Tedious Days More×3

Life is but an empty dream...

先日のドコモ秋冬モデル発表会で一際注目を集めた「M」。

M Z-01K | 製品 | NTTドコモ

MNP 競争の防戦に必死だったドコモも、こんなキワモノなモデルを出せるくらいに余裕が出てきたのだなあ、と思える発表でした。総務省による端末安売り禁止令さまさまですわね。(総務省というより有識者とやらがメディア巻き込んで騒いだためだけど)

売れるかどうかは別にして、スマホのプロセッサパワーも通常用途では過剰なくらいになり、Android OS がマルチアプリ利用可能になったタイミングで出してきたのは良かった気がします。モッサリ君で2画面を活かせるアプリも殆どなかった MEDIAS W の亡霊もこれで成仏することでしょう :-)

個人的には YotaPhone みたいに2画面のうち1画面が Kindle のような電子インク端末なら、Android 端末の買い替えを発売まで待って10万まで出したと思いますが、2画面とも液晶画面だと残念ながら私の琴線には響かないですね。(目的が違うし)

YotaPhone も香港の会社に買収されて YotaPhone 3 は今までより安くなるみたいなので、どこかが輸入して日本の技適を通してくれないですかねえ。M 対抗で、au がさらにキワモノの YotaPhone 3 を…なんてのは妄想にすぎませんですね、ハイ。

YotaPhone2
(YotaPhone 2)


さて、出張移動車中の暇つぶし的に与太記事を書きつつ、買い換え・買い増しの購入判断の材料を自分の中で整理できたらなー、という話パート2の「スマートフォン買い替え」の話の続きです。

iPhone を買い換えるか否かで Android の買い替え方針も変わる 〜次に買うべきモノを悩む2:次のスマホ【前編】

サブの Android 機を早急に買い換えたいが、iPhone を買い換えて Android で使っている「おサイフケータイ」機能の役割を移すかどうかで、次に買う Android 機の選択肢も変わってくる、という話でした。
  1. おサイフケータイ機能を Android のまま継続して、iPhone は 6s Plus でも不満ないからそのままに、おサイフケータイ機能付き Android だけを買い換える(安上がり)

  2. iPhone を買い換えておサイフケータイ機能(Suica)を iPhone に移して、Android はおサイフケータイ機能のないコスパの良い端末に買い換える

このどちらにすべきか?去年時点では「iPhone の Suica はモバイル Suica と違って東海道・山陽新幹線のエクスプレス予約の EX-IC 代わりにならない」ことがネックで前者の方向で行く予定だったのですが、先日 iPhone 上の Suica も EX-IC 代わりになることが発表されて悩みは深くなったわけです X-)

ようやく iPhone で東海道・山陽新幹線 EX-IC(エクスプレス予約)乗車が可能に!

Android 端末は2年くらい前から買い換えようと思いつつも、なかなか買い換えられなかった理由は、

安い SIM ロックフリー Android 機は、グローバルモデルが着実に進化し続けているのに対して、おサイフケータイ付き国内専用モデルは進化が止まっていて今ひとつ買う気になれない


ことでした。ですから、エクスプレス予約の問題が解決した今、
  1. Android のおサイフケータイ機能を iPhone で置き換える
  2. サブの Android 機はおサイフケータイ機能付きにこだわらずコストパフォーマンスの良い機種を選ぶ

多少コストがかかっても、この方が満足感が大きくて今後長く不満なく使えそうだと判断しています。

ただ、こうなると問題は、どの iPhone (Plus) を買うか?なんですよねぇ……。頭を整理するために、ザッと個人的な各 iPhone 購入のメリット、デメリットをまとめてみると、


続きを読む

昨晩 Adobe CC シリーズのアップデートがリリースされ、それに伴い Lightroom シリーズの全面刷新も発表されました。

NewLightroomCC20171019C

Introducing: Lightroom CC, Lightroom Classic CC and More | Photoshop Blog by Adobe

要点は4つ。
  1. 月額制の Lightroom CC じゃない買い切り版 Lightroom の新バージョンはもう出さない。Lightroom 6 で終わり。Lightroom 6 のアップデートもカメラ新機種の RAW サポート追加も年内で終わるからね

  2. 今までのデスクトップ版 Lightroom CC は今後「Lightroom Classic CC」に名称変更するよ

  3. Lightroom CC という名前は今後、クラウドベースの Lightroom のことだから、そこんとこよろしく!

  4. クラウドベースの Lightroom CC はオリジナル画像をアップロードして作業することになるから、クラウドスペースが従来のままだと足りなくなるから増量するので、クラウドスペース増量プランも用意する
    (photography プランは 2GB → 20GB、通常 CC 版は 20GB → 100GB、容量 1TB プランは月額 1,980円、その他 Lightroom CC だけが使える新プランや 2TB/5TB/10TB の増量プランもあり)
    Adobe CCフォトプラン | プロ向け写真編集ソフトウェア




(販売終了済みの買い切り版 Lightroom 6 はボッタクリ価格に…)


