Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

Apple Watch を使い始めて10日間。今年始めに激安中華製体活動量計を試しに数ヶ月使ってみたものの、本格的なスマートウォッチの利用は初めてですが、前回記事では、

思っていたより自立性が低く、未だ iPhone のコンパニオンデバイスでしかないのはガッカリ
そのせいか、スマホじゃなく Watch だからこそ、という印象を持つアプリがほとんどない
結局、健康ヲタクと林檎系ガジェット好き以外に訴求できる点が少なく、これで5万円〜ではとても人に勧められない


と率直に思うところを述べつつも、バッテリー技術などが進化して

スマホから独立した存在になる未来がくれば楽しみ


だし、スマホ生活を少しでも変える可能性について色々思うところを記しました。

ダメ元で使い始めた Apple Watch と10日間【前編】 〜現状はヲタクデバイスでしかないけれど未来への妄想は広がる?

前回記事に書いたことは新しいガジェットに触れたテンションで書いた妄想の類ではあるのですが、とりあえず今は大して評価できなくてもスマートウォッチの未来に可能性は感じられる点で、新しいものを買って試した価値はあると思っています。

もちろん、本当にスマートウォッチに未来があるかどうか、それ以前に自分が Apple Watch を使い続けられるかどうか、元を取れるかどうかは話が別ですが(^_^;)

ただ、現状 Apple Watch でできることは少なく

お高い健康管理的デバイスでしかない


という評価は Watch OS の大改革でもない限り変わることはないのですが、

日常的に身体を動かすことがない人間でも
なるほど健康管理デバイスとしては悪くないね


と思えることの多い10日間でもありました。

Apple Watch なんて、ジョギングやジムなどで体力作りなんてことをしない引きこもり系オッサンが使って、どうすんねん。健康ヲタク向けガジェットやんけ


という先入観どおり、という評価とともに、

パソコンと睨めっこして長時間動かない
座りっぱなし人間に対する警告管理デバイス


としても、思っていたより悪くないな、と感じています。そのために 5万円は高すぎ、というのも、また事実ではありますが。


続きを読む

先日、岐阜基地航空祭の予行を撮りに行った際、10kg 強の荷物背負って自転車で必死こいて合計 20km くらい走ったのですが、ほとんどエクササイズにもカウントされず、ワークアウトは自動認識するという話なのに(登り坂では心拍数190くらい行ってるのに)ワークアウトとして認識もされず、なんかこうガッカリしたこともありますが、(まだ)使っております。

(サイクリングはワークアウトの自動認識対象外だと友達から教えてもらいましたので、上記訂正)

AppleWatch4Nike04


最近は、新しく買ったガジェットでも1週間ほど使っているとすっかり新鮮さを感じなくなる私ですが(新型 iPad Pro なんか本体は既にそういう感じ)、スマートウォッチは初めてのデバイスなので、刺激と新鮮さは1週間や10日では失われないですね。

もっと言えば、

初体験な分、色々思うところがあってまとまらない


ですね。使い始めの頃から、色々思うところを下書き的にメモしているのですが、全くもってまとまりません(^_^;)

なので、今回は 10日間使ってきて一番感じた点と、それに伴う未来への妄想を最初に記しておきます。時計をしない主義の人間が Apple Watch を付けた真っ当な感想記事は、次回に。

予め断っておきますが、体力作りなんてことをしない引きこもり系オッサンが思うところの話なので、ワークアウトの類いをする健康熱心な方々や林檎大好きっ子には受け入れられないかもしれません :-)

続きを読む

今までの iPad では SDカード以外のメディアを読み込む時やカメラを接続する時には、別途電源供給などの手間はかかるし、それでも安定していたとは言い難くてウンザリしていましたが、新しい iPad Pro では USB-C 端子を採用したことで、あっさりパソコン並みの接続安定度で読み込めるようになったことを先日記しました。

新型 iPad Pro (2018) の USB-C 端子に色々つないでみた【メモリーカードリーダー、カメラ編】

ただ、XQD カードに入った 1300枚の RAW を読み込むのもサクッと読み込めちゃうのは良くなったものの、Lightroom CC アプリの方が 200〜300枚の RAW を読み込んだところでフリーズしてばかりでイマイチ不安定な状態で、

性能はパソコンでも中の上レベルになったけれど
それに見合ったアプリはこれからだなぁ


という思いをしています。

ま、今回の iPad Pro とは長い付き合いの予定ですから焦らず、来年あたり iPad Pro (2018) のポテンシャルを生かしたアプリが出てくることを期待したいと思っています。

iPadPro2018_15


さて、先日の記事に続いて、新しい iPad Pro (2018) の USB-C 端子に幾つかのデバイスを接続して試した結果を簡単に載せておきます。

古いデバイスが多いのはご容赦ください。アクセサリー類は別に最新のものでもなくても、実用上満足しているとあまり買い替えないのと、当方にとって USB-C は今年から使い始めたばかりで、まだまだこれからなので……


