Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

打ち合わせの帰り、コーヒー飲みながら裸の新型 iPad Pro を百均スタンドに立てて、Bluetooth キーボードでブログ記事を書こうとしていますが、

あー、こんなことだったら最初から純正キーボードカバー(Smart Keyboard Folio)を買っときゃ良かったなぁ


と後悔しています。iPad Pro 発表から数日後、思い直して注文したのですけれど、いつ着くのやら、であります。(まだ発送準備中にもなっていない >_<)

裸ではマズいと思って、先日 Amazon で適当なカバー付きケースを注文したのですが、それは夜になってから到着する予定なので、今はこんな状態で書いているわけです。

……と書いていたのですが、そのiPad Pro ケース選びが間違っていたことが判明したので、それについては後半に記します。

iPadPro2018_11


さて、前回記事で iPad Air 2 から新型 iPad Pro (2018) の移行したファーストインプレッションを記したわけですが、まずはその追記、半日使ってみて現時点で強調しておきたいことを幾つか書いておきます。

iPad Air 2 から新型 iPad Pro (2018) 11インチへ ファーストインプレッション

まずは(前回記事にも追記しましたが)

新型 iPad Pro の磁力がやたら強くて金属物くっ付きまくり!


ということ。ちょっとビックリのレベル。

続きを読む

快晴の下、岐阜基地航空祭の予行がガッツリやるらしいのに行けなくて悶々としていると、朝イチにまとめてドンと届きました。

iPadPro2018_01


中身は本日発売が重なったコレ↓

iPadPro2018_02


新型 Kindle Paperwhite が発表されて即予約した頃には新型 iPad Pro の発表会の日程も定かではなかったので、まさか Kindle Paperwhite、iPad Pro と2つの新型端末が同日に発売、到着するとは思ってもいませんでした(^_^;)

せっかく楽しみな新製品なのに
同日に重なるとは残念すぎる!


と思うんですけどね。それぞれ、ゆっくりセットアップして噛み締めたいのに……新製品到着は1週間に1回で十分(´Д` )

新型 Kindle Paperwhite の方はまた夜にセットアップするとして(と言っても設定は Amazon から出荷される時点で終わってるのですが)、打ち合わせに出かけるまでの1時間少々で新しい iPad Pro を早急にセットアップ。

iPadPro2018_08


新しい iPad Pro が使えるようになるまでの間を利用しつつ、そして新しい iPad Pro を持って客先へ行くまでの車内で、この新しい iPad Pro の第一印象を軽く記しておきたいと思います。

ただし、私の場合、この4年間ずっと、歴代 iPad でも名機の一つだと思っている iPad Air 2 をずっと使い続けてきたため、

初めての iPad Pro


でありますので、

iPad Air 2 から乗り換えたインプレッション


となります。第一世代、第二世代の iPad Pro との比較とか、一般的なレビューは以下のメディア記事をどうぞ。


続きを読む

表題のとおり、悩んだ挙句に Apple Watch Series 4 を購入して使ってみることにしました(>_<)

AppleWatch4Nike06


明日以降、新しい Kindle Paperwhite や新型 iPad Pro が届くはずなので、特にこのタイミングで手に入れたいものではなかったのですが、

使わなくなっても後悔しないために
ヨドバシのポイントを使って購入


したため、即納で買えたアップルストアと異なり、先月注文したものがこのバッド?タイミングで入荷した次第です。

(ヨドバシ.com の Apple Watch の商品ページには、発売前に予約したのに一向に届かないという怨嗟の声がたくさん載ってる)

「きっと使わなくなるだろう」前提なのと(^_^;)、先月とある買い物でポイントが十分にあったため、少しでもお金を使った感の少ないポイント消費だったわけですが(ポイントというのは結局あーだこーだ論は判っててやってるので No thank you ;-)、

ポイント利用は還元率の少ないアップル製品で使え


という量販店ポイントの鉄則に従った、とも言えます。(諸事情から iPad Pro とか Mac とかはポイントで買うのは避けたいので Apple Watch に使うのは都合が良かった)

もっとも、10月半ばに店員さんに入荷具合を聞いたら「今は発売前に予約しているお客さんに行きわたり始めたばかりです」という話だったことを考えると、半月で届いたのは予想外に早かったです。発売直後の信者購入集中時期が過ぎて、そろそろ潤沢に行きわたる時期なのかもしれません。

AppleWatch4Nike07A AppleWatch4Nike07B
(使用前→使用後)


そんなわけで、今後 Apple Watch を使い続けられるかどうか非常に不安になりながらの購入、そして利用開始なのですが、Apple Watch に対する興味が全くなかったわけではないものの、冷静に考えてみると私の場合、Apple Watch を持つことに対して以下のようなネガティブ要素しかないんですよね……


