Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

一眼レフシステムを捨ててミラーレスへ移行する人は少なくないのですが、周りでニコンから富士フイルムへ移行した人が2人いて、さらに最近また一人移ったのを知り、9月の某カメラ屋の販売ランキングでニコン待望のミラーレス機 Z7 を凌いで富士フイルム X-T3 が首位になったのも何となく納得してしまいました。(値段も倍以上違うけど)

富士フイルム Xマウント一式を手放した時に「またいつか戻ってきたい」と言っていた私ですが、最近過去の写真を見ていて、また Xマウント欲しい気分が高まり、X-H1 を買った友達に「X-T2 売る時には一応声をかけて」なんて言っていたりします( ̄ー ̄)

もっとも、マイクロフォーサーズ含めてトリプルマウントを維持できる財力はないため、現状だとマイクロフォーサーズと入れ替えになるでしょうけど、レンズ交換式コンパクトデジカメとしてのマイクロフォーサーズは気に入っていて手放したくないので、Fマウントに続く Xマウント復帰の道は険しそうです……

(動体を撮るカメラとして使うつもりはないので、ボディは X-T2 のお古で十分、レンズは以前持っていた単焦点レンズ、XF14mmF2.8、XF23mmF1.4、XF35mmF1.4、XF60mmF2.4 Macro あたりで十分なのですけどね)

D500_540FL22


さて、前回は業界がフルサイズ・ミラーレス機へと大きくシフトしていく中で、再びデジタル一眼レフに出戻って、ニコン Fマウントへ戻って半年間、色々と思っていたことを吐き出しました。

百花繚乱ミラーレス機が出揃う中、一眼レフへ出戻って半年【前編】 〜 最後に最高のAPS-C機に出会えた

あくまで私自身が感じることなので、人それぞれ賛否色々思うところはあるでしょう。撮るもの、立場が違えば感じ方も違うでしょうから他人の思うところを否定しようとは思いません。別に正解とかはないでしょうし。

いずれにせよ、最後のデジタル一眼レフシステムとしてニコン Fマウントに戻ってきて、その結果には満足していますし、D500 は過去に使ってきた APS-C 機の中で最高と思えるものだということは前回記しました。

ただ、D500 を半年使ってきて、D500 というかニコン機、ニコン Fマウントの仕様として、どうしても「コレはアカン」と思う点がないわけではないです。

ぶっちゃけ、自分自身の使い方と合わない点でもあるので、これまた普遍的にダメな点とは言い切れないのですが、褒めてばかりでも仕方ないので、十数年ぶりにニコン機へ戻ってきて少々ストレスを感じている僅かな点を挙げておきます。


続きを読む

ようやく暑い日々が過ぎさり、地震と強烈台風に見舞われ続けた夏も終わって秋本番。心地よい気候に、木々は色づき、Jリーグもシーズン最終盤を迎えつつ、航空祭もピークシーズンになり、一年で一番楽しい時期になりました。

エアフェスタ八尾、SUPER FORMULA 最終戦@鈴鹿、明野航空祭、岐阜基地航空祭、エアフェスタ浜松、百里基地航空祭……。週末にはガンバ大阪の試合も仕事もあるので、どれだけ行けるかは判りませんが、楽しみな秋です :-)

でもって、気が付けば D500 で主力機をミラーレスからデジタル一眼レフへ出戻りしてから、ちょうど半年が経ちました。ということで、あれこれと半年使ってきた感想やら、取り留めのない雑感を記しておこうかと思います。

TediousDays20181014_04


ニコンやキヤノンのフルサイズ・ミラーレス機が発表され、パナソニックもフルサイズに参戦、ミラーレス時代の雄となったソニーも超望遠レンズを揃え始めたり、富士フイルムも着実に動体撮影性能を上げてくるなど、すっかり「時代はミラーレス」になりました。

今年がそうなる年であろうと判っていて、それでも流れに反してデジタル一眼レフに戻ったわけですが、そんなデジカメ界激動?の半年を経ても

デジタル一眼レフへ戻って良かった
D500 を買って使って満足


であることは変わりません。細かな点で幾つか不満を感じるところはありますが、概ね満足どころか大満足と言えます。

率直に言って、私にとって D500 は前メイン機の E-M1 Mark II はもちろん、EOS 時代の主力機で同じ APS-C ハイエンド機である EOS 7D Mark II と比べても、

動体撮影において全幅の信頼を置ける道具


と感じられるものです。

まぁ半年使ってきて随分慣れた今でも「ニコンのこの仕様は、やっぱりおかしい」と思う点は幾つかあるので(詳細は次回)、操作性という点では EOS の方がちょっと上という思いは変わらず、この点では 100% 満足とは言えませんが、

最初に購入したデジタル一眼レフ機であるニコン D70 から数多くの APS-C 機を使ってきて、ここまで性能面で信頼できる、使っていても撮影結果を見てもストレスの少ない APS-C 機はなかったなぁ


