Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

前々回記事では E-M1 Mark II でナイトゲームのサッカー撮影を3試合ほど撮ってきての雑感を述べました。

ダメだと言いつつ E-M1 Mark II でナイトゲームのサッカー撮影における妥協点を探りつつ思う徒然

マイクロフォーサーズのカメラには厳しい条件ではありますが、オリンパス自身、公式サイトの開発者インタビュー「連写&AF」ページの冒頭で

サッカーのゴールシーンなど決定的な瞬間を撮るのに最適な機能ですので、ぜひ積極的に使っていただければと思います。

連写&AF | E-M1 Mark II | オリンパス

と開発者が「オラオラ、使ってみろよ」と言ってるんですから、そりゃ撮りますわね(^^)

(私が普段からサッカー撮るのは被写体への愛着だけでなく、普段からそれなりに動く被写体を撮ってないと、いざ航空祭、いざサーキット、という、たまのイベント時への慣れでもあります。歳を取るとともに動体視力も反射神経も衰えが顕著になりますからねぇ ^^;)

EM1M2Prisma12


実際この1ヶ月、民間機やサッカーだけでなく、モータースポーツ(SUPER GT)、動物園、競馬と撮ってきて、あとは戦闘機の機動飛行に(EVF も AF も)どこまでついて行けるかどうか?という課題はありますが、

条件は多少選ぶけど、動体相手でもそれなりに使える


という印象ではあります。今まで使ってきたミラーレス機とは別物です。

特に

今までのミラーレス機と違って、ファインダーで追える


というのは、やはり一番大きいです。ミラーレス機での動体撮影というとすぐに AF の話になりがちですが、ミラーレス機における動体撮影で一番問題になっていたのは被写体がきっちり追えないことでした。AF の問題は、その次。

動体でも被写体によっては AF に頼れなくても置きピンや MF で対応できる場合がありますが、その置きピンも MF もファインダーでタイムラグなく被写体を捉えられてこそ、です。「撮れた」ではなく「撮った」であるにはファインダーの解決は必須であり、

E-M1 Mark II は動体に対して“撮れる”、“狙える”ミラーレス機


です。

E-M1 Mark II の EVF もカタログや宣伝に称されてる性能が常に出るわけではないし、半押ししてると見え味が変わるとか、手ぶれ補正によるファインダーの跳ねとか、ぶっちゃけ満足には遠いですが(諸々のことは後日)、未来を感じられる EVF ではあります。

EM1M2sample63


後付けグリップなんていう💩アクセサリーが用意されない、最初からシッカリとしたグリップなのも良いですし、レリーズ周りのタイムラグの少なさも、同価格帯のデジタル一眼レフ中級機と比べて優秀な方ではないでしょうか。少なくとも EOS 6D / 7D Mark II よりは少ないと実感できます。

ただ、個人的にはレリーズの半押しまでに比べて、半押しから全押しが深すぎて、動体以外に静止体相手でも微妙に感じる点です。せっかくレリーズタイムラグが小さいのに…とは思います。が、これには個人差がありますし、レリーズ調整ができる EOS-1D 系やリコー GR を使っていた時は、デフォルトより軽く、浅くチューニングしていた私であることを差し引いてもらって良いかと。

(各社フラッグシップ機はレリーズのチューニングをしてくれますが、オリンパスはないようで残念。値段的に言えば他社中級機ですから、文句は言えませんけどね)

C-AF も(食いつきの悪さというか初動の遅さを除けば)AF 速度精度といった性能自体は悪くない印象で、時々「なんでこんな何でもないところで外すんや?」というポカがあるのは気になりますが、満足とは言えないまでも動体相手にそこそこ使えると感じています。

そうでなければ、大いなる反省とともにすぐ手放していたはずです。撮るものは次々とやってきて待ってくれませんから、E-M1 Mark II を買う時にその覚悟は持っていました(もちろん予想通り、いや期待以上であれば良いと思って買ったけど)。しかし、今のところ、その予定はありません :-)

EM1M2sample60


ただ、ここまでボディ価格もあがり、メーカー自ら一眼レフに負けないようなことを言ってるのですから、当然評価は同価格帯の一眼レフ機と真っ向勝負で比べられての話になります。そうでないと失礼でしょうし、さすがに「ミラーレス機は発展途上だから〜」と言い訳してる時代でもありません。

その上で、例えば

動体相手の撮影をしている友人知人、これからしたいと言ってきた友人がいて、ニコンやキヤノンの一眼レフ中級機より E-M1 Mark II を勧められるか?


という E-M1 Mark II やオリンパスが求めるであろう命題について、私自身が思うところを率直に言えば、現時点ではです。

続きを読む

天気の良いゴールデンウィーク前半の週末ですが、私は概ね仕事モードです。まぁ、ウッカリしていたこともあって自分のミスもあるので、仕方ありません。ま、今週末は普通の土日と変わらない人も多いと思いますが。

そんなわけで仕事している中で、E-M1 Mark II キャッシュバック・キャンペーンのギフト券がようやく届きました。

EM1M2CashBack2


OM-D E-M1 Mark II 発売記念 キャッシュバックキャンペーンのサイトにも「お届けには1カ月程度かかる場合がございます」と書かれていますから、ほぼ記載通りであり、「ようやく」という表現は間違っているかもしれませんが、

これでやっと標準ズームレンズが買えるわ😌


という意味での「ようやく」であります(^_^;)

続きを読む

今週火曜日に行われた ACL(アジア No.1 クラブ決定戦)グループステージ第5節では、我らがガンバ大阪は AT(ロスタイム)に同点弾を入れられる結末となりました。右目でファインダーの中に GK 東口を捉えつつ、左目でゴール前に入ってきた相手選手がコーナーキックのボールを合わせる瞬間を見て、もはやレリーズを押す指に力が入ることはありませんでした。