昨晩リリースがあってから寝る前や今朝に少し使ってみましたが、

デスクトップ版 Lightroom CC から
Lightroom Classic CC へは大した変更はない


のですが(カタログ更新に時間がかかるのと動作速度アップ+αくらい、詳細は後述)、それよりも

デスクトップ版ソフトがクラシックと名付けられた


ことと、クラウドベースの Lightroom CC を本格的に手がけ始めて、そのためのサービスプランを整備したことで、

Lightroom は将来的にローカルアプリを廃止して
完全にクラウドベースのサービスへ突き進む方針


であろうことが明らかになりました。

2013年に月額制の CC が登場して4年経ち、いま買い切り版が廃止されたことを思えば、これから4〜5年後にはデスクトップ版の Lightroom Classic CC がなくなって、完全にクラウドベースへ移行することになるかも……


というのは、ほぼ確実でしょう。

Adobe としては、Lightroom を完全にクラウド化することで、ユーザーが使うクラウド容量が増加し、上位の料金プランへ誘導する=客単価の向上を狙っていることは間違いありませんから、CC 以降の完全月額制への移行とともに、この流れは決して変わることはないでしょう。

今までの Lightroom CC =今後の Lightroom Classic CC と、今後の新しい完全クラウドベースの Lightroom CC では、以下のようにワークフローが変わりますから、必然的にクラウド側のディスク容量が増えるので、使えば使うほど、使い込んでいる人ほど上位料金プランやディスク増量オプションが必要になります。


続きを読む

出張移動車中の暇つぶし的に与太記事を書きつつ、買い換え・買い増しの購入判断の材料を自分の中で整理できたらなー、という話パート2は、スマートフォン。

新しい iPhone、特に新世代の iPhone X が発表されてから「iPhone X 買うんでしょ?」と言われることが何度もあって、昨晩も言われましたけれど(^_^;)、毎年予約開始時間にヨドに並んで予約&発売日朝購入していたような熱意は、もうスマホに持てないのも事実。

ホイホイ銭が出せるわけでもない人間にとって10万円を軽く越えるスマホってのも微妙な思いがあるけれど、それ以上に長年のアップルユーザーなら経験したことがあるであろう、

ユーザーが金出してβテストやるみたいな状態


になった過去を思い出すと、iPhone X にもその可能性を感じなくもないので、なかなか悩ましいところです。それに今は高価でも、2世代もすれば X シリーズがメインストリームに降りてくるだろうことを考えると尚更。

ま、敬虔な信者はそんなこと気にしないだろうし、新しい刺激があって飛び込んでいけるモノがあるなら私も厭わないのですけれど、iPhone としては新しくてもスマホ全体として新しいモノも組み合わせも特にないですからねぇ。

と言いながら、魅力を感じる点もあるのは事実です。カメラの望遠レンズが明るくなって手ぶれ補正付きになったことも魅力ですし、また Plus モデルユーザーとしては

「Plus の大画面は手放せないけど Plus は手に余るんだよね」

という欠点を解消するモデルでもありますから、その一点だけでも魅力ではあります。(ノーマルモデルと Plus モデルの中間でありながら、画面サイズは Plus 以上ですから)

ThinkSmartphone201710A


ただ、個人的には新しい iPhone よりも、もっと切実なことがあって、「おサイフケータイ用にサブで使っている Android 機のバッテリーがかなりヤバい状態なので早急に買い換えたい」ということ。

ところが、

サブの Android 機を早急に買い換えたいが、iPhone を買い換えて Android で使っている「おサイフケータイ」機能の役割を移すかどうかで、次に買う Android 機の選択肢も変わってくる


という問題が絡んできて悩ましいのです。

これには、

Android 機はサブだから廉価端末で良いのだけど、おサイフケータイ機能のないグローバル端末は3万円くらいでも毎年どんどん進化しているのに対して、おサイフケータイ機能付きの国内専用端末は最近ほとんど進化してなくて、同じ価格帯のグローバルモデルに対して相当スペックが劣ってしまっている


このような理由もあって、
  1. おサイフケータイを Android のまま残す
    (iPhone はそのままに、おサイフケータイ機能付き Android を買い換える)

  2. iPhone を買い換えて Suica を iPhone に移す
    (Android はおサイフケータイ機能のないコスパの良い端末に買い換える)

このどちらにすべきか去年から悩んでいて、去年時点では一度前者で結論が出たのですが、Android 機を買い替えないまま一年経って、状況が変わって悩みは深くなりました(>_<)


続きを読む

最近は昔みたいに物欲限りなく的なこともなくなり(?)、このブログも物欲消化記事はすっかり減りましたけれど、そろそろ買い換え、買い増しを検討しなければならないものが色々と溜まってきて、お金の算段も含めて悩ましくなってきました。

予め断っておきますが、出張移動車中の暇つぶし的に書いた与太記事であり、記事を書きつつ購入判断の材料を自分の中で整理できたらなー、というところです :-)


続きを読む

本ブログでサッカー、ガンバ大阪のことは(近況的な記事冒頭文とかは除いて)あまり書かないようにしていて、年に1回くらい、シーズン終わりかシーズン始めに書きたくなれば書く程度にしています。

それは書き始めたらキリがないというか、調子の良いときはともかく、今みたいな「おい、こら、どうなってんねや (゚Д゚#) ゴルァ!!」という時にブログに吐き出していたら、ひたすら愚痴ブログになっちゃいますからね。そこらへんは通り過ぎていくだけの SNS で十分。

なのだけど、さすがちょっとね……先週末の試合で忍耐も切れました。書くかどうか迷ったけれど、少しだけ。


続きを読む

このページのトップヘ