Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

11インチ iPad Pro (2018) や Apple Pencil と同日に到着したはずの新型 Kindle Paperwhite 2018年モデル(以下、Paperwhite 2018)。すっかり iPad Pro の方のアレコレに追われて1週間ほど放置プレイされていましたが、こちらも半月ほど使っております。



過去に Kindle のみならず電子インク端末については何度となく記事を書いてきていますが、

もはや電子書籍専用の電子インク端末って欲しい人は既に持っていて、これから新たに買う人は少なく、ほとんどが従来モデルからの買い替え検討じゃないの?


と思っているので、今回の Kindle Paperwhite 2018 については
  • 2015年モデルと比較して感じたことのまとめ
  • 2018年モデルへ買い替えた方が良いかどうか?

この2点について記します。

(新規に電子インク端末を購入する人は、Amazon より楽天派でない限り、今回の Kindle Paperwhite 2018年モデルを買っておけば安定です。Paperwhite じゃない安い Kindle は手出し無用 ;-)

KindlePaperwhite2018_01


ちなみに当方、Kindle 電子インク端末は日本で発売になる前の英語版3世代目から使っていて、Paperwhite は初代モデルから毎回購入して愛用してきています。

まず、発売から3年以上使ってきた 2015年モデルとの比較を中心に記します。その後、買い替えについて個人的に思う所感を述べます。


続きを読む

前回は半月使ってきた 11インチ iPad Pro (2018) について思うところ、気づいた良い点、悪い点を記しました。

11インチ iPad Pro (2018) セカンド・インプレッション 〜半月使っての良いとこ、悪いとこ

些細なところを除けば、今回の iPad Pro (2018) は本当に良いタブレットで、内容については殆ど非の打ち所がない、と言っても良いくらい。プログラミング以外の仕事では、仕事面でも十分活用できています。

パソコンの代わりにはなり得ませんから、プログラミング作業とか作成したドキュメントの最終的な仕上げ(目次作成やら索引やら図表のレイアウトやら)はパソコンで行う必要はありますが、プログラミング環境を除けば自分の作業の8割くらいのことは賄えるし、できる範囲であれば効率的もパソコンに劣るレベルでなくなってきました。(工夫やコツは必要だけど)

特に、どこでも(多少狭い場所でも)サクッと開いて作業開始できる迅速さは、昨今スリープ解除からログインが高速化されたノートパソコンより更に快適ですし、このスモールフォームでここまで何やってもサクサクというのは、なかなか味わえません。

が、前回も書いたように、如何せん高い。いくら中身が良くても、

値段の高さのせいで絶賛できない


ことは何度でも書きたい。私は「値段なんか関係ないんや!」と言えるお大尽ではないですからね。

私だって iPad Air を4年も使い倒してきて、やっと初めて iPad Pro ということでなければ、そして今後数年しっかり使うつもりでなければ、とても購入に踏み切れるような金額ではありませんでした。

iPhone も今夏発表の MacBook Pro も売れ行き不振と言いますが、この iPad Pro もそんなに売れるとは思えません。高すぎです。たいていの人は廉価な 9.7インチ iPad で十分ですしね。まぁ Apple には売れ行き不振まくって反省してもらいたいもんです。

ApplePencil2ndGen01


というわけで、また前置きというか愚痴が長くなってしまいましたが、11インチ iPad Pro 本体についての良いところ悪いところは前回記しましたので、今回はトリオで使うべきとも言える Smart Keyboard Folio と第2世代 Apple Pencil について。

タブレットをキーボードと組み合わせて諸々の作業に使うことは初代 iPad から iPad / Android タブレット問わず行ってきましたが、アップル純正キーボードカバー Smart Keyboard シリーズを使うのは初めてです。

また、iPad Pro シリーズは今回が初めてですので、当然 Apple Pencil も初めての利用ですし、お絵描きは超不得手(通信簿で最初に奈落の底へ低下していったのが美術)であり、タブレットにおけるペンの使用は会議などでのメモ書きと仕事などでの図表作成のみです。

ですので、Smart Keyboard および Apple Pencil ともに従来製品との比較ということはできませんので、その点は予めご了承ください。

続きを読む

昨今、今年の新型 iPhone、特に iPhone XR の売れ行き不調や大幅減産が話題になっていますが、当たり前だろ…という感想しかないですね。日本人にとっては無駄にデカいし(デカい方がコスト削減になるけど)、世界的に見ても無駄に高い。

