Tedious diary more x4

写真日記ブログを合流させて完全に雑記ブログ化しました(>_<)

TediousPhoto20240420

格子の向こうに艶やかな青紅葉が見えていたので一枚。
と言っても、連れ合いが撮っていたのをパクっただけだが😅

格子の一部に盛大なパープルフリンジが出ていたので、後処理で消した。
開放付近で撮ると、白バックのエッジ付近には出ちゃうけど、別に気にはしない。
と言いながらも、(副作用が出ても)がっつり消しちゃうのは性。

こういうのを残しておけない、後処理で消さずにはいられない性質だから、
レンジの味とか特徴とかを感じる、味わうことのできないのだろうなぁ、と思う。

元写真は撮影位置的にちょっとあおり気味だったのを
こちらも uplight 補正をかけて直しちゃってるから、随分と後処理はしちゃってる。

(X-S10 + Voigtlander NOKTON 50mm F1.2)

    このエントリーをはてなブックマークに追加

昨秋 iPhone が USB-C 端子化されたこともあって 13 Pro から 15 Pro シリーズに買い換えた際、長らく使ってきたノーマル Pro シリーズから大画面の 15 Pro Max に買い替えました。

Apple iPhone 15 Pro MaxiPhone 15 Pro Max (Amazon)


購入時の記事にも書いたとおり、15 Pro Max を選んだ最大の理由は望遠カメラが 120mm 相当の本格的な望遠画角になったことでした。手持ちのカメラ用レンズが常に、標準・広角域のレンズより望遠・超望遠レンズの方が断然多い状態の望遠馬鹿としては、デカくて重いのは嫌だと思っても選ばざるを得ませんでした。

迷いつつも、お試しのつもりで 15 Pro Max 予約…
iPhone 15 Pro Max 雑感(その1) 〜使い始めて数日だけど 13 Pro から移行してとりあえず一言
iPhone 15 Pro Max 雑感(その2) 〜1週間使っての箇条書きファーストインプレ、カメラは現状評価できずだが

他にも
  • いいかげん iPhone も変わり映えしなくて 11 Pro → 13 Pro に買い替えた時はつまらなかった
  • 15 Pro Max は 14 Pro Max よりだいぶ軽くなった
  • ここ数年で老眼が進んだから文字を大きくしても表示量が確保できる Pro Max を試しに使ってみたくなった

こういった理由はあったわけですが、購入後の感想としては、望遠カメラのことも含めてそれら全ての Pro Max 購入理由は目論見どおり、予想どおり、想定どおりであり、

Max を選んで正解だった


のひと言で今に至ります。高かったけど。

iPhone15ProMax09(15 Pro Max & 13 Pro)


半年経った今でもデカさに戸惑うことは今でも(たまに)あるものの…と書いてから投稿予約を放置していたら更に1ヶ月が経って購入から7ヶ月になりましたが、とにかく

未だ扱いに困る時もあるデカさが
大きな画面サイズという魅力に直結


しているので、値段の高さに文句を言い続けても、デカさに文句を言うことは多分もうありません(たぶん)。

また、購入直後はサイズ感に手が慣れていなかったのか時々落下事故があったものの、2ヶ月くらい経ったらほぼなくなりました。裸使いなので、そのうち傷だらけ iPhone 化するかと思いましたが、さほど目立った傷もないまま落ち着いています😅

ともあれ、初めての Max 系購入だったこともあって目新しさもあり、

久しぶりに満足度の高いiPhone買い替え


になりました。高かったけど。折りたたみでもないのに、いくらなんでも 20万は高すぎやろ、と今でも思いますけど😩まぁ円安も悪いんだけど。

とはいえ、冒頭にも書いたように望遠馬鹿だから望遠カメラのない無印 / Plus を買う選択肢はないし 、質感も無印/Plus とは随分と違う上、色も Pro 系の方が常に好みなので、自分の趣味趣向を通すためには高くても仕方ないところです(´Д` )


