Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo

今日は CP+ 2019 に向けたカメラメーカー国内発表の集中日なのか、ニコン、キヤノン、パナソニック、さらに富士フイルムからも新製品発表がありました。

【記事初出時から富士フイルム新製品に関する部分を追記しました】

どれもこれもミラーレス関連の発表なので当方には関係ないものの、5年後か10年後か判りませんが、近い未来には、こんな色々とカメラやレンズの新製品発表が相次ぐなんてことも今は昔、「良い時代があったなぁ」と思い出になるでしょうから、特に関係なくても愉しみたいものです :D

それにしても今回4社の発表の中で注目は、やはりキヤノンでしょう。

キヤノン:EOS Rシステムブランドサイト|EOS RP TOP
キヤノン:EOS Rシステムブランドサイト|開発発表レンズについて

レンズは 2019年中の発売を予告した開発発表ながら6本。「大三元ズームは全部そろうぜ」という3本に、高倍率ズーム、そして新開発の「Defocus Smoothing」でボケ味を滑らかにするという 85mm F1.2 ポートレートレンズ。

RFLensx6_Release


EOS RP は実にキヤノンらしい廉価機(しっかり上位機からコストと性能を削って、それでいて初値は期待させるほど安くもない)ですが、RFレンズを一気に拡充するスピードは凄いですね。

たまにしか見られない
キヤノンの本気


が迸っていますね。本気と書いてマジと(略

ってか、ロードマップだけ出されて「待て」を要求されるより、ちゃんと写真だけでもレンズを見せて開発発表する方が好感持てますね。別にロードマップ発表がダメとかではないですが、最近は

レンズ開発が迅速にできなくてもロードマップ見せればええやろ、お前ら「待て」できるやろ、我慢汁出して待っとけや


とまでは言わないまでも、なんかロードマップを免罪符にしているメーカーもいないですか?という気はしていたのでねぇ。

また、個人的には、RF24-70mm F2 や PL/可変NDフィルター付きマウントアダプター、コントロールリングのように

せっかく本機のミラーレスマウントを新設するのだから、ミラーレスでなければ実現できないレンズやミラーレスだからこそやれること、一新できる機会にやれることを積極的に取り入れよう


という姿勢がみられるキヤノンに、ミラーレス後発組では一番好感を持てていますし、頑張ってソニーの牙城を切り崩して欲しいと思います。

キヤノンもソニーもライバルによって危機感を覚えないと新製品がアレなことがあるのは周知なところですし、ミラーレス時代にはキヤノンとソニーで開発競争を維持して欲しいものです。

続きを読む

当ブログは個人的な雑記ブログであるわけですが、昨今の物欲まみれな与太記事だけでなく、大昔は真面目な技術記事を書いたり(特に移転前)、旅の記録なんてものもあったものの、このところ航空祭その他撮影に行っても、さっぱりブログに記録を書かなくなってしまいました。

おかげで記憶にも記録にも残らない撮影や旅が増えてきたり、ブログに載せる分だけでも写真整理していたのがしなくなったりとロクなことはない現状。

one day, one photo

↑写真ブログも移転リニューアルして再開しましたが、こちらは1記事5行以下制約を課していることもあり旅や撮影の記録には使えませんので、今年からは心を入れ替えて当ブロクでも改めて撮影や旅の記録を書いていこうかな、と思ったりして書いてます。

まぁ、続かないと思いますが(^_^;)

TediousDays20190201_32_2028


というわけで、今年初めての遠征は沖縄本島。3年ぶりくらい?

以前は気軽に&頻繁に旅ができていて、冬の北海道はニセコ通いも含めて毎月行っていたり、冬以外は4月、11月に沖縄、6月と9〜10月は北海道なんてルーチンもありましたけれど、主に家庭事情が変化して出張以外では1〜2泊の旅も簡単ではなくなった昨今。

いやホント、

行ける時に行っとけ


と心底思いますね。若い人はもちろん、ある程度年を取っている方にもそう言いたい昨今です。子供の手が離れて親に手がかかる隙間の時間とかは貴重だと思います。

さて、今回の沖縄行きの目的は一切観光なしの予定で、
  • 主にガンバ大阪の沖縄(中城村)キャンプ見学
  • ついでに最近嘉手納基地に来ているという高高度偵察機 U-2S ドラゴンレディが見られたらなぁ

この2点。那覇空港/那覇基地の撮影もしたいところですが、時間にかぎりがあるので今回は上記2点、というか主にガンバ大阪の沖縄キャンプを最優先として出かけました。

そんなわけで、2泊3日の予定で出かけて沖縄遠征の第1日目から。

(ちなみに写真は望遠で撮ったと思われる写真以外は全部 iPhone です。悪しからず)

【追記】ガンバ大阪の沖縄・中城村キャンプだけが目的の方は本記事を飛ばして、「DAY 1 後編:笑顔煌めく選手たち」の後半へどうぞ。本記事はガンバ大阪のキャンプ見学まで辿り着きません(笑)


続きを読む

昨年11月あたまに Apple Watch Series 4 が届いて使い始めてから、かれこれ3ヶ月が経ちました。

AppleWatch4Nike78


ユーザーは周知ではありますが、Apple Watch の日々のムーブゴール(活動消費カロリー目標)初期値は 300Kcal で、その後毎週月曜日に前1週間(月〜日)の毎日のムーブ量に応じた、新しいムーブゴール目標値が設定されます。

300Kcal というのは普通に過ごしていれば簡単にクリアできる値ですが、引きこもり仕事に浸って意識していないと 300Kcal すら達成できない日が度々あり、一度は設定値を 270Kcal まで下げられました。(先人からは 270Kcal なんて見たことないわww と笑われました… ^^;)

ただ、その後はちょっと意識するようになり、ムーブゴールをクリアし続け、スマートムーブによる設定値は毎週増え、今は 400Kcal がムーブゴール設定になっています。引きこもり系としては、1日欠かさず 400Kcal はさすがに難しくなっていますが、いずれにせよ

気がつけばムーブゴールを意識して
Apple Watch の思う壺


になっているとも言えます。

過去記事にも書きましたが、「日々の活動量を数値として見せられることでの意識付け」というのは、やはりあると思います。ただ、今はまだ、たった3ヶ月であり、いつまで続くかは不透明なのも事実でありますが。

AppleWatch4Nike77
(最近この文字盤を多用するのも数値への意識の表れ?)


