Tedious Days More×3

毎日更新・写真日記はコチラへ → one day, one photo

すっかり放置プレイの本ブログ。仕事その他でバタバタしているだけでなく、今年は撮った写真を放ったらかしにせず、ちゃんと写真整理・現像を行い、モノによってはフォトブックを作っておく、といった作業をやってると、長文が多い本ブログを書いている暇がないのですよね……

意識的に写真整理をやろうと努力?していることと、昨秋以降に撮影写真の作業フローを変えたことで、サッカーやモータースポーツシーズンが始まると雪だるま式に狎僂漾躰命燭増えていくことはなく、毎年よりはだいぶマシな状況です。今のところは…ですが(^_^;)

といっても、放置写真が全くなくなったわけではなく、SUPER FORMULA 第1戦などサーキットで撮った写真は積まれてしまっていますし、今年はまだ航空祭に行っていない(ガンバ大阪のホームゲームと被りまくり)のでまだ写真整理がコントロールできているだけ、という感じではあります。

TediousDays20190513_01_7846


事実上の物欲ブログ?としては最近のお買い物についても書きたいところですが、ゴールデンウィーク以降に多少買い物をしているものの、どれも細かいモノ、今さら書くようなことでもないモノばかりでして……

本当は、ニコン Fマウント用の標準域のレンズも広角域のレンズもないので、「100-400mm も含めて、小型軽量重視で標準広角ズームをまとめて揃えるか」と



ここらへんを一度は買いかけたのですが、

明らかに使用頻度の低い標準域や広角域のレンズにそれぞれ10万前後使うのも微妙だよなぁ。それなら確実に用途があるゴーゴーロク資金にした方がええんとちゃうか?


と思って止めたわけです。が、以前にレンタルした直後に発注したゴーゴーロク (Nikon AF-S 500mm f/5.6E PF ED VR) は、注文から2か月近くになりますが一向に入荷の気配はありません(^_^;)

というか、先日鈴鹿サーキットで会った人は、年末にゴーゴーロクを注文してまだ来てない、と言っていましたから、それこそ今年中に手に入るかどうかなんでしょうねぇ ┐(´д`)┌

Pixel 3a & Pixel 3a XL - 鮮やかに撮れるカメラ - Google Store

買おうとして止めたと言えば、Google の Pixel 3a も発売日まで何度もポチる寸前まで行って、結局止めました。Pixel 3a は5万円以下では文句なしのスマホだと思うのですが、

今どきスマホ買い替えても、別に何も楽しくないよなぁ


と思ったら、無駄遣いに思えてしまって止めてしまいました。もうスマホも日常生活用品に過ぎず、調子が悪くなってからでも遅くはないって感じですね(^_^;)

ただ、死にかけの Nexus 7 が逝ってしまったら、その代わりとして Pixel 3a XL を選ぶ可能性はあるかもです。ちゃんとした防水の 7〜8インチタブレットが欲しいのですが、選択肢がないですからねぇ(´Д`)

D500_BL5_01


ということで、前置きが長くなりましたが、最近の買い物(小物)で割と気に入ってるのが、コレ↓



D500/D850 などのバッテリーグリップで D一桁用のバッテリーを使うためのアダプターです。


続きを読む

平成を写真で振り返られるほど長く写真を撮ってもないし、振り返るに値する写真も撮ってないわけですが、(撮るのも撮られるのも撮る奴も全部)カメラ大嫌いだった私が、パソコンの周辺機器という観点から入って深みにハマってしまったデジタルカメラも平成を代表する製品の一つでしょう。

思えば平成の時代にカメラはフィルムからデジタルへの大移行があり、そして今、フィルム時代から続いた一眼レフという仕組みも平成とともに終焉を迎えつつあります。

そして、メーカーもユーザーもミラーレス機へ向かう流れは加速するばかりの昨今、そんな中、私はメインシステムをミラーレス(マイクロフォーサーズ)からデジタル一眼レフ(ニコン Fマウント)へ戻してからちょうど1年が経ちました。