やっぱり iPhone 5c と同じ運命でしたね。廉価モデルと言いつつ、うっかりするとすぐ10万円超える値段。なのにフラッグシップモデルじゃなくて、色々ケチられてる。買う方も躊躇って当然ですわ。

価格に負けず突っ込んでいく新しいもん好きは去年の iPhone X を買っていて、馬鹿高い出費または分割払いをしているのですから、その手の需要は今年は減っているでしょうしね。

いずれにせよ、去年の iPhone X も今回の新型 iPad Pro も買った自分が言うのもなんですが、

昨今の Apple 製品の高価格化はちょっと行き過ぎ


としか思えません。端末あたりの単価を上げて利益が上がったとしても、台数が減れば AppStore などサービス部門の減収につながるわけですから、自らの首を絞めてるとしか思えません。iPhone でできることは何も変わらないわけですし。

MacBook Pro の売れ行きも落ちてるみたいですが、とにかく昨今の Apple 製品は調子ぶっこいて強気値段すぎます。いくら高付加価値高価格路線だといっても、Macで50万100万当たり前の時代とは違う、マスに売ってこその存在だと認識するといいのですがねぇ。

というわけで、この半月間、仕事も含めて色々なシーンでアレコレ使ってきた新型 iPad Pro(11インチ、GPS + Cellular、256GB ストレージモデル)への感想も、ごく端的に言えば

良い点は価格を除く、ほぼ全て


であり、

悪い点は高すぎる価格


これに尽きます。

iPadPro2018_24


個人的には高すぎる価格が全ての良さをスポイルしていると言ってもいいくらい。中身はほとんど文句つけようがないのだけど、人に勧めにくい高価格。

これは決して新しい iPad Pro が価格に見合わない内容と言っているのではなく、むしろ高い価格に見合った中身を持つタブレットであるのは間違いないです。処理性能だけでなく薄さ、軽さのバランスとそれに比した画面の大きさ、そしてスピーカーまで全部タブレットの最上位でしょう。

とはいえ、

並みのパソコン以上に速くても(今は)できることは 4万円の iPad と大差ないのに、2倍以上も高い iPad を買う必要あるの?


という命題に、現状では明確な答えを返せないのも事実。私自身も今のところはまだ「速い iPad Air 2」としてしか使ってませんしね……

もちろん、iPad Air 2 を4年間ほとんど不満なく使い続けられたように、

今後3〜4年使い続ければ高い価格も元は取れるかな?


と思えますし、何より

タブレットには不相応なパワーを使うソリューションが今なくても、この先、このパワーを前提にしたアプリが出てくる可能性はある
Adobe が先陣を切っているように、これだけのパワーを持つ iPad が出たことで iPad用アプリの在り方も変わっていくのでは?


と思っています。(もちろん希望的観測込み)

個人的にはそう思っていても、iPad は Pro だろうが何だろうがパソコンの完全な代わりにはなりませんし(逆に Windows がいくら 2-in-1 とか言ってもタブレットとしては低レベルなのと同じ)、結局タブレットを持つにしてもパソコンと併用となると、パソコン以上に高いタブレットを勧めるのは、いくら良いデバイスだと思っていても難しいところです。

すごく良いタブレットだけど値段がなぁ…


些細な、特に気にしていない点を除けば、完璧に近いタブレット。だけど薦めにくい、もどかしさ。今回の iPad Pro に対する私の感想は、これに尽きます。

iPadPro2018_04


さて、これで言いたいことは終わったので終了、というわけにもいかないので、以下に半月使って気づいた点を列挙しておきます。

続きを読む

書いておくか、というより書いていたテキストを放置してあったので、まとめ直して感想を記しておきます。

以前からルンバに興味はあったものの、

ルンバって、元々ルンバが掃除できるくらい部屋が整頓
もしくは部屋にアレコレ物が置かれていない人向けでしょ?


と思っていました。周りで便利便利と使っている人も大半が几帳面で、元々自分で掃除するけど面倒臭いから導入した、という人が多いように思います。

当方、家事の中で掃除が一番苦手です(^_^;)。たまに思い出したように、汚れが気になるとガッツリやりますが、面倒くさがりの習性としてやりたくない。家族も昔は割とマメでしたが、最近はズボラです。

ですので、「興味あるなぁ、一度使ってみたいなぁ、掃除代行に役立つかなぁ」と思っていても、

うちの家はルンバがちゃんと掃除できるような LDK じゃなく、あちこちに物はあるから、ルンバはすぐに行き詰まってちゃんと掃除できへんと思うし、買っても使えん、使わんようになるだけとちゃうか?