と、半年使ってきてそう思えるカメラです :-)


続きを読む

まだかまだかと思っていた Kindle Paperwhite のモデルチェンジが、よーーーやく、3年ぶりに発表となりました。Kindle 電子インク端末の主力機としては第9世代、Paperwhite シリーズになってからは 2013, 2015年モデルに続く3代目。



近年は(Kindle 以外では唯一のメジャーな電子インク端末である)Kobo の方が積極的に、かつ魅力ある端末を次々と出していて、

Kindle もそろそろモデルチェンジしてくれよー、Voyage は4年、Paperwhite も3年そのままで、Oasis みたいな馬鹿高い割には微妙なもの出すよりも、Paperwhite を Kobo みたいにもっと薄く、軽くしてくれないないかねぇ


と思うばかりでしたが、ついに新型登場です\(^o^)/

この夏に Voyage が販売終了となったことから、さすがに年内には新モデルが出ると思っていましたが、先に Voyage がモデルチェンジするかと思ったら、主力機の Paperwhite でしたね。

そして、今回の新型 Kindle Paperwhite(以下 Paperwhite 2018)は、以下のように久しぶりのモデルチェンジに対する期待に違うことのない内容でした。


続きを読む

芦屋基地航空祭へ行く直前になって、一ヶ月前の小松基地航空祭予行の撮影レポを今さらあげる後編。福岡出張へ向かう新幹線の中で書いております(^_^;)

今さら小松基地航空祭 2018 予行の振り返り【前編】

の続きです。

前編では、オープニングフライト〜第303飛行隊(303SQ)機動飛行〜第306飛行隊(306SQ)機動飛行、と続きましたが、その後は救難展示。U-125A がグルグルと周辺状況確認しているのは見えるものの、救難展示自体は基地外からは見えないので、その間に立ち位置を移動。

KomatsuAB Airshow Rehearsal 2018.9.11 (71)


救難展示の後は、午前中のメインディッシュとも言うべき、大編隊航過飛行&アグレッサー(飛行教導群)機動飛行。大編隊の航過飛行の間に機動飛行を挟み込むパターンです。


続きを読む

今週末は福岡出張ついでに芦屋基地航空祭へ行ければ…と思っていますが(予定は未定)、雨はないものの雲多めみたいで微妙な天気予報。とりあえず何とかブルーインパルスの展示飛行が1区分でフルに見られることを祈るばかりです。

ここ1年以上、ブルーインパルスの展示飛行を見る時は良くて3区分だったので、縦系のアクロバット演目を見られておらず欲求不満気味。今度こそ…と願っています。芦屋は都市近郊のためか F-15 や F-2 の展示飛行は大人しめなので、派手?なのはブルーに期待であります :-)

KomatsuAB Airshow Rehearsal 2018.9.11 (30)


ということで、芦屋基地航空祭の前に、1か月前の小松基地航空祭の総合予行を振り返っておきます。超今さらですが、こうでもしないと、いつまで経っても写真整理と現像が放ったらかしなので…(^_^;)

ちなみに小松基地航空祭本番は悩んだ挙句、行きませんでした。(なので、予報に反して晴れてブルーインパルスが2区分で展示飛行できたのも観られていない >_<)

以前一緒に飲んだ、東北で教授やってる後輩の研究室所属のサッカー好きな学生さん(アルビレックス新潟サポーター)が来阪していたので、ガンバ大阪のホームスタジアムである「パナソニックスタジアム吹田」のスタジアムツアーに誘って同道するのを優先したので、小松本番は断念しました。

スタジアムツアー | Panasonic Stadium Suita(パナソニック スタジアム 吹田)

本題と関係ないですが、パナソニックスタジアム吹田のスタジアムツアーはサッカーに興味ある人には(ガンバ大阪のファン関係なく)自信をもってお勧めできます。

一般人の入ることのできないロッカールームやフィールド、ベンチ、VIPルームにも行けますし、昼食付ツアーだと選手たちが食べるものと同じものを同じ場所でいただけますから、満足度はさらに高いかと。同道した新潟サポの学生さんにも喜んでいただけました :-)

KomatsuAB Airshow Rehearsal 20180911B


とまぁ、それはさておき、9月は台風続き、天候不順続きで小松基地航空祭の予行へ行こうにも、どのタイミングで行けば良いか迷うところでしたが、行ったのは 9月11日の火曜日でした。

天候は雲の多い、晴れというには青空の少ない薄曇りメインの、ある意味小松らしい天気ではありました。

元々、この日から2泊3日で行くつもりでしたが、仕事だけでなく大阪北部地震と台風の被害で自宅修理の打ち合わせやら立ち合いがあったため、とりあえず日帰り。

例年、木曜日に総合予行をすることも多いので翌々日も再度小松へ来る予定でしたが、所用で行けずに結局本番含めて、今年はこの日だけになりました。


続きを読む

このページのトップヘ