Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

今年も早や3月。先週末からJリーグが始まり、3月に入ると鈴鹿や岡山のサーキットではシーズン開幕前のお披露目や走行テストを兼ねたファン感謝デーが開かれ、モータースポーツシーズンの始まりとなります。

また、年度最後の航空祭が小牧基地でも開催され、冬が終わって春の始まりをイベント事でも実感すると同時に、写真がまた積み上がらないように、できるだけ頑張って整理しなきゃならないモードにもなります(^_^;)

特にサッカーは5月まで Jリーグと ACL の平行開催なので、ホームスタジアム開催だけでも週に2回あることも珍しくないですし、他ジャンルと合わせて一気に未整理写真が溜まってパソコンの HDD 残容量が厳しくなる時期です…

いやあ、毎年オフシーズンの冬の間に昨年分の写真を全部片付けてしまおうと思うのですけど、思うだけで終わってしまうんですよねえ…(~_~;)

Gamba20170226A


さて、実は初期不良で修理行き、なんてこともあった E-M10 Mark II ですが、クリスマス直前に買った時から2ヶ月が経ちました。

年末に買った E-M10 Mark II は修理行き&完了、やっぱり最初からレリーズは壊れてました(^_^;)

クリスマスに連れ合いと横浜・鎌倉散歩旅をしに行くのに、

「いつもの一眼レフで2日半ずっと散歩というのは、できるけどちょっと大袈裟かもなぁ」
「コンパクトデジカメ PowerShot G7 X でもいいけど EVF欲しいんだよな、でも EVF 付きコンパクトって意外と高いからなぁ」

と思っていたところに、年末特価な E-M10 Mark II を見て(一晩悩んだ挙句)買ったことは、以前の記事でも述べました。

久しぶりのミラーレス機復帰 E-M10 Mark II を買った割と安易な理由

それから2ヶ月。結論から言えば、

年末に思わず買ったのは正解だった


と2ヶ月経った今も、そう言えます。「衝動買い(一晩考えたけど)したけど、良かったと思ったのは最初だけだった〜」というようなことはないです。少なくとも今のところ。

もちろん、

使っていてストレスがなくはない


ですし、実は初期不良だったりもしたこともあって、とても愛機とまでは言えないです。

けれども、

コンデジ代わりの小型ミラーレス機としては
まずまず満足だし、それなりに使っている2ヶ月間


でありました。

コンパクトデジカメよりはデカいけど EVF 付きでしっかり撮れるしレンズも交換できる。なのにマイクロフォーサーズらしくボディもレンズも小さいと、撮影しに行くわけではない時でも気軽に鞄の奥に入れて持っていけるし、結果的にシャッター切ることなく帰ってきても「一日中重り持っていただけだった〜」と後悔しなくて済むのは良いね!


という点は確実に感じてきた2ヶ月です。

EM10M2_04


ともあれ、そんな E-M10 Mark II については、先月

オリンパス OM-D E-M10 Mark II ファーストインプレッションまとめ

という記事を書きましたが、そこからさらに1ヶ月少々経って、色々思うところが変わった点もありますので、その辺も踏まえて、2ヶ月経ってのセカンドインプレをまとめてみたいと思います。

前後編2回に分けて、今回は比較的好意的に感じている点について。


続きを読む

前回、Amzon Fire TV Stick の新モデルが半年遅れでようやく日本でも発売されることを書きました。

Amazon、新 Fire TV Stick ようやく国内発表&予約開始

最近の Amazon といえば、もう一つ大きなこと、さらに重要なことがありました。

Amazon がやっと二段階認証導入


であります\(^o^)/

今まで

「Google も Apple も Microsoft もみんな、とっくに導入してるのに、なんで肝心の Amazon が導入できてないの?」
「これだけ大きなショッピングサイトなのに何故今まで導入してこなかった?」

という思いは誰しもあったでしょうが、ようやくです :D

AmzonTwoStepAuth11


既に Google や Apple (iCloud) などで二段階認証を設定している人も多いと思いますが、「二段階認証って、なんぞや?」という方へ簡単に説明すると、