そう思って、なかなか購入の踏ん切りがつかなかったのですが、今年7月の Amazon プライムセールで一番安いルンバ(↓以下のルンバ 642)が激安特価2万円台だったので、思わずポチりました。


(641, 642, 643 という細かな型番の違いは販路の違いらしい)


一番機能の少ないモデルとはいえ、ダメ元で買うには少々高いですが、自分のところで使えなかったら周りで興味ある人多いから譲れるだろう、という目論見もあって購入した次第。

上位機はスマホ連携ができたり、タイマー予約ができたり、掃除の仕方が賢くなったり、学習能力が高かったりするらしいですが、まずはお試しだから基本機能だけで十分と思って、最も廉価なモデルにしました。今でも特に上位機が欲しいとは思いません。

(ルンバ以外の国内メーカー品や安価な中華ブランド製品は、使えないと判断した時に、その製品だからダメなのか?この手の製品が合わなかったのか?の理由が曖昧になるので、定番かつ鉄板のルンバしか買うつもりはありませんでした)

Roomba642C


で、結論から言えば、

ダメ元で買ったけど、思いのほか便利に使えてる


という感じ。

ルンバのモデルケースで出てくるようなフローリングでモノの少ない綺麗な部屋ではなく、あっちこっちにモノが置かれているわ、椅子もテーブルもあるし、基本フローリングだけど絨毯がひかれてる部分もある、そんな

決して自動掃除機に向かないウチの LDK でも
マメに掃除する人がいないと重宝する


と断言できますね。

もちろん、ルンバは隅から隅までキッチリ掃除してくれるわけではありません。あちこちに物があってルンバの動きを阻害する LDK ですし、一番機能の少ない廉価モデルは頭が悪くてアホすぎる動き満載なので、特にそうです。

とはいえ、

適当掃除でも勝手にやってくれる存在がいるのは大助かり


です。壁の隅に埃が残っていようと、フローリングの大半が掃除されているのといないのではえらい違いです。(細かい人は無理だろうけど)

毎日もしくは2日に1度でもキッチリ掃除するような家族がいればこんなものは必要ありませんが、そうじゃないなら、あれこれモノが点在していて「ルンバとかで掃除させるのに向かないかも…」と思っていても、意外と役立ちます

ということで、結論を先に書いた後は、4ヶ月間使ってきて感じたことを幾つか列挙しておきます。


続きを読む

使い始めて10日間というよりは、もう2週間になりますが、思っていた以上にできることが少ないガッカリさがあった割には、それなりに使い続けられている2週間です。

ぶっちゃけ、使い続けているけれど「ないと困る」「ないと不便」と言えるデバイスではないし、前回記事までに書いたとおり、日常的に身体を動かしてる人でもなければ機能的には5万円も出して買う理由はない、という思いはずっと変わりません。

ダメ元で使い始めた Apple Watch と10日間【前編】 〜現状はヲタクデバイスでしかないけれど未来への妄想は広がる?
ダメ元で使い始めた Apple Watch と10日間【中編】 〜引きこもりにも健康管理器具として悪くない、かも?

それでもしばらく使っていると、ワークアウトなど日常的に身体を動かすことがない私でも健康管理デバイスとして意外と悪くない、と思えるから不思議です。付け心地という点では(時計をする習慣のない私でも)意外とイケる、不快に感じないせいもあるでしょう。

ただ、そう思うのも大病をして多少は健康というものに意識が行き始めた年齢(ジジイに近いオッサン)だからであり、これが 10年前なら「健康云々言われても、そんなデバイス要らんわ!」で終わってたと思います。

そういう意味では、出会うべきタイミングで出会ったがために、それなりに付けることが続いているのかもしれません。まだ半月くらいですけど(^_^;)

AppleWatch4Nike42


さて、前2回は妄想やら書き散らし的な感想だったので、今回は10日間 Apple Watch を使ってきて感じた良い点、ダメな点を以下、箇条書きにまとめてみます。箇条書きだからと言って、さほどまとまってはいませんが……(^_^;)


続きを読む

このページのトップヘ