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

TediousPhoto20240419ATediousPhoto20240419BTediousPhoto20240419C

今季ほとんどの試合で、控え GK としてベンチに入っている新人GK 張奥林選手。

長らくガンバ大阪の絶対守護神として君臨してきた東口順昭選手も、
ずっと控え GK として頑張ってくれていた石川慧選手も怪我。
シーズン開幕から 4人の登録 GK のうち 2人がいなくなるという緊急事態。
ユースから GK 2人を2種登録してベンチ入り、出場できるようにしているが、
控え GK として正 GK 一森純選手に何かあった場合に備えているのが張奥林選手。

ゴールキーパーはフィールドプレーヤーと違って怪我でもなければ
レギュラー選手が入れ替わることのないポジション。
ベンチメンバー入りする GK も、出場する GK 1人、控え 1人の 2人だけ。
それだけに、今年トップチームに昇格したばかりの張奥林選手がメンバー入りすることは
しばらくは難しいはずなのに、怪我人続出でメンバー入りする試合が多くなっている。

先日まで高校生だったわけで、まだまだ線の細い身体ではあるし、
試合前の練習を見ていて素人目にも新絶対守護神の一森純選手とは随分と違うけれど、
観客の入ったパナスタのピッチでウォーミングアップ練習をしたり、
ベンチからピッチレベルで試合を見ることは貴重な、
素晴らしく多くの経験を得られていることは想像に難くない。

将来に期待したい、と思うと同時に、
これだけ毎試合メンバー入りして試合前練習で見ていると
「ちょっとくらいは実戦で見てみたい、かも」
なんて思ったりしなくもないわけだが、
彼の出番があるということは一森選手に何かあったということになるので、
さすがにそれは望んじゃいけないよな、と思い直したり。
現状では J1 の試合ではちょっと厳しいだろうと思うし。

とはいえ、近年は日本でも若い GK が出てきて活躍し始めているのだから、
トップチームに上がってすぐにメンバー入りして色々と吸収しているであろう彼の将来に
ちょっぴり期待したいと思う。
GK だから気長に見守りたい。

(Z 9 + Z 400mm f/4.5 VR S)

    このエントリーをはてなブックマークに追加

TediousPhoto20240418

桜の季節が終わって、早や緑鮮やかな新緑の頃。
青紅葉も艶やかだったが、まだ花も僅かに残っていた。
風があったので MF ではなかなか厳しかった。
という言い訳をしつつ、花に寄り切れない反省。
ま、風がある時は信頼できる AF-C が使えるカメラが良いね。
どうせ適当撮りだから、そこまでは望まないけれども。

実を言うとモミジの花は、写真中央のぶら下がった線香花火みたいなヤツではなく
プロペラみたいな2枚の小さな葉みたいなのが付いてるヤツだと思っていた。
連れ合いに指摘されて初めて知った…😅

(X-S10 + Voigtlander NOKTON 23mm F1.2)

    このエントリーをはてなブックマークに追加

TediousPhoto20240417A

半日遅れで、本日分の写真日記投稿😅

関西の平地の桜は、F1日本GP を観に行ってる週末の間に満開になり、
週明けの風雨で散り始めてすぐ見ごろを過ぎてしまっていたが、
山間部、やや標高の高いところにある枝垂れ桜はまだ見頃だった。
今年の桜の見納め…と言っても、もう1週間くらい前の話。

ここは枝垂れ桜の名所でもあると同時に、
美術館へと続くこのトンネルの内側に桜のピンク色が映り込むことで有名。
いわゆるインスタ映えポイントである。

が、私が訪れたのは、諸々所用を片付けてから向かったので午後かなり遅い時間。
トンネルへの色の映り込みは、とっくに終わっていて(午前中早い時間)、
割とどうでもいい感じになっていたが、とりあえずの記念写真というか記録写真にて。

TediousPhoto20240417B

それにしてもピークタイムはとっくに過ぎているというのに、
外国人観光客も含めて大勢の人が来ていた。
美術館の方はまた静かな時に、ゆっくり観たいね(前も来てるけど)。

(X-S10 + Voigtlander NOKTON 23mm F1.2)

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