ログインする時にメールアドレスとパスワードだけだと、何かの際にパスワードが漏れたら一発アウトで使われてしまうのを防ぐため、パスワードログインが成功した後に携帯・スマホへ送られる暗証番号を入力する「二段階認証」を設定することで、パスワード漏れによる成りすましを防ぐ


というものです。(二段階目の認証に必要となる暗証番号/コードは携帯・スマホへ SMS でメッセージを送る以外に取得する方法もあります。敷居は高いですが、その方が推奨されます。詳しくは後述)

二段階認証を設定しておけば、万が一、パスワードが漏れた場合でも盗人がログインしようとした場合にメールアドレスとパスワードだけではログインできず、自分の携帯・スマホへ送られたコード(暗証番号)が必要となるので、盗人の成りすましログインによる被害を防ぐことができます

特に Amazon の場合、

成りすましでログインされたら登録クレジットカードで
勝手に買い物されてしまう危険


がありますから、Amazon を利用する人、特にクレジットカードを登録して買い物している人は二段階認証の設定は必須と言っても良いでしょう。

「パスワードが漏れなきゃ別に良いじゃん」という人もいるでしょうが、同じメールアドレスと同じパスワードを他でも使っているなら、別のところで漏れた場合には盗人が Amazon などへ試してくるのは常です。

「毎回、ログイン時にそんな手間かけてられないわ、面倒〜」という人もいるでしょうが、自分専用のパソコンやスマホなどでは、1回目の二段階認証の際に「この端末ではコードの入力は不要です」へチェックしておけば、次からはその端末では二段階認証は不要になりますから、ぶっちゃけ手間なのは最初だけです。

その “ちょっとした手間” で大きな安心(絶対ではない)を得られるのですから、ショッピングサイトではやっておきたいことだと言えます。

もっとも、若干手間はかかるのは事実ですし、どんなものか判らない人もいると思いますので、以下に Amazon の二段階認証を設定する手順の概略を示しておきます。


続きを読む

北米などでは既に昨秋から発売されていた Amazon のスティック型廉価 VoD 端末「Fire TV Stick」の新モデルが、ようやく日本でも発売されることになって今週から既に予約開始となっています。


Fire TV Stick (New モデル)

Amazon Fire TV シリーズは Amazon 商品ではありますが Amazon Video のみならず、Hulu、Netflix、YouTube、AbemaTV、DAZN、dTV といったサードパーティのオンデマンドサービスも視聴できます。

これは Apple TV や Chromecast でも同様ですが、それらがお値段 1万円前後という中において、5千円以下という Fire TV Stick のコストパフォーマンスは圧倒的で、

オンデマンドサービスをテレビで見る一番安い手段


として Fire TV Stick シリーズは人気がありました。

さらに、いささか怪しさはあるものの、


続きを読む

1ヶ月くらい前の話ですが、とあるブログの「電子書籍の購入は作家の応援にならない」という記事が話題になっていました。現役編集者に聞いて「電子書籍は紙の副産物でしかなく評価の対象にならない、紙書籍の初動売り上げが全て」的な内容でした。

元ネタの記事は本当に編集者に聞いたのか真偽不明の怪しさもあったり、現役作家、編集者の反論もあってか、煽っておいてしばらくしたのちに反論記事を同じく掲載するなど、いささか炎上商法っぽさがあるので元記事のブログへのリンクは貼りません。

ただ、ラノベ作家が Twitter で同じようなことを呟いたりしているので、
  • 一定の地位を確保した作家、漫画家でもない限り、(初巻の)初版売り上げが運命を握る
  • 電子書籍の売り上げなんて作品の継続(打ち切り)に影響を与えない

というのが、一般的な話のように拡がっているようです。(どう考えても出版社やジャンル、編集部その他によって千差万別だと思うのですが)

現役編集者「電子書籍の購入は作家の応援にならない」に対する反応 - Togetterまとめ
電子書籍の購入は作家の応援にならない?2/6更新 - NAVER まとめ