Apple Watch をずっと付けていられるかどうか?という点においては、使い始める前からずっと

暖かくなって汗ばむ季節になったら腕輪してるのが嫌になるだろうなぁ。皮膚が弱くて汗疹ができやすい体質だし…


というのは思い続けていましたし、購入当初、使い始めた時の記事から言い続けています。

そのことについては3月、4月と季節が進んでみないと判らないなぁ…と思っていたのですが、先週沖縄へ行く機会があり、暖かさというよりは暑い、初夏のような日(25℃!)もあったので、ちょうど「暖かくなってきてからの Apple Watch 体験」を先取り体験できました :-)


続きを読む

先日、Fマウント復帰後の最初のズームレンズとして AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR(以下 AF-P 70-300mm)をチョイスした理由を記しました。

最初の望遠ズームレンズとして AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR を購入した理由

量販店価格で8万円台後半もするレンズを廉価レンズと呼んでいいのかどうか微妙なところではあります。

個人的に5〜6万円くらいまでのレンズならば必要だと思った時にエイ!と買えるのですが、それを超えるレンズとなると、やっぱり慎重になります(^_^;)

今回、タムロン 100-400mm より AF-P 70-300mm を選んだのも「どうしても必要になった時に割と買いやすい 100-400 は後回しでええやろ」というのがありました。タムロン 100-400mm は安いところだと5万円台で売っていますから、購入への敷居はずっと低いですからね…



とはいえ、AF-P 70-300mm も「実売10万以下の F値変動 70-300mm ズーム」ですから、とりあえず廉価望遠ズームという前提で購入しています。というのも、

「廉価」望遠ズームと思って買えば
過度な期待をしない


という自分への予防線(^_^;)。とはいえ、廉価望遠ズームにしては高めで値段相応は期待して購入しましたが……

そんなわけで、今回購入した AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR のファーストインプレというか雑感を記しておきます。飛行機しか撮ってないし、今後もほぼ飛行機+たまにサーキットで撮るかも?なレンズなので、そんな限定用途での個人的評価ですけど。

ちなみに、本当は写真を整理して Flickr にあげてから記事にするつもりでしたが、いつになるか判らないので、画像は livedoor ブログにアップした再圧縮糞画質になってしまったこと、ご容赦下さい。


続きを読む

随分前から噂をちらほら流して、去年のうちからティザー広告出していた、オリンパスの新フラッグシップ機 E-M1X が、いよいよ発表されましたね。

小型・軽量、OM-Dシステムのプロフェッショナルモデル ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M1X」を発売 :2019:ニュース:オリンパス
OM-D E-M1X | デジタル一眼カメラ OM-D | オリンパス
EXPLORE PHOTOGRAPHERS | デジタル一眼カメラ OM-D | オリンパス

散々リークされていた上、最後にヨドバシカメラがお漏らしをしてしまったので今さらではありますが、E-M1 Mark II の画像処理プロセッサを2つ搭載して、縦グリップ(バッテリーグリップ)が一体になった大型ボディ。キヤノンの EOS-1D シリーズやニコンのD一桁シリーズと同じコンセプト。

E-M1X_Release1


また、噂されていた超望遠ズームレンズと2倍テレコンも発表。

「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」と「M.ZUIKO DIGITAL 2x Teleconverter MC-20」の開発について:2019:ニュース:オリンパス

100-400mm F4 とか噂されていましたが、150-400mm F4.5 という仕様で、キヤノン 200-400mm F4 やニコン 180-400mm F4 と同じテレコン内蔵タイプ。このあたりもニコン、キヤノンを意識した仕様ですね。しかし発売は 2020年ですか。

同時発表の 2倍テレコンは「やっと出してくれるのか」という思いの人も多いと思いますが、300mm F4 IS PRO との組み合わせはかなり期待できるのではないでしょうか。

40-150mm F2.8 PRO はともかく 300mm F4 IS PRO と MC-14 (x1.4 テレコン)の組み合わせは、画質落ちも AF 速度低下も最小限と言えるレベル(ニコンやキヤノンの単焦点望遠レンズに x1.4 テレコンの組み合わせと比べると断然、差は小さい!)で、使っていて「2倍突っ込んでも全然行けるのでは?」と思っていましたからねぇ。

ボディ込み 2.5kg で換算 1200mm 相当 F8。冬になって D5/D500 に 500mm f/4E や三脚・一脚など 10kg 前後の荷物担いで伊丹空港周辺の山をハイキングして 1,000mm 超の撮影を繰り返してる身としては、素晴らしいウエイトパフォーマンスになりそうで羨ましいですね!

E-M1MarkII_Silver_Release


他にも E-M1 Mark II のシルバーバージョンも発表されていますが、なかなか上品に見える渋いシルバーで良さげです。

「OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II (シルバー)」を発売:2019:ニュース:オリンパス

久しぶりにオリンパスの本気が炸裂!という感じの発表会で幾つかの製品が発表されたものの、やはり注目は E-M1X。


続きを読む

このページのトップヘ