続きを読む

昨今珍しくもないし、あちこちで言われている光インターネット回線の IPv4 over IPv6 / IPoE 化を、当方もようやく先月実施しました。

本当なら昨年の年末年始あたりにやろうと思っていたのですが、年末から急に仕事がドタバタし始めて長らくペンティングしていたところ、友達が買ったのに使わないと言った IPv4 over IPv6 (DS Lite) 対応ルーターを買い取ったのをキッカケに、やっと行った次第。

IPv4 over IPv6 / IPoE 化のメリットを細かく説明すると長くなるので、誤解を恐れず色々省略して端的に言うと

従来から今も主流のインターネット回線契約の接続方式(PPPoE)では、自宅から光ファイバー回線を通ってインターネットへ出るところの接続口で認証処理と(IPアドレスの)変換処理する必要があり、固定回線の利用者多数の時間帯(19〜24時頃や週末)にはプロバイダーが用意するインターネット接続口の処理容量が足りずにネットの通信速度が低下することが多くなってきているのが現状。

けれど、インターネットへ出るための新しい接続方式(IPoE)を使えばインターネットへの接続口で認証処理も変換処理も不要、直接出られる接続口も混雑していないので(少なくとも今のところは)回避できて、混雑時間帯でも速度はあまり低下しない


というものです。



詳しい説明は以下のサイトでも読んでください。(IIJ の中の人の話だけど原則は全てのプロバイダーに共通する話)

てくろぐ: IIJmioひかりの混雑の理由とバイパス手段(IPoE・DS-Lite対応)

もう少し平易?な感じなら宣伝込み記事だけど、以下で。(細かい技術的な部分は略されてますが、そこまで知りたければ、自分で文献あたってどうぞであります)

IPv6対応で速くなる?「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」って何者

インターネット利用時の速度は接続先サイトやサービスの処理速度にも影響されるので、全部が全部速度向上するわけではないですし、将来にわたって混雑しない保証はないのですが、少なくとも今のところ、ユーザーが関与できる速度改善としては自宅のルーターや回線サービスを IPv4 over IPv6 / IPoE 化すると劇的な改善があることが多いですし、

私自身、劇的な改善があった
週末の夜でも速度低下を感じることが皆無になった


ので(詳しくは後述)、

夜間のインターネット速度低下に不満のある人は、多少のコスト(機材代1万円強〜、場合によってはプロバイダの追加料金)と手間をかけても行う価値がある


と言いたいので、経験談を含めて軽く推しておきたいと思います。

(ただし、IPv4 over IPv6 / IPoE を使う場合、ソフトバンク光BB の IPv4 over IPv6 / IPoE サービスを除き、自宅サーバーを運用や固定IPサービス、特定プロトコル/ポートを利用するサービス、一部ゲームは使えなくなります)


続きを読む

重量級レンズを支えるレンズフットなのに、プレートと台座を分離させることでフレキシブルな調整を可能にした Markins のニコン大口径レンズ用レンズフット LU-15。



国内発売発表時のニュース記事を読んだときは「いや、こんな剛性に不安を感じるギミック要らんわ」と思ったのですが、発売後にヨドバシに在庫が1個だけあるのを知ってしまい、思わず人柱?になってしまったわけです。

この LU-15 のギミック、利便性については前々回記事で説明しましたので、機能性についてはそちらを参照してください。

アルカスイス互換&フレキシブルな装着が可能な、ニコン大口径レンズ用レンズフット「マーキンス LU-15」購入

Markins_LU15_02


フレキシブルな調整を可能にしたギミックはプレートと台座を分離させたことですが、

便利な面はあるけど、重量級レンズ用のレンズフットのプレートと台座を分離させるのは利点より剛性への不安の方強いのでは?


という発表時の不安は、ぶっちゃけ、使い始めた今も完全に拭い去れるものではありません。

が、近所での満月撮影と先日の SUPER FORMULA 最終戦@鈴鹿サーキットの2回のみながら使ってみた印象を言えば、

気を付ける点もあるけど、まずもって問題ない


という印象。

Markins_LU15_27


メーカーが、雲台その他で定評を受けている Markins がしっかり検証して製品化したのですから当たり前といえば当たり前ですが、今までにない構造、ギミックのレンズフットへの不安は確実にあって、不安が消えないなら Kirk のレンズフットを買うことも考えていましたが、実際に使ってみて現時点では、

これなら大丈夫かなぁ…


という結論でした。(理由は後述)

もっと言えば、通常の(台座部とプレート部が分離しない)レンズフットに比べれば剛性その他に不利があるだろうとしても、

純正レンズフットの下にプレートを装着するよりは断然安心


と感じられますので、アルカスイス互換の雲台その他を使う身としては、少なくとも純正レンズフットから交換した価値はありました。


続きを読む

このページのトップヘ