Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

海外の認可情報から「来月新しい iPad が発売されそう」という噂が数日前から出ていますが、どうやらホームボタンのなくなった新型 iPad Pro ではなく、廉価タイプの iPad の新型というのが有力そうなので、新 iPad Pro を待ち構えている私には少々残念です。

3万円台で手頃に変えて性能もまずまず良い第5世代 iPad は売れ行きも良いみたいですが、個人的には、第5世代 iPad と同じ初代 iPad Air 購入から iPad Air 2 に買い換えて 6.1mm という薄さに慣れると元に戻れません。

(高く評価している iPhone X も iPhone 6s 世代までの薄さに比べて厚みがあるのは、個人的にかなりのマイナスポイントです)

iPad Pro は 10.5インチモデルになっても Air 2 同等の薄さを維持しているのは魅力的であり、ホームボタンをなくした新型 iPad Pro でも同じ薄さを維持してほしいところです。

私の場合、タブレットは Bluetooth キーボードと一緒に持ち歩く機会が多いので、キーボードの厚みも含めるとカバンへの良さまりはタブレット本体が如何に薄いかが、本体だけの時よりも重要に感じたりします。

さて、初代 iPad の頃から諸々の “作業” をするのに Bluetooth キーボードをたくさん購入してきて、iPad Air / Air 2 になっても何台か買ったのですが、現在常用しているタブレット向け Bluetooth キーボードは2つ

続きを読む

表題が全てなのですが、スマートフォン用ハンドヘルド・ジンバル(スタビライザー)として今話題の「DJI Osmo Mobile 2」、国内発売は3月予定となっていますが、Apple Store では朝に注文したら即日発送され、翌日には届きました。

OsmoMobile2A

OSMO MOBILE 2-Share Your Story

在庫が切れている場合もあるので保証は全くできませんけれど、友達の Instagram を見て買った私も、私のツイートを見てその後買われたフォロワーさんも即納だったようなので、以下に示すように商品ページの記載とは異なり、在庫があればすぐに到着するようです。


続きを読む

昨年モデルチェンジした 10.5インチ iPad Pro にはかなり惹かれるものの、iPad Air 2 を先日バッテリー交換をしたので、まだまだ現役、次のホームボタンレスな iPad Pro が登場するまで使い続ける予定なのは先日記しました。

久しぶりに genius bar 〜サポートアプリはちょい便利&バッテリー交換は起動するうちに

随分と前から iPad 用にタッチペン(スタイラスペン)を持ち歩くどのカバンにも入れていましたが、それなりに活用し始めたのは iPad Air 2 を購入してから、ここ2〜3年くらいでしょうか。


(最近使ってるのは、このどちらか)


絵心が全くなくて、絵を描かせれば幼稚園児より下手な私は、スタイラスペンがあったところで絵を描こうとは思わないので、私のタブレット+スタイラスペンの用途は唯一

打ち合わせ時のメモ取り


これのみ。

色々アイデアをまとめる時にも使うことが皆無ではないですが、すっかりキーボード慣れしているので、脳内アイデアをまとめる場合も図表を描く時以外はキーボードで文字をタイプした方が頭の整理もできる、そういう身体になってしまっています。

しかし、打ち合わせ時のメモだけはタブレットとスタイラスペンで行うことが多いです。理由としては、次の3つ。


続きを読む

冬晴れの芦屋基地航空祭へは法事のために行けずじまいでしたが、準備の合間を縫って一昨日、Jリーグ開幕戦を控えたガンバ大阪の練習試合を観に行きました。

試合内容は語りたくもないのですが、まだトレーニング期間ということにしておきましょう(今週末が開幕戦ですけど)。当方のサッカー撮りも3ヶ月ぶりだったのでリハビリがてらのトレーニング。

サッカーどころか、まったり動体ですらあまり撮ってなかった数ヶ月のブランクがあるため、激しく不規則に動く被写体を追う動作も、レリーズ切る速さも、右目でファインダーを見つつ左目でフィールドを見る感覚も戻るまで時間はかかりそうです。それでなくとも加齢もあって年々、動体視力と反射神経が落ちていくのも実感しますしね……

GAMBA20180217B


いずれにせよ、久しぶりに E-M1 Mark II でサッカーを撮ってみると

あゝホント、これらだけ直してくれんと、不規則/高速に動く動体撮影には辛いよね〜


と思うところを改めて感じたので、去年のうちにまとめられなかった

E-M1 Mark II で動体撮影していて困るリスト


を改めて挙げておこうと思います。


続きを読む

このページのトップヘ