続きを読む

アップル新製品発売時あるある、ですけれども、

発売日に間に合うように注文できなかった/しなかった場合、アップルストアのリアル店頭では在庫があるのに、ネット注文した分は一向に発送されない


というパターンにハマりまして、表題のとおりネットのアップルストアの注文をキャンセルし、客先から大阪へ帰る途中に京都で降りて、初めて「Apple Store 京都」へ赴いて純正キーボードカバー (Smart Keyboard Folio) を購入しました。

iPadPro11KeyboardFolio01
(京都だけどアップルストアの見た目、造りは普通でした…)


今回、iPad Pro 本体の値段も想定より高く、アクセサリー類も全部値上げされたこともあって、発表直後 iPad Pro 本体とともに注文したのは Apple Pencil のみとしたのですが、Smart Keyboard Folio の前評判が良く、思い直して数日後に注文した次第。

暫定的に使うケースも注文してあるし、発売日に届かず数日後になってもええわ


と思っていたのですが、新型 iPad Pro 発売から数日経っても発送準備にすらならず、おまけに暫定的に使おうと買ったケースがダメダメで使い物にならなくて、こりゃ早く必要だ、ということに。

今までと違う!気をつけたい新型 iPad Pro のケース選び 〜 iPad Pro (2018) のファーストインプレ追記とともに

量販店の店頭で新型 iPad Pro 用のケースを物色してみたものの、やはりどれも新しい Apple Pencil の吸着充電に対応してなくて、

新 Apple Pencil 充電対応のケースが出るまで
現時点では純正ケース一択だわ


と判断。一刻も早く手に入れるべく、在庫のあるアップルストア・リアル店舗の方で購入したわけです。

iPadPro11KeyboardFolio02


新製品発売前に端末サイズはアクセサリーメーカーに情報が出回るそうですが、新しい Apple Pencil が本体側面に吸着して充電する仕様になると知っていたのはアップルだけでしょうから、最初から Apple Pencil 対応のケースを作れたのはアップルだけなのも仕方ありません。

それゆえ、サードパーティ製のケースで Apple Pencil 対応のものが出るのは発表から1ヶ月くらい経ってからになるでしょうし、その間 Apple Pencil を使う人にとっては、高いけど純正一択ということになりそうです。

ともあれ、新 iPad Pro から数日遅れで手にした Smart Keyboard Folio の感想を少々。


続きを読む

iPad Air 2 を 4年も使い続け、コレは!と思える新世代 iPad を待ち続けて買ったわけですから、今回の iPad Pro の買い物には高い金を払った分は納得しています。そして、実際に2日間使ってみて、

価格とメモリをケチった以外は文句のつけようがない


デバイスだと感じてます。

とはいえ、この馬鹿高い値段に対して納得できる購入理由がなければならないわけですが、私にとってその理由の一つが、今回の iPad Pro から lightning 端子に代わって採用された USB-C 端子。

Lightning 端子時代までは SD カード以外のメモリーカードを読み込むのはアレコレ手間暇かかって、それでも不安定で苦労したけど、USB-C 端子になったら今度こそ安定して CF や XQD カードを読み込めるようになるかな?


という期待があったわけです。

歴代 iPad を買うたび、「出先、旅先でカメラ撮影画像を iPad に取り込んで取捨選択&仮現像して自宅に戻ってからの作業を軽減する」というメソッドを試行錯誤していたわけですが、メモリーカード取り込みまわりの面倒くささに結局諦めていたので、USB-C 端子採用で今度こそという思いなのです。

今は泊まりの撮影旅行時には Windows ノートPC を持って行ってますが、やはり少しでも軽い方がいいですからね!(iPad Pro はディスプレイの色域が殆どのノートパソコンよりしっかりしていますし)

そんなわけで、新型 iPad Pro を買ったユーザーがみんな行なっているであろう

iPad Pro の USB-C は、どんなデバイスに接続できるか?


というのを、手持ちのデバイスで幾つか試してみました。



なお、USB-C ではない従来の USB Type-A 端子で利用するデバイスやケーブルについては、アップル純正の USB-C → USB 変換ケーブルではなく、Amazon で買った安物の USB-C → USB-A 変換アダプター(上記参照)を使っています。一応、念の為。


続きを読む

このページのトップヘ