同じようなシーンは何度も見ていますが慣れることはありませんし、それ以上に、チームを見続けているファンにとっては色々な思いが錯綜する内容でした。

他クラブのファン、特に ACL を経験したこともないクラブのサポーターにしたり顔で言われるのは「出たこともないのに知ったようなこと言うな」で終わりますが、目の前で起ったことに自分が納得、昇華するのは難しいものです。

まだ決勝トーナメント進出の可能性がゼロではないものの、その切れかけた他力本願のロープよりも、今年はしっかりリーグを勝ち切って来年の ACL 出場権を得るとともに DAZN マネーによって数倍化した賞金をとり、来年こそしっかり戦力強化をして、アジア制覇から10年目に再び ACL 優勝から CWC へと繋がって欲しい、と思っていたりします。

EM1M2Prisma02
(昔と違うのは判ってるけど、PKを宇宙開発する姿は観たくなかった…)


さて、“動体を撮るのに今の E-M1 Mark II に足りないと感じる AF 周りの機能と操作性について” というタイトル(仮称)で、次回から E-M1 Mark II で動体を撮っていて足りないと思う点、違うと感じる点を述べるつもりですが、その前にまたまた戯言を少々…いや、日々書き足しているうちに長くなりましたw

続きを読む

いま流行りの(Twitter みたいな)分散型 SNS であるマストドン(Mastodon)用スマホアプリが次々と生まれている昨今、初のマルチインスタンス対応のアプリとして昨日「mastodon-iOS」がリリースされたことを前回書きました。

流行りのマストドンにマルチインスタンス対応の iOS 向けアプリ mastdon-iOS が登場 〜なかなか良さげ?

Mastodon やマルチインスタンスということについての説明は上記前回記事に書いたので繰り返しませんが、「色々な Mastodon インスタンスが出てきたから、幾つかアカウント取ってしまったよー」という人には、マルチインスタンス対応「mastodon-iOS」は待ちに待ったアプリでした。

それまで iPhone 向けの Mastodon アプリといえば「Amaroq for Mastodon」一択だったわけですが、「mastodon-iOS」のリリースを機に、昨日乗り換えた人もいたと思います。

が、なんと、昨日の今日で

mastodon-iOS もマルチインスタンス対応


その他多くのアップデートがリリースされました。

続きを読む

今をときめく、かどうか知りませんが、先月来ネットで流行り始めている Mastdon (マストドン)。端的に言えば、分散型の Twitter みたいな SNS です。

誰でもレンタルサーバーや自宅サーバーで Mastodon サーバー(インスタンス)を立ち上げて、他の Mastodon サーバーと繋がってやっていけるのが特徴ですので、自分で好きな嗜好、ジャンルのためのインスタンスを建てるも良し、人の集まってるインスタンスに登録して一般的な SNS っぽく使うも良し、であります。

mastodon-iOS1


普通に参加して使うだけでは「Twitter とどこが違うの?」ということになりますが、誰でも自由に独自のインスタンスを建てられる、という点から、Twitter や Facebook のような中央集権ではなく、Pixv が建てたインスタンス「Pawoo」のように、流れる内容の問題で海外の一部から繋がりを拒否られても独自路線を行くインスタンスを作れるのが Mastodon の良いところでもあります。

Twitter や Facebook など一般的な SNS では運営からアウト宣告されればそれで終わりですから、お上には逆らえない状態になりますけれど、Mastodon では自分で好きなものを構築して他と繋がることができますから、そういった「自由」があります。

また、今のところは大手インスタンスでも、 今の Twitter のように暗黙のルールの要求やら自己主張が激しいアホなユーザーも少ないので雰囲気が楽ですね。自分がフォローした Twitter 的なタイムラインより、誰か知らないけど色々な人の投稿がガンガン流れるローカルタイムラインや連合タイムラインを楽しむ、自由に fav する、リプライしていく、初期の Twitter と同じ雰囲気ですね。

(Twitter と比べて、人はまだ少ないだけに、Twitter と全く同じように使っていてはつまらないでしょう)

いずれにせよ、「似たような流行は過去にもあったし〜」と斜に構える年寄りも多いですけれども、これから発展するにせよ、一時期の流やりで終わるにせよ、こういうモノは本当に楽しい時期は意外と限られているので、最初からしゃぶっておくのが面白いと思って、ちょこちょこ楽しんでいます。

mastodon-iOS2


とまぁ、長い前置きはさておき、マストドンはブラウザーで Twitter ライクな(というより Tweet Deck ライクな)画面で使うのが基本ですが、スマートフォンではアプリの方が便利です。

いち早く登場した Mastodon アプリは iPhone だと「Amaroq for Mastodon」、Android だと「Tusky」でした。

Amaroq for Mastodon (App Store)
Tusky (Google Play)

そこへ Pawoo を運営している Pixv から Android 用に秀逸な Mastodon アプリが登場しました。

マストドンアプリ「Pawoo」 (Google Play)

Powoo アプリの iOS 向けは後日ということですが、今日 iOS 向けにも新しいアプリが登場しました。

Mastodon-iOS (App Store)

まだ登場したばかりのアプリで海のものとも山のものとも分かりませんし、誰もちゃんと使い続けてない分、色々なリスクはありますから使用は各自の責任で、というレベルですが、そもそも Mastodon なんて個人がやってるインスタンスもあるわけですから、
  • 登録するメールアドレスは予備または捨てメールアドレスで
  • パスワードは絶対に他と同一のものを使わない

というのは当たり前ですから、このあたりをしっかりしていれば怖くない(何かあっても被害は少ない)でしょう。

続きを読む

このページのトップヘ