D500_06

恥ずかしながら帰ってまいりました( ̄^ ̄)ゞ

ミラーレス初号機であるパナソニック DMC-G1 購入から、デジタル一眼レフをメイン機としつつもアレコレと各社ミラーレス機を買っては売りを繰り返した私(^_^;)

おまけに、一度は全てのミラーレス機を全て処分してデジタル一眼レフ(キヤノンEFシステム)だけにしたはずが、血迷って?長年使ったデジタル一眼レフシステム一式を売って、ミラーレス機(マイクロフォーサーズ)オンリーに移行したのが2年前。

どうしても実地に試したかった E-M1 Mark II を中心としたオリンパスのマイクロフォーサーズシステムはその良さを感じつつも、自分の求めるモノまでは厳しくて、結局1年かけて準備して、やっぱりデジタル一眼レフに戻ってきたのが1年前。

ぶっちゃけ自分でも「何をやってんだか」とか「無駄金使いまくった」とか思うところはありますが、

我ながら馬鹿だと思うけれど
自分で試してこそだから仕方ない


とも思うわけです(⌒-⌒;)

試すことが無理な機材ならともかく、そうでないなら、自分が撮りたい被写体を自分が手にした機材で存分に試さなければ、良いも悪いも判らない、と痛切に感じることが多かっただけに……

つくづくアホやと思うけれど、そこはもう「アホやからしゃーない」と自分で言うしかありませんし、人様が思うほどあまり後悔はしてません。(ゼロではないw)



そんなわけで、相変わらず右往左往しつつ無駄遣いもしながら、ちょうど1年前にメインシステムをデジタル一眼レフ(ニコン Fマウント)システムに戻したわけですが、そのことについての自己評価は、

120% デジイチに戻って良かった


に尽きます。思ってた以上に後悔は皆無でした :D


続きを読む

世の中、10連休がスタートしようとしていますが、私の場合は例年どおりゴールデンウィークは仕事頑張るウィークであり、さらに今年は元号改正も無関係ではないので、胃が痛いです(´Д`)



さて、昨年11月はじめに Apple Watch Series 4 を購入して使い始めてから半年が経ちました。周りに Apple Watch ユーザーは何名かいて

引きこもり防止になるよ
パソコンに向かいっぱなしの仕事なんだから、スタンドの機能は向いてると思う
数値で見せられると、思いのほか前向きになれるもんだよ


などと昔から言われていたものの、一昨年に Apple Watch ではなく激安中華体活動量計でお試しして、やっぱり使い続けられなかったので、改めて Apple Watch を買ってしまってからも、自分が使い続けられるかは疑問でした。

が、なんだかんだ言いつつ半年間使い続けることができました。もちろん、無理に、とか、頑張って、という形容詞抜きにです :-)

ぶっちゃけ、今でも

愛用しているとは言えないし
別になくても困らない


と思っていますので、無理に or 頑張って使い続けるような代物ではありませんから、無理なく使い続けて来られたと思っていますし、さすがに半年も腕輪を装着し続けていると

付けて使っているのが自然になりつつ


あるというのもまた事実だったりします。

朝起きて装着するのを忘れて、出かける段になって気づくこともたまにありますけど、今のところ Apple Watch を忘れて出かけたのは使用開始当初に一度あっただけで、意外と忘れていません(^_^;)


続きを読む

少し前に D500 とサンヨンPF (AF-S 300mm f/4E PF ED VR) を調整に出そうとニコンへ行ったら、ゴールデンウイーク後になると言われてスゴスゴと帰ってきたのですが、10連休後も混みそうですし、不具合とかではなく急ぐものでもないので、しばらくはお預けです。

キヤノンにせよ、ニコンにせよ、サポートに対するコストを値上げ(もしくは新規設定)しているわりには地方のサポート拠点をどんどん減らすだけでなく、修理や調整にかかる期間が昔に比べると長くなっていて、購入後のサービスという点では低下の一途だなぁ、と感じます。

別に無料にしろ、極端に安くしろ、とは思いませんが、ちょっとした修理点検、調整でも半月以上使えないのが当たり前となると躊躇うものがあるのも事実。その点、オリンパスやリコーのアフターサポートは良いよなぁ、と改めて思ったりする昨今です。


AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR - 概要 | NIKKORレンズ | ニコンイメージング

さて、公私ともども諸々捗らないことが多すぎて、本ブログの更新頻度もメッキリ減少しておりますが、AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR のファーストインプレ後編です。

ゴーヨンユーザーから見るゴーゴーロクPF (Nikon AF-S 500mm f/5.6E PF ED VR) ファーストインプレ【前編】

前編で大まかに言いたいことは書いてしまいましたが、後編では細かいところで感じたことも込みで改めて、本レンズの良いところと、ほんの僅かなそうでない点を記しておこうと思います。


続きを読む

このところ忙しくてすっかり本ブログは放置気味で(写真日記ブログは何とか毎日更新)、ゴーゴーロクPF の話も書きかけのまま放置していましたが、一時的に復活で更新。

さて、ニコンの超望遠単焦点レンズ AF-S 500mm f/5.6E PF ED VR(以下、ゴーゴーロクPF)は昨年9月の発売から品薄が続き、今でも予約して取り寄せに1か月〜数か月かかるという人気レンズです。

AFS500F56PF05


なにせ、PF レンズを使うことで 500mm 単焦点なのにレンズ長が 300mm 並みの短さ!70-200mm F2.8 クラスの軽さ!という画期的な超望遠レンズです。

超望遠単焦点レンズとして必須の「開放からキレる」レンズで巷の評判も上々。鳥、飛行機、モータースポーツなどを撮る人にとっては画期的なレンズと言ってもよく、人気になって品薄になるのも道理です。

ミラーレス時代に完全移行する前の一眼レフ向け NIKKOR レンズ渾身の一本ですし、これだけ軽いとむしろマウンドアダプターを付けてもミラーレス向けとも言えます。ミラーレスなら開放F値が暗くてもAFの制約は少ないですしね。


AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR - 概要 | NIKKORレンズ | ニコンイメージング

私はと言えば、1年前にニコンへ出戻った際にゴーヨンFL (AF-S 500mm f/4E FL ED VR) を購入しています。F値が1段明るい反面、大きさも重さも倍以上、ついでにお値段も倍(´Д`)



とはいえ、テレコン入れて使うことも少なくない&二重フェンス抜きもする、ことを考えると、1年前にこのゴーゴーロクPF があったとしてもゴーヨンFL を選んだでしょうが、軽くて短いゴーゴーロクPF は発表時から興味津々だったのは否定できません(^_^;)

いきなり買って試すには高すぎるレンズですが、折を見てレンタルしてでもゴーゴーロクPF を自分の撮影対象で試してみたい、と思っていました。

評判の高さはあちこちで語られていますが、

飛行機相手で絶賛されていてもスポーツ撮影では(AF 周りとか)判らないし、晴天日中メインの飛行機では全く問題なくてもナイター撮影ではF値の暗さも含めて妥協点を上回れるかどうかは、自分のシステムと撮影条件(と下手っぴな腕)で試すしかない


という思いがあったわけです。

E-M1 Mark II の時に味わったような「悪いことは一切言わない」提灯ライターカメラマンみたいなのは別としても、各自被写体が違えば、皆さん撮影スタイルも違うし、当方のような下手っぴは上手い人が腕でカバーできるようなこともできませんからね。

そんなわけで、少し前ですがゴーゴーロクこと AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR を借りてきました :-)

AFS500F56PF01


3日間借りたのですが、年度末の仕事に忙殺されまくり中だったため実際に使ったのは1日半くらいだったのが残念。(天気も良くなかったし)

試し撮りがてら調節がてらの動物園、いつものスタジアムでのサッカー(ある意味本番)、テレコン装着時の挙動・画質を確認するための伊丹空港近郊からの遠距離飛行機撮影と、3つの被写体で試し撮りしてきました。

てなわけで、お試しで使ってみた感想を記しておきたいと思います。細かいところは次回にまわして、まず結論から。


続きを読む

このページのトップヘ