個人的に東京在住時には数社の出版社とも仕事をさせていただいたこともありますが、お客様は専門色の強い零細出版社ばかりで、こういった初動売り上げで重版が云々という世界を垣間見ることもなく、そのあたりは全く分かりません。

とはいえ、

講談社、ミリオンセラー無き増益 デジタルで稼ぐ  :日本経済新聞

こういったようなニュースもあるくらいですから、少なくとも大手、準大手クラスの出版社(の経営に関わる人たち)が今尚電子の売り上げを気にしてない、なんてことはないでしょう。

もちろん、国内の電子書籍というのはコミックの電子比率が大きく伸びているという状況であり(移動しながら書いてるので統計データーは自分でググって探してちょ)、ジャンル的に偏りがあるのは事実ですから、一般文芸などでは電子書籍の売り上げなんてスルーする編集者もいるでしょう。(電子書籍は出したくない作家、漫画家もいるし)

ただ、コミックやラノベなどの若年層から中年層がメインカスタマーのジャンルはそんなことを言っていられないように思いますし、何よりも

たとえ「電子書籍の購入は作家の応援にならない」としても
普通の買い手がそんなことまで気にするとかないわー


アホか、って感じですね。


続きを読む

昨年末に購入して、最近はそこそこ愛用していると言ってもいい(でも信用はしていない)E-M10 Mark II ですが、購入当初から気になることを聞きに、先週オリンパスプラザへ行ったところ、やはり動作不良であり、修理行きとなりました。

購入当初から気になっていたことと言うのは、 以前のファーストインプレッション記事でも書いた
  • 半押しでフォーカスロックしているのに、そこから全押し時に再度 AF してからシャッター切られる現状が頻繁に起きる。これではフォーカスロックができないのも同然。

  • 1回しかシャッターを切ってないのに、2度シャッターが切られることがある
    (安物だからと思っていたが、やはりレリーズボタン不良なのかねぇ…?)

というレリーズの問題。

オリンパス OM-D E-M10 Mark II ファーストインプレッションまとめ

購入直後の横浜・鎌倉散歩旅の時から悩まされていて、「やはりレリーズボタン不良なのかねぇ…?」と思いつつも、安物ミラーレス機だからこういうのも許容範囲なのかもしれない…なんて思わなくもなかったのですが、さすがにそれはオリンパスさんに失礼でしたね。(まぁ不良品に当たったんだから、俺も失礼されてるけど)

シャッターチャンス的には致命的な問題でありつつも、適当スナップ撮影くらいなら何とか誤魔化せるわ、と思って使ってきたというか、色々あってオリンパスプラザへ不良かどうかの確認へ行く暇がなかったので、購入してから1ヶ月以上経ってからになってしまいました。

(キヤノンやニコンみたいに大阪のサービスセンターが梅田にあれば行ける機会は幾らでもありますが、本町は個人的に「ついで」の機会がなかなかないのです…四ツ橋筋の本町だし。リコーペンタックスや富士フイルムもそうですが日常行動圏からは微妙に外れるんですよねぇ)

EM10M2repair1


ともあれ、オリンパスプラザのサービスセンターへ行って受付担当の方に上記2点の問題をお話しし、実機で試してもらうと後者のレリーズ1回で2度シャッターはすぐに発生し、その後修理担当の方に確認してもらうと、やはりレリーズの不良のようでした。

なんや、やっぱり最初から壊れとったんかい!ヽ(`∀´)ノ


って感じでしたが、本町まで行くのを面倒臭がっていた自分にも非はあります。

ちなみに、受付担当の方が言われていましたが、もっとレリーズの軽い機種(多分上位機)にはこういう不良はあるらしいですが、E-M10 Mark II では珍しいそうです。

ともあれ、水曜日夕刻に修理へ出すと、土曜日には修理が終わって E-M10 Mark II が自宅へ届きました。


続きを読む

このページのトップヘ