARIO45-175D


いやホント、

コンパクトデジカメ同様、今回のミラーレス機はスナップ用、動体を本気で撮るとか絶対に考えない

久しぶりのミラーレス機復帰 E-M10 Mark II を買った割と安易な理由

と書いたのは何だったのか、結局こうなるのか!?という感じでありますが、それもこれも

2本目のレンズとして望遠ズームを買ってしまったので
とりあえず画角的に飛行機が撮れるようになってしまった


ということもありますし、もっと言えば

旅とか撮影散歩とかに出かけなければ
E-M10 Mark II で撮るものがない


ので、必然的にヒコーキ撮りのお供にして、サブカメラとして使おうかな的なことになってしまいます。

日々、カメラ持って被写体探して撮ってるカメラ女子みたいなことはないし、そういうのはスマホで十分なので…

もっとも、E-M10 Mark II で飛行機撮ると言っても

止まってる飛行機ですらピンボケを連発する
E-M10 Mark II の💩 AF で真っ当な撮りは無理


ですので、あくまで止まってる、タキシングしてる機体のスナップ写真用サブ機扱いです。

それに、止まってる飛行機にすらピントが不安定すぎる “当たるも八卦当たらぬも八卦 AF” ですので(AF-C ではなく AF-S で撮っていても)、到底「こいつは撮り逃がしたくない」という被写体相手に使えるもんではないですけどね。

GXVARIO45-175F


というわけで前置きが長くなりましたが、出戻ってきたマイクロフォーサーズ・システム2本目のレンズとして Panasonic の「LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./POWER O.I.S. 」を購入しました。


(パナソニックのレンズはどれも名前が長ったらしいので、本記事では以下「PZ 45-175mm」と称していきます)

「コンパクトデジカメの代わり、延長線上」と言いつつ購入した E-M10 Mark II ですから、マイクロフォーサーズのレンズにハマっていく予定はないのですが(魅力あるレンズは多いけど)、それでも「レンズ交換式」カメラですから、いずれ2本目、3本目のレンズくらいは買うつもりで、当初は以下のレンズを考えていました。


続きを読む

過去形みたいなタイトルになってますけど、もちろん現在進行形でプレイしています>カルチョビットA

前回前々回と(本ブログにしては珍しく)Jリーグに関わる話をしましたが、そう言えばということで触れておきたいのが、このオフシーズン、サッカーのない日々に多少の潤い?を与えてくれたのが、このスマホゲーム。

カルチョビットA(アー) サッカークラブ育成シミュレーション (Google Play)
カルチョビットA(アー) サッカークラブ育成シミュレーション (App Store)

「カルチョビット」シリーズは過去、ゲームボーイアドバンスド(以下 GBA)、ニンテンドー3DS でリリースされたサッカークラブ育成シミュレーションゲームで、この「カルチョビットA」はシリーズの基本部分をそのまま踏襲してスマホゲーム化されたアプリ。

同種のゲームで有名なものには「サカつく」こと「プロサッカークラブをつくろう!」というゲームがあり(私もだいぶハマった)、「サカつく」のスマホ版が名前だけ借りてきた別物ゲーム感なのに対し、こちらは1から10までカルチョビット。

ですから、GBA や 3DS でプレイしてハマった人なら問題なく楽しめるもので、初期プレイヤーはそういった人たちがプレイしていますが、その評価も高い値になっています。

CalcioBitA5 CalcioBitA4
(評価が荒れやすいスマホゲーにしては極めて高評価)


GBA、3DS で過去のカルチョビットをプレイしていた人はもちろん、

カルチョビット未体験者でも、サッカー好きで
コツコツプレイが嫌いじゃないならハマれる


ゲームアプリです。

途中から有料課金が必要になりますが、無料の範囲でもかなり遊べるのは「1日1時間程度で少しずつプレイしている私が、リリースから1ヶ月近く経ってもまだゲーム内課金が必要なレベルに達してない」ことからも判ると思います。私が下手だということを除いても、無料でガッツリ遊べるのは間違いありません。

そして、サッカークラブ育成「シミュレーション」ゲームですから、
  • ゲーム内の選手をリアルタイムに操作してパスしたりシュートしたりというアクション要素は皆無なので、アクションゲーム苦手な人でも大丈夫

  • シミュレーションゲームゆえ、選手を育てたり、チーム戦術を考えたり(相手によって変えたり)は比較的細かい指示=作業の積み重ねなので、コツコツプレイが苦手な人には向かない

という向き不向きはあります。

ただ、サッカー観戦にハマってる人なら必ずリアルとオーバーラップする部分がいっぱいあるので、ついつい

スタジアムやテレビ観戦と同じことを
スマホ画面にむかって言ってたり


することがあります(^_^;)

CalcioBitA1
(懐かしのドット絵ですが、意外と実戦っぽい動きをします)


このゲームでは、自分のクラブと対戦相手との試合は結果だけを見るということはできず、必ず試合を観戦することになるのですが(そこがカルチョビットのこだわり)、自分の手がけたクラブの選手の動きを観ていると、ついつい言ってしまうのです。


続きを読む

このページのトップヘ